2011年03月08日

シックな春の帽子

110308_blog.jpg

本体完成。真ん中が白くノッペラボウですがこれから飾り付けをして変身します。

banner.gif←もう少し!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:25 | コメント (0)

2011年03月04日

シックな春の帽子

110304_blog.jpg

花柄をどこにしようか、シボの生地をどう扱おうか、しばらく考えていて閃いた!…大袈裟な。イメージが固まったところで一気に裁断、このようなパーツで帽子を縫い上げます。

banner.gif←地味だったかな?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:06 | コメント (0)

2011年02月28日

シックな春の帽子

110229_blog.jpg

織り込みの花模様のある生地をずいぶん前に手に入れてずっと寝かしてありました…つまり仕舞い込んでいたってことです。シックな春の帽子を作ろうと取り出しましたが、なんとなくつまらない。別の生地を合わせてみようと生地屋へゴー!見つけてきたのが全体にシボの入ったベージュの生地。この2種を組み合わせてみることにします。

banner.gif←さて。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:05 | コメント (0)

2011年02月26日

サバンナ柄のフェルト帽

110226_blog.jpg

その切り落としたウネウネエッジを印に合わせて…そしてあまり伸ばさないようにして…帽子のつば(ブリム)のエッジに留め付け、ミシンをかけます。

110228_blog.jpg

フェルトの帽子にフェルトのフリルが付きました!

banner.gif←可愛い!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:26 | コメント (0)

2011年02月25日

サバンナ柄のフェルト帽

110225_blog.jpg

切り落としたエッジは太かったり細かったりのウネウネした長いもの。そこに2.5センチ巾の印をつけていきます。

banner.gif←うーん、仕事がなかなか進まない。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:24 | コメント (0)

2011年02月24日

サバンナ柄のフェルト帽

110224_blog.jpg

切り落とすはずのエッジ…蒸気で柔らかくして延ばしてみました。満足したので型に合わせてちょきちょき切り落とします。もちろんこの部分も捨てないで使います!

banner.gif←良い素材ですからね、捨てるのはもったいない。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:28 | コメント (0)

2011年02月23日

サバンナ柄のフェルト帽

110223_blog.jpg

クラウンの後はブリム部分を型入れ。エッジのひらひらした部分は後で切り落とすのですが、なんだかこのひらひらがちょっと気になる…。

banner.gif←フリルみたいだ。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:35 | コメント (0)

2011年02月21日

サバンナ柄のフェルト帽

110221_blog.jpg

本来ならもう春物の帽子を作らなければならない時期なのに、今更ながらフェルトの帽子。サバンナ柄に合わせワイルドでエレガントな帽子にしようと、まずはソフト風のクラウンを形づくります。

banner.gif←それにしてもものすごいホコリ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:34 | コメント (0)

2011年02月10日

白いベレー

110210_1_blog.jpg 110210_2_blog.jpg

保育園登園風景。白いダウンに白いベレーがお洒落じゃないですか、奥さん。

110210_3_blog.jpg

その白いベレー、トップがこんな風に違う生地で切り替えてあります(同じ生地で切り替えても素敵でしょうね)。オリジナルのパターンではないのですが、ここから少しアレンジも加えていけばさらに面白いものになりそうです。

banner.gif←しかし白は汚れるんだなぁ…。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:43 | コメント (0)

2011年01月21日

春の帽子

110121_blog.jpg

コサージュのパーツは直接帽子に縫い付けるのではなく、太いグログランリボンに留め付けました。取り外しが出来るこのリボンは帽子にぐるりと巻いたり、チョーカーのように首に巻いたりできる仕掛けです。

banner.gif←実際に首に巻くことはないだろうけど。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:10 | コメント (0)

2011年01月20日

春の帽子

110120_blog.jpg

定番のシルクシャンタンの帽子をいつもより華やかに飾り付けようと、コサージュのパーツをどっさりとぶちまけて…

banner.gif←散らかり放題。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:08 | コメント (0)

2011年01月17日

シールの帽子

110117_blog.jpg

つばのないキャスケットのようなベレーのような何だかよくわからない形の帽子になりましたが、本人は結構面白がっています。てっぺんにフワフワマラボーをくっつけて出来上がり!

banner.gif←可愛いと思うんだけど。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:03 | コメント (0)

2011年01月16日

シールの帽子

110116_blog.jpg

暮れに試行錯誤したつのつの帽子のパターンでちょっと思いついた形があったので実際にこしらえてみようと今回の制作になりました。つのつの帽子は子供用だったので大人のサイズに直したパターン。そしてそれで縫い上げた本体…うーん、相変わらず写真じゃ解りづらい。

banner.gif←帽子?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:50 | コメント (0)

2011年01月14日

シールの帽子

110114_blog.jpg

あー、これこれ。こうなっちゃう。そっと切ってもこの有様、脇に掃除機をスタンバイさせてのシールの裁断風景。

banner.gif←はっくしょん!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:34 | コメント (0)

2011年01月13日

シールの帽子

110113_blog.jpg

冬っぽい生地のひとつが毛皮。しかしこのご時世、思想的経済的に使いづらかったりすることも多く、選びようによっては侮れないフェイクファーの登場が増えたりします。困るのはその毛足の長さ…ってフェイクでもファーなんだから毛足が長いのは当たり前なんですが…裁断してはフワフワバサバサ・縫製してはフワフワバサバサと繊維が舞い散るのでなんとなく敬遠しているものの、そうも言ってはいられない。調達してきたのはフェイクファーの中でも毛の長さが短い(2〜3mm位)のシールというもの。この生地は数センチの巾で毛並みが交互に反対方向に倒れています。本当は濃紺ですが写真は難しい…。

banner.gif←さて。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:20 | コメント (0)

2011年01月12日

試しにゴテゴテと

110112_blog.jpg

いつもより派手目の飾り付けにしようと、針で仮止めの状態。

banner.gif←華やかなのかケバいのか。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:53 | コメント (0)

2010年12月27日

つのつの帽子のその後

101227_blog.jpg

つのつの帽子が辿り着いたのは宮崎県。Mさんがクリスマスプレゼント用にとオーダーしてくれたつのつの帽子、小学校5年生の息子さんが帽子の持ち主になりました。幸いにサイズもぴったり!大喜びで被ってくれているとの連絡をいただき、ようやく一安心。少々変わった帽子だったので形にするまで悩むこともありましたが、これで苦労も報われるってもんです。Mさんとは出来上がるまでかなりのメールのやりとりがあり、今ではもう他人とは思えない気持ちがするくらい。良い経験をしました。オーダー、ありがとうございました。

banner.gif←また、よろしく!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:08 | コメント (0)

2010年12月20日

つのつの帽子の発送

101220_1_blog.jpg

いよいよ帽子を嫁に出す日がやってまいりました。こどもサイズなので自身の頭にのせることは残念ながらかないません(出来上がった帽子は被り心地チェックをするのです)。気に入ってもらえるかしらん…サイズは大丈夫かな…不安もちょっぴり抱えて最後に記念撮影を。

101220_2_blog.jpg

ラッピングといってもなにしろサザエ。大雑把な包みがせいぜいですが出来る限り見栄えよく包んでリボンをくるくるカールさせて。その足下で愚図るクマ次郎。そして帽子はクロネコヤマトに託されたのでした。

banner.gif←いってらっしゃい!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 07:40 | コメント (0)

2010年12月19日

つのつの帽子の完成

101219_1_blog.jpg 101219_2_blog.jpg

父の見舞いに親戚が毎日やってきます。同じマンションに実家(9階)と自宅(7階)があるので、日中は行ったり来たりで何とも落ち着かない。じっくり腰を据えて仕事など出来る訳がなく、どうしても夜中の作業になってしまいます。クリスマスプレゼント用のオーダーのこの帽子もいよいよ大詰め。ちくちくツノをひとつひとつ縫い付けてようやく出来上がったものの、喜びより安堵感の方が大きかった…。

101219_3_blog.jpg

つのつの帽子の誕生。

banner.gif←あともう少し!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:18 | コメント (0)

2010年12月17日

つのつの帽子の途中

101217_blog.jpg

ということでつのつの帽子の途中経過はこんな感じ。ツノは実際のキャラクターよりもかなりデフォルメして大小のメリハリを強くしてありますが、これは完全に私の趣味。さーて、あともう少し!

banner.gif←急げ〜!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:49 | コメント (0)

2010年12月16日

つのつの帽子の夜なべ

101216_blog.jpg

パターンが出来たらまごまごしている暇はない!ウールの細かい繊維が飛び散るのもなんのその、さっそく裁断縫製にかかります。帽子は3段重ね、まずは1段づつ形を作った後に合体させて全体の形を仕上げます。

banner.gif←掃除は後回し〜。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:47 | コメント (0)

2010年12月15日

つのつの帽子の型紙

101215_blog.jpg

初めての形ですから型紙から作らなければなりません。キャスケットのパターンをアレンジしてつのつの帽子にすることにしましたが、頭でのイメージが実際に形にしたときに上手く出るかどうかが難しい。コンパスや定規でいっぱい線を引いてハサミでちょきちょき切って、ああでもないこうでもないと悩んでいます。

banner.gif←ここが大事。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:43 | コメント (0)

2010年12月14日

つのつの帽子の生地

101214_blog.jpg

夏前にいただいた帽子のオーダーはサザエのような形の帽子。息子さんへのクリスマスプレゼントということで、今まで何度もメールをやりとりしてイメージを固めていよいよ制作に入りました。まずは生地。シャンブレーの混じった麻とウールの2種を用意しましたが、もちろん今回はウールでこしらえます。

mimiy_sq217880.jpg

ドラゴンクエストに出てくる「スライスつむり」だそうで…こんな形の帽子は初めてだ!


banner.gif←さぁ、さっさとやるぞっ!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:06 | コメント (0)

2010年12月08日

ざくざく織地の帽子

101209_1_blog.jpg

ということでニット風の織地の帽子の出来上がり。小さいつばはそのままでも、全体を上に跳ね上げて被っても大丈夫。

101209_2_blog.jpg 101209_3_blog.jpg

前からと後ろからの図。

banner.gif←ちょっと若向けだな。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:17 | コメント (0)

2010年12月07日

ざくざく織地の帽子

101207_blog.jpg

この織地。表面の糸が飛んでいる(=縦糸緯糸が絡まっている部分が少ない→生地がくたっとして柔らかい)ので、あまり細かい裁断をすると糸が際限なくほつれてきて収拾つかなくなります。つば部分は接着芯を貼ってなんとか形にしますが、せっかくの柔らかい生地の全体にべったりと接着芯を貼ってもつまらない。クラウン部分は最低限の縫製で済む筒状をアレンジして形を作ることにしました。要するに筒状のてっぺんを如何に閉じるかが工夫のしどころ。ぐし縫いしてギャザーを寄せ巾着を絞るようにしても良いのですが、今回は生地の耳部分を使って風車のように折り畳んでみました。

banner.gif←すっきり!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:18 | コメント (0)

2010年12月06日

ざくざく織地の帽子

101206_blog.jpg

編み物(ニット)と織物の違い。一番わかりやすいのは、編み物は一本の糸を絡ませて生地を作っていき、織物は縦糸緯糸の二本を組み合わせて生地を作っていきます。この季節らしい色合いと風合いの織地を見つけてきたので、これで帽子を作ってみましょう。耳の部分の黒を活かしてみたいもの。

banner.gif←どんな形にしようかな。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:18 | コメント (0)

2010年12月02日

型なしフェルト帽の飾り

101202_blog.jpg

フェルトの羽と大きなリボンを派手に組み合わせようと試行錯誤、こんなのは如何かな?

banner.gif←まだ決定じゃないけど。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 02:10 | コメント (0)

2010年11月25日

型なしフェルト帽の飾り

101125_blog.jpg

昨日の続き。細かく切り込みを入れればフェルトの羽の出来上がり!これで派手に飾り付けましょう!

banner.gif←簡単!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:22 | コメント (0)

2010年11月24日

型なしフェルト帽の飾り

101124_1_blog.jpg 101124_2_blog.jpg

長々と時間をかけて作っているこの帽子、手早く出来るのが身上のフリーハンドの帽子なのに。さて。切り落としたエッジ部分がまだ残っています。そこでリボンにプラスして何やらこしらえてみようと、(写真では解りづらいですが)細長く半分に折って、わに近いところにミシンをかけました。

101124_3_blog.jpg

それをこんな形に切って形を整えます。

banner.gif←もう解ったかな?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:20 | コメント (0)

2010年11月10日

型なしフェルト帽

101110_blog.jpg

フリーハンドの帽子に使ったのは中国製ウール。旧東欧…チェコ産ポーランド産のファーベロア帽体に比べると毛質や柔らかさは劣りますが値段は半分、迷いに迷って今回はこちらにしました。相当広いつばなので切り落とした部分で大きなリボンを作ります。小物引き出しから引っ張り出した半端なテープを縫い付けるだけで立派に見えるもんです。

banner.gif←さて仕上げ。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:02 | コメント (0)

2010年11月09日

型なしフェルト帽

101109_blog.jpg

帽体といわれる帽子の素材は木型にはめ込んで形作るのが一般的ですが「木型がないと帽子が作れない」のも不便極まりない。この帽体、そのままでも緩やかに帽子の形になっているのでそれを利用してフリーハンドで作れないものかという試みです。木型で美しく仕上げたものにはない、遊び心あふれた帽子になる…はずだ。

banner.gif←上手くいくかしらん?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:01 | コメント (0)

2010年11月01日

くしゃくしゃシャツ、日焼け麦わら、リサイクル

101101_blog.jpg

生乾きの洗濯物を引き出しに突っ込んで、しばらくしてから引っ張り出したようなくしゃくしゃシャツ。私の名誉の為に説明しますとこれはこういうデザインです(しかもシルク)。以前は綺麗なサーモンピンクだったのに、すっかり日焼けしてしまったシゾールの帽体。さてさて、何故ゆえこのふたつが仲良く並んでいるのでしょう?

banner.gif←答えは後日。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:46 | コメント (0)

2010年10月26日

ビーバーのサバンナ???

101026_blog.jpg

帽子の材料…特に帽体と言われる種類の材料の値上がりがここ最近著しく、数年の間にビックリするくらいの値段になっています。これからの冬物で良く使われるフェルト素材の帽体も「果たして回収出来るのか?」と考えると二の足を踏む事態。嗚呼。それでもリクエストとなるとそうも言ってはいられません。この冬に作る約束をしたアニマル柄のフェルトの帽子、顔立ちのはっきりとした背の高い私の従姉妹からのお願いで「柄も形も飾りも全部お任せ!あっちゃんに任せるわ!」となると余計に難しい。ただのヒョウ柄ではつまらないなぁと思っていたらビーバー素材の「サバンナ柄」というなんとも壮大なイメージの帽体がありました。即決!急いでいないというので制作はしばらく先になりますが(というより急ぎの仕事が溜まっている…)良く知っている従姉妹なので既に全体のイメージは頭に浮かんでいます。早く形にしたくてウズウズ、従姉妹がビックリ喜んでくれますように。

banner.gif←柔らかく良い素材です。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:02 | コメント (0)

2010年10月11日

印象派のキャスケット

101012_1_blog.jpg

モネの睡蓮を彷彿とさせる、変り織りのバニランに似たざっくりとした風合いですが意外と薄いプリント生地。暑い日もあるけれど暦は明らかに秋という今時分に被るような帽子を作ります。

101012_2_blog.jpg

ということでシンプルなキャスケットの出来上がり。軽いながらも複雑な色合いなので、季節を問わず被ることの出来る帽子でしょう。

banner.gif←飾りはバラ、睡蓮しゃないけど。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:13 | コメント (0)

2010年10月08日

秋のアップリケの帽子

101008_blog.jpg

秋のアップリケの帽子、今回は気分も変えてこんな風にキラキラを貼付け。これらの帽子は14日から鎌倉小町通の北欧アンティークショップ ギャラリーミンネでの秋冬のファッション&帽子展でお披露目です。このフェアは今月いっぱいなので、秋の鎌倉散策の織にはどうぞお立寄下さい。

banner.gif←宣伝も!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 07:31 | コメント (0)

2010年10月07日

秋のアップリケの帽子

101007_blog.jpg

イラストと同時進行で帽子も作ります。秋のアップリケの帽子で使った生地が、見積もったらあと帽子2つ分残っていたので、裁断した帽子のパーツに合成スウェードをちょきちょき切り抜いてアップリケ。一筆書きのように切り抜くなんて大変!と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、もともと染色をしていて型紙をこれでもか〜これでもか〜と切り抜いていた私には朝飯前の作業です。むしろ朝飯昼飯夕飯の支度の方が大変だっ!

banner.gif←今晩は何にしよう…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:19 | コメント (0)

2010年09月21日

ベレーの羽飾り

100921_1_blog.jpg

気に入って手元に置いてあるベレー…といっても被るわけでもなく、コレクションまたは個人蔵といえば聞こえはいいけれど、要するに仕舞い込んであったもの…を久しぶりに出して見てみたら、なんだか少々物足りない感じがして仕方ない。少しばかり飾りを加えてみよう!と羽をくっつけてみます。

100921_2_blog.jpg

いくつかの羽をまとめて糸で縛り、フェルトの切れ端で根元をかがり付けてまとめた部分を隠します。それをベレーのてっぺんに付けてこんな感じになりました。帽子の飾りというとサイドに付けるのがオーソドックスですが、この羽飾りをベレーの彩度につけるとダラリとしてあまり格好がよろしくない(ブリムがないのでダラリが顔にかかるし)…なーんて偉そうに語るものの、実はこのアレンジは師匠のアドバイスでした。

banner.gif←さすが!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:32 | コメント (0)

2010年09月13日

秋のアップリケの帽子

100913_1_blog.jpg

アップリケの猫
はこんな風になりました。この帽子は犬の帽子よりつばの後ろが長いので、最初からつばを折り返して被るようになります。その分、少しボリュームがあるシルエットになりますが比較して顔が小さく見えるという効果も有り。あと帽子一つ分の生地が残っているので、せっかくですから続けてアップリケシリーズを。

banner.gif←次のモチーフは鳥?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:15 | コメント (0)

2010年09月09日

秋のアップリケの帽子

100909_blog.jpg

師匠が意外と面白がってくれたアップリケの帽子。秋のデパート出展に出せばいいと言ってくれたのに気を良くして、今度は猫のアップリケ…しかーし、犬も猫も飼ったことがないので想像に任せて描くものだから、あまり猫っぽくないのは致し方ないか。

banner.gif←猫には魚。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:53 | コメント (1)

2010年09月08日

秋のアップリケの帽子

100907_1_blog.jpg

アップリケはステッチをかけ控えめにスパンコールを飾り付けてこんな感じに仕上がりました。なんというシンプルな帽子だこと。

100907_2_blog.jpg

骨もちゃんとあります。あまりにもさっぱりし過ぎたかと不安になったので、今日の帽子の研究会の時に師匠にアドバイスを仰いだら「いいじゃない、これで。もし加えるとすれば…」「何が必要ですか???」「犬の目をつけてあげなさいよ」「…」

banner.gif←シンプルな帽子がお好きな方はいらっしゃいますか〜?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:04 | コメント (0)

2010年09月06日

秋のアップリケの帽子

100906_1_blog.jpg

キャンプの後片付けで一日が終わるのは勿体ないので、少しだけでも帽子の仕事を。デコラティブな帽子も楽しいけれど今回の秋の帽子はさっぱりと仕上げようと思い、アップリケをあしらうことにしました。合成スウェードのハギレを両面接着芯でクラウンに貼付けたところ。犬のつもりです。

100906_2_blog.jpg

エサも必要かと、ブリムには骨のアップリケ。

banner.gif←夏バテの身体に鞭打って…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:05 | コメント (0)

2010年09月02日

秋の帽子作り

100902_1_blog.jpg 100902_2_blog.jpg

9月の声を聞けばファッション関係はもう秋冬真っ最中ですが、こう残暑がキツいとそんな気持ちも萎えるというもんです。とはいっても真夏のような帽子ももう作れない…ので、調達してきた生地は今時珍しい生地幅100センチのネルっぽく起毛した綿生地。うーむ、やっぱり秋物だな。その生地にパターンを当てて最終的な見積もり、この場合65センチあれば充分とれますね。

100902_3_blog.jpg

芯地を貼ったりして裁断を済ませたもの。つばの傾きは同じで幅を変えた2種類を作ります。

banner.gif←今日はここまで。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:15 | コメント (0)

2010年09月01日

秋の帽子作り

100901_1_blog.jpg

7月の半ばから荷物を片付け始め、8月入ってしばらくは後片付けに追われた給水管工事。そして猛暑にバテていたら9月になってしまいました。仕事もいくつかきているのでいつまでもダラダラしてもいられない…老体に鞭打って帽子制作を始めました。まずはパターンを…ラフはカレンダーの紙を使ったりして、けっこう地味に作業しています。ぐにゃぐにゃしているのは曲線定規、カーブに沿わせて長さが測れるもの。帽子はカーブだらけなのでこういうグッズがあると便利。

100901_2_blog.jpg

出来たパターンから生地の見積もりを出しているところ。生地幅100センチ・120センチ・140センチの場合にそれぞれ帽子ひとつ作るのに必要な用尺を見積もってから生地を調達しに出掛けますが、この作業を面倒くさがって大雑把な勘で購入すると生地が足りなかったり半端に(もしくは大量に)余ったりするので結局はもったいないことに。そんな生地が積もり積もって段ボール箱いっぱいに溜まるのだ…。

banner.gif←反省。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:58 | コメント (0)

2010年08月19日

ソフト風の帽子2種

100819_1_blog.jpg 100819_2_blog.jpg

クマクマ兄弟が寝静まった夜更け。ソフト風帽子の仕上げとパターン製図に励む母。

100819_3_blog.jpg

100819_4_blog.jpg

帽子の仕上がりはこんな風に。メンズはレディースに比べてボリュームを少なく仕上げます。帽子が小さいと顔が大きく見える…ということでしょうか。婦人物の帽子は顔映りをとても気にしますから、顔が大きく見えるのはタブー。「夜目遠目笠の内(夜見るとき、遠くから見るとき、笠に隠れた顔の一部をのぞいて見るときは、はっきり見えないので実際より美しく見えるものである。多く女性にいう。←コトバンクより)」ですからね、帽子を被った方が綺麗に演出されて喜んで貰わなければなりません。

banner.gif←メンズも奥が深い、まだまだ修行中。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:07 | コメント (0)

2010年08月18日

ソフト風の帽子2種

100818_blog.jpg

パターンを基に縫製まで済んだクラウン。左・婦人用、右・紳士用。それぞれのパターンと立体になった形を比べてみるとボリュームが明らかに違います。

banner.gif←まだまだ続く。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:06 | コメント (0)

2010年08月17日

ソフト風の帽子2種

100817_blog.jpg

ソフト風のふたつの帽子は同時進行で作ります。ひたすら裁断したら次はひたすら待ち針で留めて。婦人用は黄色・紳士用は青いチャコペンシルを使って間違えないように…ふと「どうしてチャコっていうんだろう?」…サザンオールスターズの「チャコの海岸物語」ではないけれど一昔前の愛称みたいだし、もしや発明者の名前だったりして…と思ったら「チョーク」が訛ったものだそうだ。もっと意外性を期待していたんだけど。

banner.gif←ドリームワーカー!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:11 | コメント (0)

2010年08月12日

ソフト風の帽子2種

100812_1_blog.jpg

「メンズは作らないのですか?」の質問をよくいただきます。「只今、勉強中」との答えもそうそういつまでも使えない…ので、師匠のアドバイスをいただきソフト風の帽子を婦人用&紳士用と作ってみることに。生地はヘリンボーンのデニムでかっちりと仕上げます。

100812_2_blog.jpg

クラウン部分のパターンを比較。左・婦人用のトップとサイドクラウン、右・紳士用のトップとサイドクラウン。メンズの方がトップが小さくクラウンの傾斜が大きいパターンになっています。

banner.gif←作業はお盆開け。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:03 | コメント (0)

2010年07月14日

ラミー(苧麻)のシンプルな夏の帽子・修正版

100714_1_blog.jpg

ラミーの帽子の修正版の制作を。生地は前回の残りを使って、ちょうど山吹色と白が反転したものになります。クラウン部分を待ち針で留めていますが、帽子のパーツを待ち針で留める時は必ず対角で留めて対角で留めて…と間を埋めていくのが原則。たとえ合印が付けてあってもバイアスでとった丸い生地は伸びやすくズレやすい。対角で留めていくと、もし多少のズレがあってもそのズレがバラけて上手い具合に馴染みます。

100714_2_blog.jpg 100714_3_blog.jpg

クラウン部分はサイドクラウン側からミシンをかけます。ミシンをかけたらすぐにアイロン。「暑いし電気代がもったいないから最後にまとめてアイロンをかけよう」などと思っても、最後には立体になってしまって、細かい部分にアイロンが掛けられなくなってしまいます。

banner.gif←細かいこと、いろいろ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:49 | コメント (0)

2010年07月12日

アイロンクリーナー

100712_blog.jpg

パターンの納得満足の修正も出来たし、少しは仕事をしなくちゃ。と、その前にアイロンのチェック。愛用のデロンギのアイロンの掛け面はピカピカステンレス、気が付くと接着芯の糊などでけっこう汚れているもんです。そのまま白や淡い色の帽子を作り始めると焦げがうつって取り返しのつかないことになる、その前にクリーナーで綺麗に掃除。私が使っているのは手芸店で比較的手に入りやすい河口のアイロンクリーナー。熱くしたアイロンの掛け面にスティック状のクリーナーを塗るとジュ〜ッと溶けて汚れが落ち、乾いた布で拭けばこの通りピカピカに!(多少の煙と匂いは換気するべし)きちんと手入れされた道具で仕事もはかどるでしょう…保育園を夏風邪で休んでいるクマ次郎が愚図らない限りは。

banner.gif←ピカピカ、気持ちいい!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:30 | コメント (0)

2010年07月08日

パターン修正

100708_blog.jpg

出来上がったラミーの帽子を眺めていたら気になる部分が2ヶ所。ひとつはサイドクラウンのサイズ元と言われるブリムを付ける側のラインで、すぐに修正。もうひとつはブリムのエッジの横から後ろにかけてのラインでこれは迷いに迷い結論が出なかったので、昨日の帽子の研究日に師匠にアドバイスいただきました。パターンがきちんと作られていないとどんなに縫製が良くてもいい帽子にはなりませんから、師匠も修正箇所も含めパターンについて詳しく説明して下さり、しかも私のブリムのパターンに思いもよらない部分の修正も指摘。あぁ、師匠は有り難い。

banner.gif←夜中に復習中。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:32 | コメント (0)

2010年07月06日

ラミー(苧麻)のシンプルな夏の帽子

100706_1_blog.jpg

昨日の帽子の出来上がり。軽く広いつばの裏は目が覚めるような山吹色、顔を明るく引き立てます。つばのステッチは飾りだけでなく、ステッチ部分がつばの折り返しのガイドラインになって形を作り易いという実用面も兼ねています。

100706_2_blog.jpg

飾りもシンプルに、帽子と同じミシン糸でステッチを入れた共布のくるみボタンのみ。

banner.gif←真夏に被りたい。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:50 | コメント (0)

2010年07月05日

ラミー(苧麻)のシンプルな夏の帽子

古くから「からむし」と呼ばれ、上布(細い麻糸を平織した張りのある上等な麻織物)として親しまれているシャリ感も涼しげなラミー(苧麻)。夏の涼しげな帽子を作ることにしました。

100705_1_blog.jpg 100705_2_blog.jpg

たまには真っ白な帽子もいいなと思いつつ、つば裏だけは鮮やかに山吹色にしてみました。飾りをつけないシンプルな帽子にする予定なのでステッチをちょっと遊んでみようと、つば裏と同じ山吹色でうねるように。うーん、もうちょっと…と、若草色のステッチも。

100705_3_blog.jpg

ついでにもう1色加えて、こんな感じ。

banner.gif←爽やかに!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:29 | コメント (0)

2010年07月01日

黄色い帽子

100701_blog.jpg

すんなり出来上がる帽子もあれば、飾りを付けたり外したりと試行錯誤が続くものもあります。この黄色い帽子もそのひとつ。そもそもこの色自体が被るのには難しいというのもあるのですが、こんな感じは如何でしょう。

banner.gif←個人的には好きな色なんだけど。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:07 | コメント (0)

2010年06月29日

たくさんひろげました

100629_blog.jpg

梅雨空との予報は外れて太陽が顔を出した昼間、虫干しも兼ねて(!?)出来上がったパーツを広げます。神経衰弱のように「ああでもない、こうでもない」と悩むひととき…そろそろ完成させてあげないとあまりにも気の毒と、まだ途中までしか作っていないいくつかの帽子もひっぱり出してきました。

banner.gif←楽しい作業です。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:54 | コメント (0)

2010年06月28日

たくさんねじりました

100628_1_blog.jpg

ねじってねじって待ち針で仮留めして…

100628_2_blog.jpg

ちょっとでも空いた時間があるとちくちく糸で縫い付けます。いっぱいできたら葉のパーツとの組み合わせを考えるのがまた楽しい。夏に近づいて日差しが強くなってくると鮮やかな彩度の高い色が映えるので、これから作るコサージュは知らず知らずカラフルで派手なものに…出来上がってからビックリも一度や二度ではありません。

banner.gif←それもまぁいいか。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:37 | コメント (0)

2010年06月25日

ねじってねじって

100625_1_blog.jpg 100625_2_blog.jpg

ハギレのコサージュを作る際は、花と葉をそれぞれ作っておいて組み合わせます。その花のパターンは生地を丸く切っただけ(ここでは2色の生地を合わせています)。そのエッジを縫い縮めて絞って、このように整えます。裏はこんな感じ。

100625_3_blog.jpg 100625_4_blog.jpg

和裁用の長い待ち針をその中心に…串打ちのように…刺して、ぐるっとねじっていきます。

100625_5_blog.jpg

1回転半か2回転させるとこのように。生地は1色でももちろん大丈夫ですが、2色づかいにするとねじった中心部分に色が入り込んで面白い効果になるようです。この形が崩れないように糸で留め付けて出来上がり!

banner.gif←簡単!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:52 | コメント (0)

2010年06月17日

つばが蛇腹になる帽子

100617_blog.jpg

つばが蛇腹になる帽子のパターンについての質問を頂きました。Sさん、遅まきながらここでお返事致します。Sさんは「スタイリッシュクロッシュ(石田欧子・著)」を参考に帽子を作っていらっしゃいます。蛇腹になる帽子のつばのパターンを自身で作ってみようと思われて、この本で紹介されている一番傾斜が大きい下がりブリムの幅を伸ばして帽子を作ってみたのですが、上手く蛇腹にならないということでした。

水夫.jpg ←セーラー帽

つばが蛇腹になる帽子はセーラー帽を応用してデザインしたものです(上のステキな写真はココで見つけました)。つばのエッジを撥ね上げさせるためにはつばの傾斜が必要で、セーラー帽もエッジが撥ね上がっている形。蛇腹にするためにはつばの幅が必要なので、セーラー帽のつばの幅(長さというのか?)を長くしています。そして一番上の写真の説明。前中心(写真右端)を合わせて比べている二つのパターン。カーブがきつい方=Sさんが参考にした「スタイリッシュクロッシュ」の下がりブリムのパターン、カーブが緩やかな方=蛇腹になるつばのパターン。つばのパターンの頭周り(サイズ元)のカーブがきつく、円に近づけば近づくほど帽子のつばの傾斜は少なくなって、最も極端な形はドーナツ盤レコード(古っ!)。反対に頭周り(サイズ元)のカーブが緩やかで、広がれば広がるほど帽子のつばの傾斜は大きくなり、最も極端な形は筒。ということで蛇腹のつばのパターンは、頭周り(サイズ元)のカーブがかなり緩やかで傾斜が大きい超下がりブリムの形になるのです。

banner.gif←お分かりになったでしょうか!?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:55 | コメント (0)

2010年06月11日

つばが蛇腹になる帽子

100611_1_blog.jpg

つばが蛇腹になる帽子は「どうなってるの?」と質問されることが多い代物です。たいしたことない仕掛けなので、種明かしするのもお恥ずかしいのですが…

100611_2_blog.jpg

つばの部分を伸ばすとこういうふうになっていて、これを折り畳んでいるだけ。つばを形よく折って被る方が難しいかもしれませんが、いろんな形になって面白い帽子です。

banner.gif←CHeeRAの定番商品です。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:03 | コメント (0)

2010年06月09日

カンカン帽風の帽子

100609_1_blog.jpg

出来上がった帽子本体
にグログランリボンで少々クラシックな感じの飾り付け。ぐるり巻き付けたリボンは2色重ねてミシンでステッチをかけました。

100609_2_blog.jpg

完成!いつもの帽子より1センチ浅いのは「カンカン帽風」だから…深いとシルクハット。こういう帽子は目深に被って格好がつくってもんです、くれぐれも「幼稚園被り」をなされませんように。

100609_3_blog.jpg

この「幼稚園被り」は迫力ありますが。

banner.gif←大人のカンカン帽風!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:15 | コメント (0)

2010年06月08日

カンカン帽風の帽子

100608_blog.jpg

裁断後に一気に縫い上げて出来上がったカンカン帽風の帽子本体。直線的なシルエットにはせず、トップからサイドに下りるぐるりの部分は多少丸みを持たせ、真横に伸びるのではなく少しだけ傾斜をつけたつばにしました。つばはカチカチに固くはなくエッジにワイヤーも入っているので、波打たせればだいぶ雰囲気が変えられます。

banner.gif←さて飾りを付けなくちゃ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:41 | コメント (0)

2010年06月07日

カンカン帽風の帽子

100607_blog.jpg

パターンが完成したカンカン帽風の帽子
、ようやく裁断縫製に入りました。パターンということは麦わら帽体でなく布でこしらえるカンカン帽風の帽子。サマーニットのような生地に芯地を貼って固めに作ります。あまりにクタクタではこの帽子の形の良さが出ませんので。夜更けに裁断中。

banner.gif←ドリームワーカー!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:39 | コメント (0)

2010年06月04日

カンカン帽風の帽子

100604_blog.jpg

街ではカンカン帽が大流行り!地元練馬でもカンカン帽を被ったお嬢さんを頻繁に見かけるようになりました。が、もともとはカチカチに固めた水夫が被っていたという男性用の帽子。「それを女の子が被るなんて」なんて無粋なことをこのご時世にブツブツ言うのは野暮。しかーし!街のお嬢さんのものは軒並み安っぽいカンカン帽で、その格好もなんだかお笑い芸人みたいなんだな。ということでミセスが被ってもサマになるカンカン帽風の帽子を制作中。今日はパターンを地道にこしらえております。

100604_1_blog.jpg 100604_3_blog.jpg

左「COCO AVANT CHANEL」右「愛人/ラマン」どちらもヒロインの生き方を象徴する小道具としてのカンカン帽。シャネル役のオドレイ、目の上をスパッと横切る帽子のエッジが意志の強さを強調しています。

100604_2_blog.jpg

これくらいの柔らかい形だとミセスやハイミセスの方にはよろしいんじゃないかと。エッジの柔らかさが女性の顔を如何に引き立てるかは、上の写真と比べても一目瞭然。

banner.gif←カンカン帽、以外と奥が深い。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:36 | コメント (0)

2010年06月02日

ハギレのコサージュ

100601_blog.jpg

展示即売会が終わってやれやれ一段落。これからしばらくは整理片付けを兼ねての制作の時間にしようと、風邪ひきクマ次郎の看病の片手間にまずとりかかったはシルクシャンタンのハギレ。片っ端から縫い合わせてパーツをこしらえます。

100602_1_blog.jpg 100602_2_blog.jpg

100602_3_blog.jpg 100602_4_blog.jpg

そのパーツを組み合わせて、こんな感じ・そんな感じ・あんな感じ・どんな感じ?

banner.gif←まだまだ先は長い。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:05 | コメント (0)

2010年05月29日

サマーニットの帽子、完成!

100529_blog.jpg

サマーニットの帽子
レース&ビーズでのアレンジ作戦は今日完結致しました。ちくちく地道な仕事はこのように。ランプシェードのように見えなくもない。

banner.gif←自分で被ります。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:50 | コメント (0)

2010年05月28日

展示即売会前日(それからバケツ型のチューリップハット)

100528_1_blog.jpg

明日からの展示即売会の準備は今日の午前中に。毎回のことなのでメンバーも手慣れたもの、わずか2時間余りで会場が出来上がりました。ずらり並んだ数々の帽子はさすが春夏ものだけあって明るく華やか。見ているだけでも気分が盛り上がってきます。

100528_2_blog.jpg

バケツ型のチューリップハットは飾り付けてこのようになりました。飾りがあるとないとでは雰囲気がガラリと変わります。

banner.gif←とりあえず一安心。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:38 | コメント (0)

2010年05月27日

ヨーロッパリネンのつば広の帽子

100527_blog.jpg

共布を縫い縮めたコサージュ
それに合わせて縫った麻のリボンでちょっと大袈裟に飾り付けた、ヨーロッパリネンのつば広の帽子(あれ?チューリップハットはどうなった?)。週末の展示即売会に出品します。ここで宣伝。5月29日(土)〜30日(日)の2日間、東中野の帽子の師匠のアトリエで春夏婦人帽子の展示即売会があります。300〜400個並ぶ帽子の多くはミセス&ハイミセス用ですが、この帽子のようにカジュアルな帽子もたくさん用意しております。有り難いことにお客さまは増える一方、このままではアトリエに入りきれない!ということで公には案内をしておりません。もしどうしても!と興味があり展示即売会にいらっしゃりたい方は、私までご連絡いただければお返事致します…なんだか秘密めいてるなぁ。

banner.gif←お楽しみに!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:24 | コメント (0)

2010年05月26日

リネンの帽子飾り、続き

100526_blog.jpg

リネンの帽子飾りに合わせるちょうどいいリボンがない。手元にあるものは華奢なものばかりでバランスが悪い…ならば、作るべし。ということで麻のリボン2種を縫い合わせてちょっと太めのリボン(写真下のもの)が出来上がり!

banner.gif←一工夫。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:24 | コメント (0)

2010年05月24日

リネンの帽子飾り

100524_blog.jpg

ヨーロッパリネンのチューリップハット、シンプルにそのままでも被れます。が、今回は飾りをつけてみようと共布をちくちく縫い縮めてコサージュを。それにしてもいろんな帽子が同時進行…といえば聞こえはいいが、要するに中途半端な仕事が溜まっている状態。はやく片付けてすっきりしたい…。

banner.gif←カオス!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:31 | コメント (0)

2010年05月22日

サマーニットの帽子、それから

100522_blog.jpg

エッジにレースをぐるりと縫い付けたサマーニットの帽子。見た目はいい感じ、だけど触感がアンバランス…帽子に比べてレースが薄っぺらい。何かもうひとつ加えたくなってレースのエッジにビーズをちまちまと縫い付けるという、気の遠くなるようなことを始めてしまいました。まだまだ道半ば、気長に仕上げます。

banner.gif←ちょっぴり後悔?カチッ。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:10 | コメント (0)

2010年05月20日

サマーニットの帽子

100520_blog.jpg

おたふくクマ太郎はさすがに調子が悪く「痛い、痛い!何で痛いんだよ」と、ほっぺを冷やしながらほぼ一日横になっています。「バイキンと戦うからね」と言うと薬も頑張って飲むし、「はーきっき(←歯磨き)しなかったから痛いの?」と尋ねるところが子供らしい。もっとお多福になるかと思ったらそうでもなく、しかも左のみ。これから膨れてくるのかな。活発に動き回るクマ次郎もいるので腰を据えて何かを作るというような時間は皆無。それでも気分転換も兼ねてちょこちょこと…取り出したのはサマーニットの帽子。帽子の師匠にいただいたものでイタリア製だとか、けっこうしっかりした糸はおそらくコットンでしょう。このまますっぽり被るのも可愛いけれど、シンプルなエッジに縫い付けたらどうなるだろうとレースを引っ張り出しました。実母が東欧旅行の土産にくれたもの。で、待ち針で留め始めた途端にクマクマ兄弟が揉め出して中断。

banner.gif←あ〜あ。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 01:37 | コメント (0)

2010年05月12日

編み編み帽子

100512_blog.jpg

夏帽体といわれるものには、かなりの素材の種類に色があります。今日はこんな変わった素材の帽体を手に入れました。ざっと形を整えて、さて?これからどうしよう。このままでも被るには充分な感じですが、夏の帽子ですからはじけちゃっても面白そうです。

banner.gif←派手にいこうか !? クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:15 | コメント (0)

2010年05月10日

バケツ型のチューリップハット

100511_blog.jpg

先日こしらえていたヨーロッパリネンのバケツ型のチューリップハット。しっかりとした織生地ではあるもののそこは麻。くたっとしたシワ加減が飾り気のない可愛らしさを演出します。エッジにはワイヤーを入れて、形がいろいろと変えられるようにしました。

banner.gif←軽くて被りやすい!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:28 | コメント (0)

2010年04月28日

サイズリボンの付け方

100428_blog.jpg

帽子本体の制作の最後はサイズリボンという頭周りを押さえるリボン(テープ状のもの)を付けて完成になります。このリボンでサイズと被り心地が決まるので、こんなものでもかなり大事。しかも縫い代を隠す・被る際には額の汗やファンデーションなどの汚れが直接帽子本体につくのを防ぐという実用的な面も兼ね備えたニクいヤツ。その縫い付け方のテキストを作りました。写真を追っていけば上手く縫うことが出来る…はず。

banner.gif←けっこう良いテキストが出来た、と自画自讃。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:00 | コメント (0)

2010年04月27日

帽子のたくさんの縫製

100427_blog.jpg

裁断済みのパーツを一気に縫製、バケツ型のチューリップハットももう少しで完成!…なのに悔しいことに保育園のお迎えの時間…続きは夜。

banner.gif←今夜も夜なべ。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:08 | コメント (0)

2010年04月26日

帽子のたくさんの裁断

100426_blog.jpg

勢いにのって裁断しまくったらこんなになったドリームワーカー。明日はミシンに頑張ってもらって一気に縫い上げます。

banner.gif←私が頑張れるか?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:26 | コメント (0)

2010年04月23日

帽子の裁断

100423_blog.jpg

中途半端な生地も帽子の形を選べば材料として充分なものに。バケツ型のチューリップハットを作る途中はこんな感じ。

banner.gif←生地合わせも楽しい。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:10 | コメント (0)

2010年04月22日

帽子の見積もり

100422_blog.jpg

布の整理をしていると頻繁に微妙な大きさの布が出てきます。帽子を作るのにこれは足りるのか、足りないのか?もちろん型紙を当てて見積もるのが一番早いので、型紙をいくつか出して当ててみる…まず生地からイメージした帽子の形の型紙、充分だったらそこで作業は終わり。ところが型紙が入らない場合は別の帽子の形を選んでその型紙を入れてみる、それでも入らなかったらまた別のもの、別のもの…。写真は一番ベーシックな形の帽子の型紙を当てたところ。ぴったり入りました!

banner.gif←無駄無し、気持ちいい!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:55 | コメント (0)

2010年04月14日

水玉の帽子

100413_blog.jpg

ぐっと夏らしい色合いの軽い帽子です。寒い日はそれこそ冬のような気温になるここ最近続く変な天気にも負けず、帽子屋さんは春夏の帽子をせっせとこしらえるのでありました。

banner.gif←シンプルでエレガント!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:40 | コメント (0)

2010年04月12日

夏の帽子も作ります

100411_1_blog.jpg

100411_2_blog.jpg

めいっぱい夏の帽子です。サーモンピンクのシゾールと呼ばれる夏帽体。そこにグログランリボンを勲章のような花のような飾りにして付けてみました。エッジは波打つようにワイヤーで形を整えて。

banner.gif←カジュアルに被っても素敵。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:32 | コメント (0)

2010年04月09日

シルクシャンタンの小さな帽子

100409_1_blog.jpg

シルクシャンタンのパーツのストックが増えていくのは快感ですが、肝心の帽子も作らなくてはなりません。

100409_2_blog.jpg

明るい黄緑という被るには少し難しい色かもしれませんが、若々しい新緑の季節をイメージした小振りの帽子。つばの裏は同じシャンタンのクリーム色で顔を明るく縁取ります。

banner.gif←気持ちも軽やかに。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:28 | コメント (0)

2010年04月06日

シルクシャンタンの整列

100406_blog.jpg

本当はこんなに必要ないのですがパーツを切って並べ始めたら殊の外キレイで、作業自体が楽しくなってまいりました。ちょきちょきちまちま。まだまだ続きます。

banner.gif←呑気だな。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 00:47 | コメント (0)

2010年04月05日

シルクシャンタンの裁断…ちまちまと

100405_blog.jpg

春夏の帽子を作るついでにシルクシャンタンのハギレも処分しようと、ちょきちょきちまちま裁断を始めました。帽子の飾りをこしらえます。

banner.gif←あっという間に夕方、今日はここまで。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:22 | コメント (0)

2010年03月18日

グログランリボンのバラの帽子

100318_blog.jpg

以前仕込んだグログランリボン
いっぱいこしらえたグログランリボンのバラはコサージュになって帽子を飾ります。取り外しの出来る帽子飾りで帽子の被り方のバリエーションが増えることでしょう。

banner.gif←黒にピンクの差し色が映えます!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:35 | コメント (0)

2010年03月17日

グログランリボンのバラ

100317_1_blog.jpg

100317_2_blog.jpg

バラ飾りをいっぱいこしらえなくてはなりません。以前、和菓子作家の友人が某有名ブランドのイベントに和菓子を提供することになり、それこそ何百個もの餡玉を丸めたときは「だんだん腹が立ってきた」らしい。さすがにこちらはその数には及ばず腹が立つ前に終わってしまいました。それでも延々と同じ作業をするのは体力もですが、モチベーションを如何に保ち続けるかの方が重要な気がします。

banner.gif←壮観!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:34 | コメント (0)

2010年03月12日

シルクシャンタンのコサージュの帽子

100312_1_blog.jpg

100312_2_blog.jpg

シルクシャンタンの花飾り
はいよいよコサージュになって、帽子につければ出来上がり!かなり大きめの飾りですが、これから暖かく明るく鮮やかになってくる季節のワクワクした気分を盛り上げるのには良いでしょう。

banner.gif←華やかです!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:30 | コメント (0)

2010年03月10日

春の帽子

100310_1_blog.jpg 100310_2_blog.jpg

かあちゃんはドリームワーカー中。型紙を直したり、ミシンをかけたり。

100310_blog.jpg

先日の春の布がこんな帽子になりました。春風をイメージしてふわふわのシルエットです。多少のボリューム感はありますがトップの部分は一重なので見た目よりは軽く、布の質感もあり実際はくたっとした感じ。「雑貨屋さんに置いてあるような」帽子になったでしょうか?

banner.gif←可愛い帽子が出来た!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:08 | コメント (0)

2010年03月05日

シャンタンの花がいっぱい

100305_blog.jpg

シャンタンのコサージュが続々出来上がってきています。これだけあると壮観だ。

banner.gif←まだ先は長い…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:00 | コメント (0)

2010年03月02日

シャンタンの花がいっぱい

100302_blog.jpg

シャンタンの花をいっぱいこしらえています。ひとつ作るのだったら楽しい花飾りも数が多いと布と糸と向き合って、まるで写経のような心持ち…クマ次郎の寝ている合間に心を無にして「急げ〜!」

banner.gif←「急げ〜」の段階で既に煩悩。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:32 | コメント (0)

2010年03月01日

春の布

100301_blog.jpg

春らしい布を仕入れてきました。ザラッとした感触がこれから先の夏をも思わせます。雑貨屋に置いてあるような雰囲気の帽子をこしらえます。

banner.gif←あぁ、仕事が溜まっていく…。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:21 | コメント (0)

2010年02月27日

ドリームワーカー親子

100227_1_blog.jpg

家事も一段落したので、さーて!帽子屋・夜の部。

100227_2_blog.jpg

…と思ったらクマ太郎が既にミシンに陣取っていました。

banner.gif←ミシン糸は切るんじゃなくて縫うんだ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:38 | コメント (0)

2010年02月25日

細々と仕事は続く

100225_blog.jpg

抱えている仕事を家事の合間にしているのでミシン周りはいつも混沌としており、区切りのいいところで終わりにすれば良いものの泣き叫ぶクマ次郎や保育園のお迎え、食事の支度となると「待ったなし!」なので中途半端なものが常に散乱。明日や明後日のことを考えながら手を動かして、旦那の問いかけに上の空。

banner.gif←こんな私に誰がした。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:34 | コメント (0)

2010年02月21日

懲りずにまたまたシルクシャンタンで…

100221_blog.jpg

同じ形を3つも作れば身に付くだろうと、飽きずにタックを寄せまくります。細かい糸屑がたくさん出る時は折り込みチラシの卓上ゴミ箱が大活躍!(旦那曰く「おばあちゃんのみかんの皮入れ」)

banner.gif←クマクマ兄弟曰く「かあちゃんの糸屑入れ」カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:17 | コメント (0)

2010年02月20日

シルクシャンタンの手直し

100220_blog.jpg

昨晩出来上がった帽子を携え帽子の師匠のもとへ。見るや否や「つばをここまで作っているのにクラウンがさっぱりしすぎて固い」「飾りが重すぎる」…がっくり。実際にミセスが被りやすいボリュームはこれくらい、と、手早く修正が入って直した後の飾りはこんなにスッキリと。師匠とはなんと大きく有り難い存在なんだろうと、そんなことを思いながらチクチク縫い直す土曜の午後でした。

banner.gif←まだまだ修行中。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:27 | コメント (0)

2010年02月19日

シルクシャンタンの縫製

100219_1_blog.jpg 100219_2_blog.jpg

シルクシャンタンの帽子のつば部分は全体にタックをよせます。バイアスに裁断した生地が歪まないように木型に沿わせての作業、待ち針がいくつあっても足りません。帽子本体が出来上がって…

100219_3_blog.jpg

ドリームワーカー(夜なべ仕事)しながら飾りを付けて一応出来上がったつもり。明日、帽子の師匠に見てもらいます。

banner.gif←ドキドキ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:24 | コメント (0)

2010年02月16日

引き続きシルクシャンタンの裁断

100216_1_blog.jpg

クマ太郎の熱は下がらず。こちらはクマ次郎をおんぶしながら昨日の続き。だいぶ一人で遊べるようになったとはいえ、そこはまだ3歳のクマ太郎。甘えてくるのは仕方ないとしてもそれが明らかにワガママとなると、相手が病人とはいえ(そして仕事が進まないというこちらの都合も加わって)苛立つ器の小さい母ちゃんに「あっちゃん、怒ってゴジラみたい!変!」と反撃してきます。何だ、元気じゃないか。

100216_2_blog.jpg

「うーん、ちょっと派手なんじゃない〜?」てな感じですか。

banner.gif←あっという間に一日が終わる…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:39 | コメント (0)

2010年02月15日

シルクシャンタンの裁断

100215_1_blog.jpg

クマ太郎は半日寝込んで、午後からは起き出して遊んでいます。春の帽子をいくつかこしらえるので、クマクマ兄弟の相手をしながらその合間を縫ってシルクシャンタンの裁断をするものの、なかなか捗らないのは致し方ない…。

100215_2_blog.jpg

まずは裁断だけを済ませ、続いて一気に縫い上げる予定。

banner.gif←亀のような進み具合。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:34 | コメント (0)

2010年02月12日

シルクシャンタンのコサージュ

100212_blog.jpg

シルクシャンタンのコサージュ、色違いで3つ出来上がり。ブローチピンがついているので帽子から外して胸につけることも出来ます。

banner.gif←やれやれ、ようやく完成。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:18 | コメント (0)

2010年02月10日

シルクシャンタンのコサージュ

100210_1_blog.jpg

今度はシルクシャンタンの帽子に合わせる飾りをコサージュ風にこしらえます。これはパーツ。

100210_2_blog.jpg

それを組み合わせて…。

banner.gif←それからどうなる?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:17 | コメント (0)

2010年02月09日

グログランリボンのバラ

100208_1_blog.jpg

グログランリボンのバラ飾り。細いリボンは最初はキレイでもそのうちにヘタってクタクタになってしまいやすい…店頭で気に入って買って下さった帽子なのにリボンがヘナヘナになってしまっては申し訳ありません。なので、細いリボンを帽体に塗る糊に漬込んで少し固くさせてみました。有機溶剤(つまりシンナー)プンプンなのでベランダで乾かしているところ。

100208_2_blog.jpg

こしらえたバラ飾り、3種。

banner.gif←しっかり作りました。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:15 | コメント (0)

2010年02月06日

グログランリボンのバラ

100206_blog.jpg

グログランリボンのバラは例えばこんな風に細いリボンと組み合わせて。上品で可愛らしい雰囲気になります。

banner.gif←いいんじゃないの〜。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:36 | コメント (0)

2010年02月05日

グログランリボンのバラ

100205_blog.jpg

初春の帽子に飾り付けようかとグログランリボンのバラをこしらえています。以前に黒いリボンで作ったものをずいぶん長い間「これだけじゃ、なんだか寂しいなぁ〜」と、どうしたものか考えていました。結果、カラーバリエーションを増やしていろいろ組み合わせたらいくらでも賑やかになるだろうと思い立ち、ちまちまこしらえる冬の午後。

banner.gif←まだまだ作ります!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:14 | コメント (0)

2010年02月04日

ベロアの帽子

100204_blog.jpg

先日のベロアの帽子の完成!同じベロアの細い紺のリボンをあしらって、冬のお洒落で可愛い帽子が出来ました。暖かいし、何といっても軽い!

banner.gif←おひとつ如何ですかー?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:39 | コメント (0)

2010年01月31日

ベロアの帽子

100131_blog.jpg

クマ太郎の看病疲れか珍しく昼寝で英気を養った日曜日。夜は龍馬伝を堪能してクマクマ兄弟が寝静まってからはドリームワーカー中(=残業中)。今回の帽子のパターンはそんなに複雑ではないものの、何しろベロア。中表で合わせただけで、あれれ!もうズレてる。細かくピンを打ち丁寧にミシンをかけつものの、その最中でさえちょっと気が緩むと瞬く間に生地がずるずるとズレていきます。

banner.gif←本体完成。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:40 | コメント (0)

2010年01月29日

ベロアの帽子

100129_2_blog.jpg

これは「ホコリだらけの布」ではなくラメ入りのベロア(写真は難しいなぁ)。

100129_1_blog.jpg

そのベロアで冬の帽子を作ろうと裁断を済ませ、縫おうと思ったらミシンの上はこの散らかりよう。あらら。

banner.gif←まずは片付け…カチッ…!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:40 | コメント (0)

2010年01月28日

小さい四角い布が…

100128_1_blog.jpg

ほとんど仕上げた小さい四角い布の飾りの帽子、しかし何だかその飾りが唐突のような感じがするので「やっぱりやーめた!」と全部とっぱらって改めて付け直し。ブレードの残りを巻いて、そこに付けることにしました。

100128_2_blog.jpg

完成。ブレードとウールのコンビの帽子。飾りにブレードを加えたことで全体の調子が整ったような感じがします…と、自画自賛。

banner.gif←やれやれ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:55 | コメント (0)

2010年01月23日

帽子の山

100123_blog.jpg

先日の薔薇の花びらの黄色い帽子の完成写真を撮り忘れてしまいました。その黄色い帽子をはじめ様々な帽子が積まれたここは師匠のアトリエ。月末の帽子のショウのために集まった60個余りの帽子は、これからショウの流れに合うように順番と被るモデルさんが決められます。ちなみに帽子のショウは国立新美術館で開かれている平泉展会場内・1月30日土曜日の午後2時スタートの30分ほどのショウです。そしてショウの後はそれら帽子を実際に被って頂けたり、もし気に入ったら購入も可!どちらかというとミセス&ハイミセスの帽子が多いラインナップですが、興味がある方はどうぞお越し下さい。

banner.gif←と、宣伝も。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:23 | コメント (0)

2010年01月22日

小さい四角い布を…

100122_1_blog.jpg

ブレードとウールのコンビの帽子の飾りに、昨日の四角い布をピンで留めてみて…

100122_2_blog.jpg

こしらえたありったけをぐるりと留め付けることに。

banner.gif←仕掛けは単純。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 00:21 | コメント (0)

2010年01月21日

小さい四角い布で…

100121_1_blog.jpg

少々思い立ち、手元のウールの生地を四角く切って端をほどいてみました。ふむ。

100121_2_blog.jpg

イケルかもしれない。いくつもいくつも作ります。

banner.gif←それから?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:15 | コメント (0)

2010年01月20日

バラバラの薔薇の花びらの帽子

100120_blog.jpg

今日は帽子の研究日。クマ太郎を保育園に送り→洗濯を干し→簡単に掃除機をかけ→クマ次郎を実母に預けて大幅に遅刻しながらも、作りかけの花びら帽子を持って参上の巻。花びらに合わせてリボンを飾り付けていると、師匠がちらりと見るや否やエッジにぐるりとリボンを回しました。ナルホド!

banner.gif←ちくちく、糸で止め付けます。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:03 | コメント (0)

2010年01月18日

バラバラの薔薇の花びらの帽子

100118_1_blog.jpg

これまたベースは昨年の帽子、ポイントだった共布の飾りを取っ払ってバラバラにした薔薇の花びらをくっつけていきます。造花をそのままポンと付けるのだったら誰でも出来るし当たり前すぎてつまらない、こうやって少し手を加えて…

100118_2_blog.jpg

こんな感じになりました。

banner.gif←まだ途中。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:58 | コメント (0)

2010年01月17日

バラバラの薔薇の花びら

100117_blog.jpg

黄色い薔薇の造花があったのでバラバラにほぐして花びらの形を整えました。夕方近くの日差しで黄金色に輝き、なんとキレイなこと。

banner.gif←で、どうする?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:28 | コメント (0)

2010年01月15日

ケンマ草の羽飾りの帽子

100115_blog.jpg

最後にホロホロ鳥の羽を3本差してようやく完成!材料を買い込んできたのが昨年3月だったので実に制作期間10ヶ月、とうとうケンマ草の羽飾りの帽子が出来上がりました。実物をご覧になりたい方は今月1月30日国立新美術館@六本木での帽子のショウにお出で下さい。

banner.gif←なかなか良いではないか!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:53 | コメント (0)

2010年01月14日

ケンマ草の帽体とクマ次郎のお手伝いは続く

100114_1_blog.jpg

羽飾りの続き。差し色にヴィヴィッドなブルーの羽を入れました。ぐっと華やか、きゅっと締まる感じになります。

100114_2_blog.jpg

膝の上のクマ次郎、ふわふわ動く羽もそれはそれは気を引く代物でしょう。こちらがぼやぼやしていたらむんずと掴んで口に近づけようと必死。

banner.gif←ぎゃ〜、ヨダレがっ!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:52 | コメント (0)

2010年01月13日

ケンマ草の帽体とクマ次郎のお手伝い

100113_1_blog.jpg

いよいよ帽子本体に羽を飾り付けます。まずは細かい…ゴミみたいな…羽の切れ端を一面に撒き散らしたように。糸で縫い付けたら逆に汚くなるので、これはほんの少しのボンドで接着。

100113_2_blog.jpg 100113_3_blog.jpg

ポカポカの昼間は仕事場に良く陽が入ります。ひなたぼっこも兼ねクマ次郎を膝にのっけての作業…しかーし、最近すぐに手が出るのでこちらも安心出来ません。

banner.gif←ぎゃ〜、帽子がっ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:43 | コメント (0)

2010年01月08日

帽子の羽飾り

100108_blog.jpg

ケンマ草の帽子の飾りは蔓やドライフラワーなどで全体をナチュラルにしたいと師匠に相談したら「ナチュラルな帽体だからこそ、飾りはもっと賑やかにしましょうね」と羽を手渡されました。今回作っている帽子は月末のショウのため、ですから会場での見栄えも考慮しこのような提案になったのでしょう。それにしても羽飾りか…あまり使わない素材なので使いこなせるかどうか?

banner.gif←点々の羽はホロホロ鳥です。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:17 | コメント (0)

2010年01月07日

ケンマ草の帽体とクマ太郎のお裁縫

100106_blog.jpg

ケンマ草の帽子の進化は更に続きます。ボリュームを出すためにシマナイをクシュクシュとさせて数カ所縫い付けました。シマナイは夏の帽子に使う素材で、バナナにそっくりで同じバショウ科に属する植物・アバカの木の中心にある細い繊維を織った生地。日本ではマニラ麻とも呼ばれるこの素材はフラワーアレンジメントやラッピングで見ることも多いかもしれません。そんなことをしているかあちゃんの側にやってきて「クマちゃんもやりたい!」前に怪我もせずに上手に出来たこともあったので、今日はもう心配もせず針に糸を通して「どうぞ」と渡すともくもくとエプロンを縫って団子状に仕上げました。実は今日は仕事の約束をすっぽかすという大失敗をしてしまい午後はそのフォローで大わらわ。相手あっての仕事なのに…なんとかお許しいただいて、今後は更に誠意を持って仕事しないと。良い帽子を作って喜んでいただかなければなりません。

banner.gif←猛省!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:33 | コメント (0)

2010年01月05日

ケンマ草の帽体の進化

100105_blog.jpg

夏前に完成させたケンマ草の帽体が嫁に行きそびれてまだ家におります。そこで再び売り出そうと、以前のすっきりしたイメージを払拭すべく進化中。つばを手でひねってつまんで遊び心溢れるディテールに。

banner.gif←飾りはどうする?

投稿者 あずさ*cheera* : 14:05 | コメント (0)

2009年12月16日

さらにベレーのキャスケット

091216_1_blog.jpg

手直しのつばのパターンに合わせ数種のつばをこしらえたものの、なかなか制作は進みません。

091216_2_blog.jpg

色数の豊富なベレーなのでこうやってあれこれ色の組み合わせを楽しめます。真っ黒は実母のオーダー、ピンクは自分で被ろうか?今日は師匠のところでの帽子研究日の年内最終日。来年も良いことがたくさんあるようにと師匠に握手してもらいました。傘寿を越した師匠ですが矍鑠(かくしゃく)と例えるのがはばかられるくらいの若々しさ、頭の柔らかさ。そしてその手はびっくりするほどしっとりと優しく私の手を包み込んでくれました。仕事をしている手なのに。この柔らかい手で素晴らしい帽子を生み出すのかと、変なところに感心してみたり。

banner.gif←来年も励みます。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:19 | コメント (0)

2009年12月10日

ベレーの手直し

091210_blog.jpg

昨日のベレーのキャスケット、つばがちょっと下がり気味なのでどちらかというとカジュアルで活発な印象の帽子になりました。落ち着いた雰囲気にするにはつばをもうちょっと上向きにします。実母がこれの黒いのが欲しいというので急遽つばのバリエーションを増やしました。

banner.gif←お月さまみたいね〜とクマ太郎。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:22 | コメント (0)

2009年12月09日

ベレーのキャスケット

091209_blog.jpg

つばのついたベレー…というのは変だ、ベレーのキャスケット。ややこしいな。このベレーのキャスケットの飾りは切り落としたエッジを使って作りました。2センチ幅の切り落としをくるくる巻いてバラのように、もうちょっと細く切ってつるのように。これを葉の部分に縫い付ければ冬の暖かいキャスケットの出来上がり!

banner.gif←やっと完成。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:13 | コメント (0)

2009年12月08日

ベレーのそれからのそれから

091208_blog.jpg

ベレーのエッジを使ってつばを作りもうひとつのベレーにくっつければ軽くて暖かいキャスケット。もちろんそのままでは殺風景なのでピンクの方を葉っぱのような形に切り抜いて裏から焦げ茶の残りを当てて端をミシン…簡単なモラ刺繍のように。上から重ねるアップリケでも良いけれどちょっとひねればまた別の面白さが。

banner.gif←あともう少し!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:02 | コメント (0)

2009年12月05日

ベレーをじょきじょきして、それから

091205_blog.jpg

雨の土曜日。台所の掃除をしたり、クマ次郎を実母に預けて旦那とクマ太郎と3人で「カールじいさんの空飛ぶ家」を観に行ったり。夜は全然進まない帽子の仕事…先日のベレーの続きをしてみたり。チェコ製ウールのベレーはもちろんこのまま被ることも出来るけれど、帽子屋がそれでは格好がつかないのでいろいろ手を加えてみたりしなければ。チェコの人の頭が小さいのかどうかは不明ですが、このベレーは頭のサイズが少し小さい。もちろんウールなので多少は伸びるものの今回はそれでは厄介なので頭周りのエッジの折り返しをほどきました。しかしフェルトしてあるウールにミシン糸がのめり込んでいて、その糸を探りながらリッパー(糸切り)で切るのもかなり難しい…うっかりすると本体に傷を付けて穴が開いちゃった〜てな事件も。ちょっと乱暴ではありますが数センチほどいたら、あとは指を入れてブチブチ破くようにほどいていくのがいいように思えます。

banner.gif←それからどうなる?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:41 | コメント (0)

2009年12月02日

ベレーをじょきじょき

091202_blog.jpg

ベレーは慣れないとなかなか被るのが難しいので敬遠される形ですが、この秋のデパートの帽子売り場は珍しくベレーがたくさん並んでいます。客のふりを装って店員に「ベレーが流行るんですか?」と聞くと「そうですねぇ、でもメーカーが流行らそうとしているっていうのもあるんですよ」と暴露発言。事情はいろいろあれど、色や形のバリエーション豊かなベレーが行儀よく並んでいる様は可愛いもんです。こちらもまんまと誘惑され、早速ベレー素材をああだこうだといじくり始めました。

banner.gif←ちょきんと切ってどうする?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:57 | コメント (0)

2009年11月22日

チャイナ風味の帽子展@南池袋・梅舎茶館

091122_1_blog.jpg

南池袋公園のほど近くに、ここはアジアの路地裏か…?と思わせるような
怪しげな階段。

091122_2_blog.jpg

そこを上ると中国茶を味わえるこぢんまりとした梅舎茶館。その店内で帽子研究会の仲間の原田紀さんの帽子と雑貨の展示があるというので、クマ太郎を旦那に&クマ次郎を実母に預けて寒い小雨の降る夕方にささっと出掛けてまいりました。よくあるカフェ&ギャラリーを想像していたら店内を間借りしての展示、この椅子もテーブルも普段は客席なんだそうだ。彼女が香港・台北・上海で見つけた布やモチーフをバッグやアクセサリーなどの雑貨に仕立てて、フェルトやベレーの帽子を並べた可愛い展示会です。純粋に彼女の独特のセンス溢れる帽子を楽しめば良いのに、ついつい制作過程やコツなど専門的な方向へ…作家を質問攻めにして感心することしきり。しゃべるだけしゃべって帰ってきましたが面白いお店を教えてもらいました。今度は中国茶を楽しみにこっそり行ってみようっと。

banner.gif←帰りはデパ地下でちょっと総菜買って帰宅、ぴったり1時間半のお出掛け。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:45 | コメント (0)

2009年11月17日

グログランリボンのバラ

091117_blog.jpg

グログランクロスの帽子の飾りにグログランリボンでバラを作ってみました。今はあまりこんなかっちりとした飾りは流行らないようですが、でも今までとは違った味わいの帽子になるのではないかと試してみるところ。

banner.gif←ちまちまと楽しい作業。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:42 | コメント (0)

2009年11月04日

帽子の修行

091104_blog.jpg

クマ次郎を実母に預けて久しぶりに帽子の勉強に行きました。ここ数ヶ月ですっかり遅れをとってしまい、皆が春夏の帽子を仕上げている傍らでこちらときたら試作の帽子を師匠に手直ししていただきパターンの修正で一日が終わってしまう有様。でもそれだけでも良かった、この場にいるだけでも刺激になるし。なるべく休むことのないよう、続けられますように。

banner.gif←励みます!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:37 | コメント (0)

2009年11月02日

ドリームワーカー!

091102_blog.jpg

昼間は家事雑用で帽子の制作はとうとう子供の寝静まった夜更けになってしまいました。新しいパターンでの帽子です、仕上がりは如何に?
常々思っていることですが…私のように在宅で仕事をしている人間が家事育児などで自分の仕事が夜中にずれ込んだ場合、これは残業というのかどうか?いやその前に、労働時間が決められているものではないから時間外労働も何もないか。一日中聞いているJ-WAVEの夕方4時半〜8時までの番組 GrooveLine、そのバカバカしさに刺々しくなりがちな夕方の忙しい時間もつい笑っちゃったり。で、7時半頃のコーナーが今日の日記のタイトルの「ドリームワーカー」、残業中の人に電話をかけて愚痴やら何やら聞きながら徐々におだてて最後に「オレは残業してるぜー!ドリームワーカー!」と叫ぶ…というただそれだけなのですが、しかし世の中にはいろんな時間にいろんな仕事をしている人がいるもんだなと思います。しかもラジオに電話出演するくらいなので毎日出てくるの残業族の方々は「いやぁ、まいっちゃいますよ」なんて嘆きながらもかなり明るい。臨床検査の仕事の話が途中からどこの病院の看護婦さんの白衣が可愛いなんて話で盛り上がったり…ナビゲーターのピストン西沢の話術の巧みさもですが…とにかく。後回しになった夜中の制作も「あ〜あ…」なんて溜め息つきながらだと陰気な帽子に仕上がるかもしれないので、そんな時は「ドリームワ〜カ〜!」なんて心の中で叫んじゃったりすれば明るく楽しく仕事もはかどるんでしょうね。

banner.gif←つまりは気持ち次第。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:23 | コメント (2)

2009年10月07日

すっぽりかぶる秋の帽子

091007_1_blog.jpg

飾りはまだついていませんが昨日作っていた帽子の本体の出来上がり。下がりブリム(つば)のすっぽりゆったり被る帽子なので顔が小さく美しく見えます !? 日除けというと夏の麦わら帽子のようにとにかく横に広がったつばでないとダメじゃないかと思われがちですが、このような下向きのつばでも日陰を作るので「帽子が苦手でも日除けに欲しい」という方には良いかもしれません。

091007_2_blog.jpg

色違い。生地はグログランクロス、真夏以外はどの季節でも。

091007_3_blog.jpg

台風の影響で少々遅れたものの無事に飛行機も羽田に着き、大江戸線豊島園駅に降り立ったクマ太郎。9日間の鹿児島留学はとっても楽しかったようです。

091007_4_blog.jpg

隣の太公望のおじさんからイナダも届く。もちろん刺身、旦那が喜ぶぞ!

banner.gif←盛り沢山な一日でした。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:05 | コメント (0)

2009年10月06日

帽子作りを見守るクマ次郎

091006_1_blog.jpg

裂き織のバッグにうつつを抜かしている場合じゃない、帽子作らなくちゃ!帽子!冬の帽子のために新しいパターンをこしらえて…

091006_2_blog.jpg

ミシンは快適この上無し。

091006_3_blog.jpg

もちろん仕事はクマ次郎の寝てる間に…とはいっても彼も一日中寝ているワケではない。愚図った時のためにボヨンボヨン椅子をアイロン台の前に持ってきて、あやしながらの仕事です。クマ次郎、短い間ですがガラガラを上手に持てるようになってきました。

banner.gif←目の前で「ほげ〜ほげ〜」と泣かれながらの仕事にもすっかり慣れた。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:33 | コメント (0)

2009年07月15日

ホースヘアーの飾り(帽子のリニューアル)

090715_blog.jpg

クマ太郎は鹿児島へ。送り出したその後は早速帽子の研究会に出掛けました。夏に重宝しているブレードのかなりつば広の帽子、夏になると大活躍ですが毎年同じ飾りだと飽きるし帽子もくたびれるので本日はリニューアルの巻!昨年の黒いレース飾りをとっぱらって幅広のホースヘアーを巻き付けてああでもないこうでもないとこしらえていたら、隣から師匠が一言「そんなに大雑把にしないで」。とほほ。結局師匠に手取り足取り教わらなくてはなりませんでした。その結果がこれ、手慣れた無駄のない手さばきに感嘆するばかり。

banner.gif←しかーしこの帽子、何処に被って行くのかな?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:43 | コメント (0)

2009年06月22日

オックスフォードのハンティング

090622_blog.jpg

さほど珍しくもないオックスフォード生地でハンティング。目は粗いけれど柔かく、丈夫でシワがつきにくく通気性も有り…といった特徴を持ち、ボタンダウンシャツでお馴染みのこの生地はカジュアルになり過ぎるので帽子にはちょっとどうかな?と今まで使わなかったもの。ですが今回は挑戦!ちょっと可愛らしくしてみようとベージュとピンクのツートンカラーにしてみました。なかなか良い感じ?

banner.gif←もう少しで完成!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:18 | コメント (0)

2009年06月19日

ノスタルジックな…

090619_blog.jpg

サラッとした手触りのノスタルジックなプリント生地。これでつばの広い帽子も素敵ですが今回はベレーにしてみます。

banner.gif←ちょっと地味かな…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:57 | コメント (0)

2009年06月17日

ブレードの犬帽子

090615_blog.jpg

昨日のブレードの続きでこんな可愛い帽子を。マルシェで一緒に活動しているケンジタマヲさん作の子供帽子、もちろんクマ太郎へのプレゼントとして帽子屋の母ちゃんが帽子を買ってあげました。彼は日頃は商品としてのブレード帽子を工場で縫う腕の良い職人ですが作家としてもなかなかユニークな帽子を作っていて、最初に作家と作品に会ったときに一目惚れしたゴーヤ帽子に引き続きの我が家のタマヲコレクション。ブレードという特徴のある素材を知り尽くしたタマヲさんのセンス溢れる子供帽子です。クマ太郎にはまだちょっと大きいようですが、いずれ…続けてクマ次郎も…夏のお出かけの必須アイテムになることでしょう。しまった!まだ代金を支払ってない!ごめん、タマヲさん!

banner.gif←すぐ入金します…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:50 | コメント (0)

2009年06月16日

麻ブレードの帽子

090616_blog.jpg

火曜日は徳島へ!今日の課題はソフト風の帽子でしたが、受講生の皆さんが盛り上がったのは繊維を紐状に編んだブレードで作った帽子だったような。こちらは今回の講座最後の課題、太いブレードなら自分自身でぐるぐる縫いながら帽子の形を作っていくのもまた楽しい作業ではあるものの何しろ時間がかかるので、今回はブレード作家(職人?)の知人にパーツを縫ってもらい講座では組み立てて飾りを付けて出来上がり!のお手軽お気楽コースにする予定。その際、お願いするブレード作家が細い麻のブレードの色・クラウンの形・つば幅・サイズのセミオーダーを引き受けてくれたので、講座の時間内にオーダーシートへの記入をお願いしたところ作業そっちのけ?でサンプルと睨めっこしながらの熱心な品定めが始まった次第。これは私のこしらえた完成品見本。皆さん、新しい素材の帽子を楽しみにして下さっているようで、こちらも本当に嬉しい限りです。

banner.gif←そして今日も日帰り〜、クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:00 | コメント (0)

2009年06月10日

ブレードの帽子

090610_blog.jpg

ソフト風のブレード帽子の揃いでこんな帽子もこしらえてみました。夏っぽい素材がさわやか軽やかです。つばのエッジが少し上向くように形作ったので顔が明るく映えるでしょう。

banner.gif←如何ですか〜?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:49 | コメント (0)

2009年06月09日

ブレードの帽子

090609_1_blog.jpg

090609_2_blog.jpg

「夏の装い」なので涼しげなブレードの帽子が一目を引くようです。この二つの帽子もお嫁入り。下はかなりシンプルに作りすぎて「これはどうなのか?」とあまり自信がなかった帽子でしたが、逆にこのスッキリが気に入られたようです。

banner.gif←お客さまも様々ですね、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:42 | コメント (0)

2009年06月03日

ブレードの帽子…ひなたぼっこのその後

090603_blog.jpg

ひなたぼっこしていたブレード帽体のまずひとつめは、ラフィアをぐるりと巻いてバークのコサージュを付けて出来上がり。このラフィア、マダガスカル原産のラフィア椰子という植物の葉の部分を加工した天然素材。ラッピングなどにも使われるので、けっこう目にする機会は多いかもしれません。

banner.gif←可愛い帽子になりました。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:07 | コメント (0)

2009年06月02日

野蚕糸のシルクの帽子、2種

090602_1_blog.jpg

090602_2_blog.jpg

野蚕糸のキャスケットに続き、ソフト風の帽子とCHeeRAの定番・つばが蛇腹になる帽子を二つ。これまた生地に助けられて雰囲気のある帽子になりました。

banner.gif←ソフト風の帽子はスカートに合わせるのも可愛いかも。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:09 | コメント (0)

2009年06月01日

帽子のひなたぼっこ

090601_blog.jpg

ようやく晴れた今日はベランダで仕事、ブレードというテープ状の素材を縫い上げた帽子に「糊」を塗って乾かしました。この「糊」、帽子の師匠から業務用のものを分けてもらっているもので合成樹脂系液体とでもいうのでしょうか…これを塗ることによって帽子の形が整えられて(固まる)艶が出ます。ただシンナーを溶剤とするので、クマ次郎がお腹にいる今は特に長い時間扱わないように注意、換気も万全に作業しました。手前はバーク(主に松の樹皮)のコサージュ、これも繊維がばらつかないように糊を塗って。写真には写っていませんがこの上には洗濯物も大量に干されています。

banner.gif←雨上がりはかあちゃんは洗濯で大忙し!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:30 | コメント (0)

2009年05月30日

ケンマ草の帽体、完成

090530_blog.jpg

ケンマ草の帽体はこんな風に出来上がりました。しっかりした素材なので広いつばを波打たせたりすれば、もっと雰囲気のある帽子になるでしょう。

banner.gif←帽体を買ってから構想2ヶ月、制作半月。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:57 | コメント (0)

2009年05月29日

ケンマ草の帽体、その後

090529_blog.jpg

ケンマ草の帽体の進行は遅々として進まず。今日はようやくエッジの処理を…細いブレードをぐるりと縫いつけて、端はほぐして長さを整えます。

banner.gif←いつになったら仕上がることやら…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:32 | コメント (0)

2009年05月28日

北欧テキスタイルの6枚はぎの帽子

090528_1_blog.jpg

090528_2_blog.jpg

昨日の続きで今度は6枚はぎの帽子を二つ、こちらの6枚はぎに比べるとトップも小さくかなり細めなので被る人を選んでしまうかもしれません。これで北欧プリントの生地もほとんど使い切りました。達成感!

banner.gif←でも可愛いのだ、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:58 | コメント (0)

2009年05月27日

北欧テキスタイルのカジュアルな帽子

090527_1_blog.jpg

090527_2_blog.jpg

昨年、自分の中でかなり流行った北欧のテキスタイル。個性的なプリントなので出来る帽子もかなり個性的…その生地がまだ残っていたのを発掘、発見した勢いでこんな帽子をふたつ。

banner.gif←そしてまだ生地は残っている…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:57 | コメント (0)

2009年05月26日

野蚕糸のシルクのキャスケット、完成

090526_blog.jpg

キャスケットの完成。すっぽり被る形は顔を縁取るちょっと大きめのつばで可愛らしくしてみました。こんな形の帽子でもこの生地でしたら、若い方からハイミセスの方に個性的に被っていただけるでしょう。

banner.gif←如何ですか?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:11 | コメント (0)

2009年05月25日

野蚕糸のシルクのキャスケット、途中

090525_blog.jpg

先日の野蚕糸のシルクでまずはキャスケット。別々に作ったクラウンとバイザーをくっつけて、最後に飾りを付ければ出来上がりになります。

banner.gif←もうすぐ!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:30 | コメント (0)

2009年05月24日

ラメデニムの6枚はぎの帽子の続き

090524_blog.jpg

先日の6枚はぎの帽子は、ラメ入りの生地に合わせてラインストーンのモチーフをくっつけました。こうなってくると楽しくなってきて、もっともっとくっつけたくなる性分、しかし加減も大切…今日のところはここでストップ。しばらくこのまま眺めてみて、それでもくっつけたかったらゴテゴテやってみます。

banner.gif←匙加減が難しい、クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:45 | コメント (0)

2009年05月21日

野蚕糸のシルクとタイのボタン

090521_blog.jpg

シルクは白い洗練された絹糸だけではありません。このざっくりした風合いの一見「麻?」と思われるような布もシルク。桑の葉を食べる家蚕(養蚕)に対し野蚕は桑以外の葉(クヌギ、カシワ、クリ、トチ、ブナなど)を食べるんだそうです…野生味に富んだ力強さとナチュラル感、さらっとした風合いが魅力。日本人の「わび・さび感覚」にぴったりフィットする素朴で自然な風合いをもった天然の絹織物でしょう。店頭で前から気になっていたこの生地をようやく購入…高いので今までどうしようかと迷い続けていたのだ…母のタイ土産のボタンと良く合うので、組み合わせて帽子を作る予定。

banner.gif←夏になるとこんな自然素材が特に気になります。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:28 | コメント (0)

2009年05月20日

ラメデニムの6枚はぎの帽子

090520_blog.jpg

先日の縫製途中の帽子の完成した形。チューリップハットの応用と勝手に位置づけているこの帽子は、トップがたっぷりしているのでカジュアルな形ながらご婦人方にも比較的被りやすい形かもしれません。ただし細面の方には少々ボリュームがありすぎるようなので注意。

banner.gif←飾りはどうしようか?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:26 | コメント (0)

2009年05月18日

ラメデニムの6枚はぎの帽子

090518_blog.jpg

明日の徳島帽子講座の課題は6枚はぎの帽子、チューリップハットの応用です。今年はケミカルウォッシュのデニムがリバイバルするというので最初はそんな生地を探そうと思っていたものの、しかしご婦人が多いこの講座ではもしかすると敬遠されるかもと考え直して、せめてせめてのラメデニム。さてどんな風に仕上がるでしょうか。

banner.gif←日差しの強い夏なのでこちらも光ってみよう!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:47 | コメント (0)

2009年05月14日

ヨーロッパリネンの帽子、その2

090514_blog.jpg

先日のヨーロッパリネンのつば広の帽子に引き続き、バージョン違いをもうひとつ。つばのサイドもちょっとだけ広げてクラウンはたっぶりと、コサージュには麻のレースリボンも添えて更にカジュアルな感じにしてみました。

banner.gif←ジーンズに被っても意外と可愛い。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:13 | コメント (0)

2009年05月13日

ケンマ草の帽体で

090513_blog.jpg

3月に買い込んだケンマ草の帽体、2ヶ月経ってようやく取りかかりました。クラウンはマニッシュにソフト風、ブリムは目一杯広くとってみるつもり。

banner.gif←どんな仕上がりになるでしょう。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:48 | コメント (0)

2009年05月12日

ヨーロッパリネンの帽子、その1

090512_blog.jpg

先日のヨーロッパリネンで作った帽子。このところ気に入っているつば広のパターンで、雑貨屋さんでのディスプレイをイメージしてみました。今日から徳島の21年度の帽子講座が開始!昨年は夏休み挟んで12回連続でしたが、今年はクマ次郎が出てくるので7月頭までの8回講座となりました。この帽子はそこでの課題も兼ねたというワケです。

banner.gif←皆さん、上手く作れたかな?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:28 | コメント (0)

2009年05月11日

タコ帽子?

090511_blog.jpg

風邪っぴきでこしらえた変な帽子。昨日までの第8回marche de chapeaux に展示していたその全体像がこれ。とりあえずこの形のままとっておきますが、あまりにどうしようもなくなったら解体して帽体を再利用することもあり得ます…。

banner.gif←可哀想かな〜…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:41 | コメント (0)

2009年05月07日

ヨーロッパリネン3種

090507_blog.jpg

この季節に良い生地はないかと探すものの、大抵は麻素材になってしまいます。今日引っ張りだしたのもナチュラルカラーのヨーロッパリネン3種(無地・縞・チェック)。今までシルクシャンタンの仕事が多かったので新鮮に感じます。これで普段使いの帽子をいくつか作ろうと、いろいろ思案中。

banner.gif←風邪は少し回復の兆候…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:31 | コメント (0)

2009年05月06日

フェルトの…変な帽子

090506_blog.jpg

一晩では風邪は治りません。今日もウイルスは絶好調!旦那は「休んでな」と優しく言ってくれるものの、ゴメン、やらなくちゃいけないことがある。先日のフェルトの帽子とボール、そして手持ちのウッドビーズでこんな顔、いや、こんな帽子をこしらえました。病身に鞭打って作らなくちゃいけないものがこれか !? と問われると答えに窮しますが…帽子の全体像は後日ご報告。

banner.gif←この帽子、クマ太郎はあまり好きでないようだ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:31 | コメント (0)

2009年04月27日

フェルトの帽体とボール

090427_blog.jpg

昨日までのカジュ祭で手に入れたもの。フェルトのボール。黄色いフェルトの帽体があったのでそれの飾りにしようと選んできました。ふわふわボールはそのままでも可愛いけれど、帽子屋ですから帽子にくっつけて変身させてみます。

banner.gif←冬の黄色は素敵!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:45 | コメント (0)

2009年04月20日

夏の黒の麦わら帽子

090420_blog.jpg

そして小振りのつばの黒の麦わら帽子にもホースヘアーの飾り。カジュアルに被ってもステキでしょう。

banner.gif←ホースヘアーはなかなか面白い。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:39 | コメント (0)

2009年04月19日

夏のピンクの麦わら帽子

090419_blog.jpg

先日の帽子はこんな感じになりました。あぁ。一体どんな人が被ってくれるのだろう、この帽子。

banner.gif←作っているときも優雅な気持ち。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:37 | コメント (0)

2009年04月17日

帽子の飾りにホースヘアーを…続き

090417_blog.jpg

飾りをつけるにはその本体の帽子がなければお話にならない。そこで3つほど夏の帽体を用意しました。サーモンピンクのつば広の帽体はエッジにワイヤーを入れて波のようにカーブをつける予定。今日の午後は帽子に糊を塗ったりしていたので少々シンナー臭い…お腹のクマ次郎がびっくりしていたかもしれません。

banner.gif←さて飾り付け、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:50 | コメント (0)

2009年04月16日

帽子の飾りにホースヘアーを

090416_blog.jpg

今まで敬遠していたホースヘアー…その名の通り馬の尻尾の毛をファブリックにしたもので深みのある光沢と丈夫さは高級ファブリックの素材として使われてきているもの。帽子の材料はナイロンなどの化繊ですが、その艶やかさと張りは帽子の飾りにすればよりエレガントな雰囲気を増すもの。ここで一念発起して取り組んでみます、新しい課題はなかなか手強い…。

banner.gif←上手く言うことを聞いてくれるか?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:38 | コメント (0)

2009年04月15日

ストライプパッチワークの帽子

090415_blog.jpg

先日のパッチワークはこんな帽子になりました。サイドクラウンの縦のストライプの強さが良いのか悪いのかは被る人次第ですが、たまにはこんな個性的な帽子も面白いと思います。

banner.gif←色とりどり、楽しいです!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:22 | コメント (0)

2009年04月11日

ストライプのパッチワーク

090411_blog.jpg

色見本でたくさん仕入れたシルクシャンタンの生地、そのままにしておくのはあまりにももったいないのでこんなことを始めました。色鉛筆を選ぶように引っ張りだしてミシンで繋げて全部で6パターンのストライプのパッチワークが出来上がり。

banner.gif←これが帽子になります。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:14 | コメント (0)

2009年04月06日

春の帽子3つ

090406_1_blog.jpg

090406_2_blog.jpg 090406_3_blog.jpg

シルクシャンタンで春の帽子。ちょっと変わったトップのイエローゴールドの帽子を含め、様々出来上がりました。

banner.gif←まだまだこしらえます!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:01 | コメント (0)

2009年04月02日

お花見の帽子?

090402_blog.jpg

バックにコサージュのついたピンクの帽子は「春!」といわんばかりの甘い雰囲気。たまにはこんな帽子も…しかし何処に被って出かけるんだ?

banner.gif←帽子屋がそんなこと言っててはいけないが…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:56 | コメント (0)

2009年03月28日

春のサンプルの帽子

090328_blog.jpg

春らしい色の生地がたくさん、それで形が違う帽子をいくつか作ります。春夏の帽子は色も形も軽やか華やかで作っていても気持ちがいい。もちろん実際に被って下さるお客さまがいらっしゃれば、なお嬉しい。

banner.gif←全部で7つこしらえます、クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:45 | コメント (0)

2009年03月20日

水玉の帽子

090320_blog.jpg

春夏・秋冬とお世話になっている鎌倉小町通りのギャラリーミンネで、今月30日まで春夏のヨーロピアンモード&帽子展が開催中。帽子の作家が3名参加してミンネさんのセンスで集められたヨーロピアンモードに花を添えている…はず。水玉の帽子ともうひとつ揃いで作ったこの帽子も只今店頭に並んでいます。ただ…こうやって見返すと、この帽子の飾りはちょっとコロッとしすぎて帽子の雰囲気にそぐわないような気がしてなりません。

banner.gif←今更ですが…クリック…。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:29 | コメント (0)

2009年03月19日

夏のケンマ草の帽体

090319_blog.jpg

帽子材料屋のセールがあったので夏の帽体を買い込んでまいりました。ここしばらくの品々の値上がりは帽子材料にも及び、種類によっては2割以上の値上がりをした帽体も!これは比較的値頃な麻の一種のケンマ草の帽体、どんな形にしようか考え中。

banner.gif←まずは材料ありき、か?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:07 | コメント (0)

2009年03月17日

ピンクの春の帽子

090317_blog.jpg

投稿者 あずさ*cheera* : 11:01 | コメント (0)

2009年03月09日

シルクシャンタンがいっぱい!

090309_1_blog.jpg

090309_2_blog.jpg

これから仕事で頻繁に使うことになるだろうシルクシャンタン。それこそ50色ほどある中から幾つか選び、色見本を作ることに。工作は嫌いではないので、両面テープやカッターや定規を駆使してこしらえました。とはいっても生地も生もの、いつまでも同じものが手に入るとは限らず、たとえば反が違えば若干の色の違い・在庫無しで業者から取り寄せ…くらいだったら良いのですが、インドから取り寄せ3ヶ月待ち…も我慢しよう、欠番・製造中止と致命的な状況も無きにしもあらず。そんなことにならないよう祈るばかりです。

banner.gif←「定番」になるのは難しいようだ…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:07 | コメント (0)

2009年03月02日

水玉の布で

090301_blog.jpg

そして水玉の帽子が出来上がりました。バックの飾りはハギレでのダミー、本当はまだどんな飾りを付けようか決まっていません。私が作る帽子はあまり大きいリボンを付けないのですが、たまにはこんな感じもいいかなぁと思ってみたりしているところ。

banner.gif←自分が被るかどうかは別問題。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:45 | コメント (0)

2009年03月01日

水玉の布で

090229_1_blog.jpg

090229_2_blog.jpg

色違いでちょっぴりデザイン違いの帽子を同時進行で作ります。テロテロの生地は本来は扱いにくいものですが、今回は芯地を貼ってしっかりさせて縫製。だんだん形になってくる過程は面白いもの。

banner.gif←さて、もう少し!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:22 | コメント (0)

2009年02月28日

水玉の布で

090228_blog.jpg

服に合わせることを考えると帽子には無地が無難なところですが、それでも柄物は楽しいのであまり奇抜にならないように選んでみたりします。今回調達したグレイッシュなカラーの水玉、甘い水玉もこれくらいの色なら被れるかな?と。春から夏の帽子に良いかもしれません。

banner.gif←さてこしらえるか!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:09 | コメント (0)

2009年02月25日

ラメ!ラメ!

090225_blog.jpg

帽子屋は春になると忙しくなります。あちこちに帽子を出さなくてはなりません。しばらくオーソドックスな婦人帽を作っていたのでその反動か!?ラメのデニムを購入、その勢いでラメモチーフまで揃えてしまいました。このラメモチーフ、サンバの衣装などに使うんでしょうか…手のひら以上の大きさのものまでいろいろ揃っていましたから。さてこれらを使ってどんな帽子が出来るのやら?

banner.gif←そして何処に被っていくのか?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:15 | コメント (0)

2009年02月20日

帽子の展示@徳島

090220_1_blog.jpg

090220_2_blog.jpg

昨年、日帰り講義で訪れた徳島。12回にわたって帽子を作ったその成果を発表するスペースを短大の卒業制作展の会場に設けることになり、その展示の手伝いに久しぶりに徳島の地に降り立ちました。講義内で制作した帽子や自主制作した帽子が全部で40点近く集まり、こちらも皆さんがこれだけの帽子を作って下さったことに感謝しつつ、2時間かけて飾り付け。かなりすっきりした展示になりましたが、それだけに帽子をじっくり見ていただけるかな…とものは考えよう。受講生の何名かに再会も出来て嬉しい半日を過ごしました。3月には春期講習3回の開講が、5月からは21年度講習10回も決まり、まだまだ徳島上陸が続くことを感謝します!ところで同じ会場での短大生活科学科の卒業制作…え〜と…正直に申し上げますと、学生の皆さん。2年間は短いとは思いますが、その2年間の成果ならばもっと頑張れるのではないかと。何がやりたいのか・何がやりたかったのかが感じられない作品も多く、ちょっと淋しく思ったのは私だけはないでしょう。

banner.gif←ちょいと説教臭かったな…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:46 | コメント (1)

2009年02月19日

くるみボタン

090219_blog.jpg

帽子につけるコサージュの真ん中のくるみボタン。これも地道にひとつひとつこしらえます。くるみボタンのキットはいろんなものが売っているので手頃なものを購入し、それでパッカンパッカンとはめれば出来上がり。簡単に作れるので手元にこのキットを一組しておけば、作品のアクセントにも便利かもしれません。

banner.gif←しかし数が多いと飽きてくる…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:47 | コメント (0)

2009年02月17日

シルクシャンタンの帽子

090217_blog.jpg

次の納品はシルクシャンタンの帽子。今日はひたすら裁断。このシャンタン、フランス語か何か?と思っていたら中国山東省で織られたシルクの織物のことで、サントウ省→シャンタン省という「えーっ!」ってな語源。

banner.gif←風合いの良い生地です、クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:49 | コメント (0)

2009年02月14日

まだ縫いまくってます

090214_blog.jpg

出来上がった頭の部分とつばと裏地と合わせて帽子の形にします。この後、先日のサイズリボンをつけて、最後にコサージュの飾りをつけて出来上がりだ〜。

banner.gif←もうすぐのような、まだまだのような…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:07 | コメント (0)

2009年02月13日

縫いまくってます

090213_blog.jpg

そして裁断済みのパーツをひたすら縫いまくってます。今回の生地はグログランクロスというハリのある生地。適度な光沢があって見栄えがするものの、伸びが効かず縫いづらい…つばのエッジにワイヤーを入れる作業が思った以上に時間がかかります。

banner.gif←それでもひとつひとつやらなくちゃ〜、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:08 | コメント (0)

2009年02月12日

サイズリボンだけ

090212_blog.jpg

4日間、山の空気を吸ってリフレッシュしたら気分一新でさぁ!仕事だ!今日は頭周りにつけるサイズリボンにCHeeRAと品質表示のタグを縫い付けて用意。地味な流れ作業は続きます。

banner.gif←しかしいっぱいあるなぁ。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:09 | コメント (0)

2009年02月07日

コサージュだらけ

090207_blog.jpg

花弁部分の真ん中にくるみボタン、ループ2本をくっつけてまとめた帽子の飾りのコサージュがどっさり。帽子本体が出来たらこれを最後にくっつけて出来上がりになります。

banner.gif←その本体はこれから!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:16 | コメント (0)

2009年02月06日

母さんが夜なべして〜

090206_blog.jpg

クマ太郎を保育園に預けて在宅で仕事している…とは言っても、昼間に家にいるとなかなか仕事だけ!という訳にはいきません。保育園の行き帰りに買い物してみたり、洗濯物を干したり入れたリ、掃除したり、帰宅早々にお腹空いたというクマ太郎のために夕方早めに食事の支度をしたり。昼間の実質仕事時間は4〜5時間でしょうか。制作が忙しい時はそれだけではとてもとても間に合わない、ので、今晩も夜なべのかあちゃん頑張るの巻。今晩は帽子につける飾りを作っています。

banner.gif←目の下のクマが哀れなので、顔は出しません。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:16 | コメント (0)

2009年02月04日

裁断しまくってます

090204_blog.jpg

早速新しいアイロン台が大活躍。これからしばらく注文の帽子を70個ほど作るので、流れ作業で仕事を進めます。今日は裁断、ひたすら裁断。あまり用丈の要らない帽子とはいえ、これだけの数になると生地も相当な量必要です。(材料費もかかる!)

banner.gif←腕が痛いぜ!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:18 | コメント (0)

2009年02月03日

新しいアイロン台を買いました

090203_blog.jpg

設備投資は大事だとわかっていても投資額が回収できるかどうか考えるとなかなか踏ん切りがつきませんが、私にとってのそれはアイロン台。家庭用の大きさだったので仕事をするには少々手狭で、以前から大きいものに変えたいと思いながら今まで騙し騙し使ってきました。が、昨年から仕事が増え(まぁ!嬉しい!)、これは自ら奮起鼓舞するためのメンタルな投資でもある!と90×60センチのものをようやく設置。あぁ、やっぱり使いやすい〜。今まで小さいところでアイロンをかけていたのが信じられない〜。これで仕事がはかどるだろうことを祈ります。

banner.gif←祈る前にさっさと仕事しろ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:50 | コメント (0)

2009年01月30日

簡単コサージュの秘密

090130_blog.jpg

ループと合わせて帽子につければ、簡単でも立派なコサージュに変身!凝ったものじゃないとダメなんてことはない、と思ってみたするのは凝ったものが作れないからか…。

banner.gif←出来上がり!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:03 | コメント (0)

2009年01月29日

簡単コサージュの秘密

090129_1_blog.jpg

090129_2_blog.jpg 090129_3_blog.jpg

帽子に飾りをつけます。重宝している簡単コサージュ、円く切った生地をてるてる坊主がすぼまったようなカタチに縫い縮め広げます。

banner.gif←続きは明日、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:58 | コメント (0)

2009年01月28日

シルクシャンタンの春の帽子

090128_blog.jpg

先月の黒い帽子の色違い、ガラッと春らしくピンクとベージュのインドシルクシャンタンです。いままで黒い帽子ばかりだったので華やかな生地を見ているだけで明るい気持ちに…春夏の帽子を作る楽しみのひとつがこのワクワク感かもしれません。

banner.gif←そんな自分は夏も黒い帽子ばかりだが。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:51 | コメント (0)

2009年01月10日

サンプル帳のこと

090110_blog.jpg

帽子で使う生地もいろいろで、裏地や接着芯やサイズリボンは定番のものを決めて(しかも白黒のみ)使っています。駆け出しの頃は生地に合わせて裏地を変えたりリボンの色も揃えたりしたこともあったのですが、仕事となるとコスト・調達の手間・在庫管理も馬鹿にならず…それでも展示会のディスプレイ効果を狙った帽子などは面白がってステッチのミシン糸の色まで凝ってみたりすることもありますが。普通はそんなところに気が付かないそんな作者の自己満足をそれでもたまに言い当てる人もいて、そうなると「お見事!」と会話も盛り上がったりします。さて、生地に関しても店頭でその場限りの出もの(けっこう面白いものや掘り出し物が見つかる場合多し)を探すのも楽しいもの。しかしコンスタントに使うものはサンプル帳で確認しながら調達しなければなりません。左はベレー・右はグログランの生地の色見本。実際に被る帽子となると使う色は限られてきますが、優しいパステルカラーや鮮やかな色を見ていると妙にうずうずしてきます。

banner.gif←でもやっぱりショッキングピンクの帽子は被れない…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 10:06 | コメント (0)

2008年12月26日

グログランの帽子

081226_1_blog.jpg

先日のシルクシャンタンの帽子を生地違いで作りました。これはグログランクロス。生地がしっかりしているので出来上がりの雰囲気もだいぶ違います。

081226_2_blog.jpg

飾りの部分のアップ。

banner.gif←年末の気分が全くしない…、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:28 | コメント (0)

2008年12月17日

帽子の出来上がり

081217_blog.jpg

こちらはふんわり作った共布の花飾り、前の帽子とつばの傾きは同じですが幅が広い…それだけでだいぶ印象もかぶり心地も違います。

banner.gif←さて一仕事終わった。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:55 | コメント (0)

2008年12月16日

ぐるりとつまんで

081216_1_blog.jpg

081216_2_blog.jpg

今度は頭の周りをぐるりとつまんでミシンをかけて、こんな感じになりました。

banner.gif←さて飾りはどうしよう?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:14 | コメント (0)

2008年12月15日

飾りをつけて

081215_1_blog.jpg 081215_2_blog.jpg

生地を両面接着芯で張り合わせ、花のカタチに切り抜いてエッジにステッチ。真ん中の穴の周りをぐし縫いして縮めます。

081215_blog.jpg

真ん中に共布でくるみボタン、帽子にくっつけて出来上がり!

banner.gif←さて次の帽子は…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:55 | コメント (0)

2008年12月14日

細かくつまんで

081214_blog.jpg

帽子の頭の部分、細かくつまんでミシンでちまちま縫います。

081214_1_blog.jpg 081214_2_blog.jpg

たくさんのタックが出来ました、ひっくり返して表はこんな感じ。生地はシルクシャンタンです。

banner.gif←さて続きは?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:11 | コメント (0)

2008年12月09日

ベレーが冬の帽子に変身

081209_1_blog.jpg 081209_2_blog.jpg

真っ二つにしたベレーの上半分。エッジを少しつまんで縫ってお皿のように縁を上げます。そこに合成スウェードで縫ったサイドクラウンを合わせてクラウンの出来上がり。

081209_3_blog.jpg

ベレーの下半分と合成スウェードのつばを中表にして縫ってひっくり返しクラウン部分と合わせると、ベレーが冬の帽子に変身!耳まですっぽり被れて暖かく、しかも軽いのでこれは重宝しそうです。

banner.gif←シワにもなりません。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:07 | コメント (0)

2008年12月08日

ベレーが真っ二つ

081208_blog.jpg

ベレーを使ってまた何かこしらえようと、今度は上下で真っ二つ。

banner.gif←さてどうなる?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:24 | コメント (0)

2008年12月06日

ベレーにステッチかけてクシュクシュさせて

081206_1_blog.jpg 081206_2_blog.jpg

081206_3_blog.jpg

(写真では解りづらいのですが)ステッチをかけると小さい穴から下に重ねた色違いの布がちらりと見えます。ベレー本体はこれで完成。切り抜いたハギレをカタチ良く切ってステッチをかけて葉っぱと花のようにクシュクシュさせて糸で止め付ければ、ベレーのアレンジが簡単に出来上がります。てっぺんの模様は今回はグリンに合わせて葉のようなカタチにしましたが、赤でハートにしてもカラフルな水玉にしても自由に絵を描くように遊べば楽しいのではないでしょうか。

banner.gif←あっという間に出来上がり!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:10 | コメント (0)

2008年12月05日

ベレーを切って穴を開けて

081205_1_blog.jpg 081205_2_blog.jpg

081205_3_blog.jpg

帽子の材料として使うウールのベレー(これはチェコ製)。このままでももちろん被れますが、ここはひとつちょっとばかり手を加えてみましょうかと脳天をジョキジョキ。切りとったそのまわりをぐるり、小さい穴を開けます。色違いのグリンのベレーを切り抜いたものよりひとまわり大きく切って後ろからあてがってまち針で仮留め。

banner.gif←続きは明日、クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:59 | コメント (0)

2008年11月19日

刺繍入りのオーガンジー

081120_blog.jpg

春夏の生地を探していて見つけたのが刺繍入りのオーガンジー。ちょっとお洒落じゃないですか!帽子の仕事のプレゼンでも相手方は好感を持って下さったようでした。既に街はクリスマスに突入、この生地で冬の小物を作るのも面白いかもしれません。

banner.gif←クリスマス…まだ1ヶ月も先だけど!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:20 | コメント (0)

2008年11月18日

秋らしく冬支度の帽子

081118_1_blog.jpg

光が丘の銀杏並木。1ヶ月前に比べるとさすがに色づいて手前の樹はだいぶ葉を落としています。が、奥の方にはまだまだ青い葉がどっさりの樹も…この季節感の無さ!

081118_2_blog.jpg 081118_3_blog.jpg

石畳のようなウールの生地、よくよく観察すると黒い部分は透けたニット。暖かいんだか涼しいんだかよくわからない生地、一体これをデザインした人は何に使うつもりだったんだろうか。まぁ、帽子を作るには困らないので(冬服が透けてたらちょっとセクシーでだいぶ寒いけど)小さいつばのついたすっぽり被る帽子を作ってみました。なかなか可愛い、耳まで隠れるので自転車の時に重宝しそうです。

banner.gif←自画自賛。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:29 | コメント (0)

2008年11月12日

ちょきちょき型紙

081112_blog.jpg

新しいつばのパターンを作っています。冬用の帽子、キャスケットとクロシェの真ん中くらいのもの(ってどんなものだ?)を、手持ちのいくつかのパターンを参考に広げたり狭めたり伸ばしたり引っ込めたり。左右対称になるようにトレースしてちょきちょき…新しいパターン作りはワクワクしながらも面倒半分、しかーしこれが自分のオリジナルになるんですから多少の手間は我慢しなくちゃなぁ。

banner.gif←早速サンプルも作ろう!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:52 | コメント (0)

2008年11月07日

大きいリボンの帽子

081107_blog.jpg

私にしては珍しい大きいリボンの帽子。広いつばにちんまりとついているのはバランスが悪かろうと幅も長さもたっぷりさせた結果です。生地がシンプルモダンなので、甘くなり過ぎない大人の可愛いになったのでは?と自分では思っているのですが。

banner.gif←大人のリボンもなかなか奥が深いぞ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:07 | コメント (0)

2008年11月02日

麻のふわふわ帽子

081102_1_blog.jpg

081102_2_blog.jpg

夏に仕入れた北欧のファブリックの中の薄手の麻地でふんわりしたトップの帽子をこしらえました。今回の展示会のために作った最後の帽子はつばも広く、爽やかでしかも軽い…高原の避暑地ってなイメージでしょうか。つばにタックやギャザーをよせるだけでだいぶ雰囲気が変わるので、同じ生地で揃いの帽子を作るときには便利なテクニックです。

banner.gif←しかし来年の春まで出番がない!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 12:26 | コメント (0)

2008年10月29日

着せ替え布の帽子・続き

081029_1_blog.jpg 081029_2_blog.jpg

左・いつもは黒のサイズリボンを付けますが今回はカラフルなプリント生地に合わせてピンクのグログランリボンを…表からは見えない部分ですが、これだけでもぐっと「特別な帽子」の雰囲気が増すような。右・トップをふんわりさせた帽子本体の出来上がり。

081029_3_blog.jpg

飾りも着々と出来上がってきています。花模様に合わせて切り抜いてコサージュ?をいくつか、そしてバイアスに切った布をひたすら縫い縮めてこれは頭周りの飾りに。

banner.gif

投稿者 あずさ*cheera* : 23:21 | コメント (0)

2008年10月28日

着せ替え布の帽子

081028_1_blog.jpg

引っぱり出した着せ替え模様のプリント生地、本日ようやくとりかかりました。つばの部分を切り抜いて縫ったのが良くわかります。つば幅15センチの夏の帽子、昨日まで真っ黒な生地をひたすら縫っていたのとは気分がずいぶん違います。

081028_2_blog.jpg

花模様の部分を切り抜いて、これも帽子の飾りに使います。時間をかけて手をかけて自分で染めた長さ2m近い生地をザクザク切ってもったいない気もしましたが、このまま押し入れで朽ち果てるなら帽子にしてしまえ〜!と自らを奮い立たせてハサミを入れました。

banner.gif←帽子屋は度胸!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:33 | コメント (2)

2008年10月27日

レースの生地の帽子・完成!

081027_blog.jpg

いろいろ考えながらではありましたが、ホースヘアーのシンプルな飾りを付けてまずは出来上がりの巻。ホースヘアー、本物は馬のたてがみを使用した高級で丈夫な素材ですが、帽子の材料はもっぱら合成もの。それでもしなやかで弾力性があって光沢もあるので、ちょっと高級な感じの帽子に使う素材という感じがします。

banner.gif←完成してやれやれ、カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:24 | コメント (0)

2008年10月26日

レースの生地の帽子・もうひとつ

081026_1_blog.jpg

081026_2_blog.jpg

レース生地の帽子は揃いでふたつ作ります。クラウン部分は全く同じ形・つばも同じシルクシャンタンを使いますがガラッと雰囲気を変えようと細かくタックを寄せてみました。こちらもまだ仮留め状態、これから裏地とサイズリボンを付けて本体完成になります。

banner.gif←自分でも仕上げが待ち遠しい!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:32 | コメント (0)

2008年10月25日

レースの生地の帽子・その後

081025_1_blog.jpg

081025_2_blog.jpg

さんざん迷っていたレースの帽子のつば裏
はシルクシャンタンで。つるっとした生地より、不規則なネップが地模様の独特の風合いのこの生地の方がざっくりとしたレースに合うのではないかと思い決定。このあと裏地とサイズリボンをつけて帽子本体は完成です。

banner.gif←3日間お休みだった帽子制作再会!急げ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:32 | コメント (0)

2008年10月20日

レースの生地の帽子・製作中

081020_blog.jpg

先日裁断したレース生地の縫製が途中まで出来ました…が、つば(帽子の用語でブリムといいます)の表(もしくは裏)の生地がまだ決まらない。最初はジュート(麻袋によく使われている荒い生地)でとも思っていたのですが、このレース生地の光沢とジュートの毛羽立った感じがどうにもこうにもミスマッチで却下。ストックの生地をひっかきまわしてシルクシャンタンを出しましたが、結局無難な組み合わせになるのかなぁ〜と悩んでいるところ。

banner.gif ←決断しなくちゃ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:53 | コメント (0)

2008年10月14日

レースの生地で

081014_1_blog.jpg

ずいぶん前に帽子の師匠が下さったレースの生地。忘れていたワケではありません、どうしようかと構想想像熟考思考。夏の帽子にするのが妥当ですが、しかしレース。エレガントな帽子は当たり前なのでデニムやジュートと合わせてカジュアルな帽子にしようと思います。(しかしこのレース生地、裁断するとぼろぼろとレース糸が散らかって、作業が意外と大変)

081014_2_blog.jpg

こちらはストレッチのレース生地。20〜30センチ四方のハギレがたくさんなので、上手く収まるパターンはないかと探しています。

banner.gif ←どんな帽子が出来るかな?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 14:05 | コメント (0)

2008年10月09日

小花模様のテロテロ帽子

081009_1_blog.jpg 081009_2_blog.jpg

081009_3_blog.jpg 081009_4_blog.jpg

先日のフロッキー加工の花模様の生地は、クラウンが20センチ以上の高さがある帽子になりました。といってもテロテロの生地、くたっとするのでシェフの帽子のようにそびえ立つということにはなりません。そのテロテロくたくたを自由にいじればいろんな表情の帽子に変身、帽子好きのための上級帽子…かな?

banner.gif ←よろしくクリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:39 | コメント (0)

2008年10月06日

フロッキーの小花畑

081006_blog.jpg

昨日は「夏物の帽子をこしらえるぞ!」と意気揚々していたのに、はっと気が付けば今週の帽子講座用に秋冬物の帽子を作るのが先だった。今回選んだのはグレーの小花模様のフロッキーの生地。春にもフロッキー生地を使って帽子を作りましたが、今回はクラウンにギャザーの入ったつばの小さい帽子なんてどうでしょう?

banner.gif ←CHeeRAをよろしくカチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:22 | コメント (0)

2008年10月04日

北欧テキスタイルの地味派手な帽子

081004_blog.jpg

先日の続きでこんな帽子も作りました。地味なんだか派手なんだかわからないソフト風の帽子、くるみボタンも必要以上にくっつけて、この帽子を被る勇気ある方がいらしたら是非チャレンジしていただきたいものです。

banner.gif ←こちらをクリック!応援ヨロシクです。

投稿者 あずさ*cheera* : 06:32 | コメント (0)

2008年09月28日

北欧テキスタイルの小振りな帽子

080928_blog.jpg

昨日に引き続きさらに残った生地でつばの小さい小降りの帽子、てっぺんにタッセルをさりげなく?くっつけました。何を慌てて帽子を作っているのかというと、来週1日から鎌倉小町通りのギャラリーミンネで「秋・冬のヨーロピアンモードと帽子展」開催、そこに展示していただくための帽子を相変わらず締め切りギリギリになってこしらえていたというワケ。10月初めという暑いのか寒いのか予測のつかない時期なので、夏っぽいものと冬っぽいもの取り混ぜて20個以上を送りました。展示は全てお任せ、荷物を発送しいてやれやれ一息ついたところです。品良く並べられた北欧アンティークも充実のギャラリーミンネ、鎌倉に遊びに行かれる方は是非覗いてみて下さい。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:28 | コメント (0)

2008年09月27日

北欧テキスタイルのつばがじゃばらになる帽子

080927_1_blog.jpg

080927_2_blog.jpg

夏に手に入れた北欧のプリント生地がまだちょっと残っているので、つばがじゃばらになる帽子をふたつ。綿のプリント生地は夏のイメージですが今日のように良く晴れた日は9月でもまだ被れるかな〜…と思いつつ。このじゃばらの帽子は意外と評判がいいのです、嬉しいなぁ。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:20 | コメント (0)

2008年09月16日

小さい冬の帽子(そしてお茶会)@徳島

080916_1_blog.jpg

080916_2_blog.jpg

徳島帽子講義の最終課題はベレー風の帽子。今までさんざん夏物を作ってきたので、最後くらいは…と冬物にチェンジしました。前に犬用に小さな帽子を作ったNさん、今日も果敢に小さい帽子に挑戦!人間用の帽子に比べてその小ささがおわかりになるでしょうか。Nさんのすごいところは全くのフリーハンドで布を切って作り上げてしまうところ、それでも立派な小さい帽子が出来上がる不思議。帽子を教えている私にも真似出来ません。

080916_3_blog.jpg 080916_4_blog.jpg

講義後は美味しいケーキをいただきながらのお茶会、そしてみなさんから旬の鳴門金時のお土産までいただき無事全ての講義を終えることが出来ました。毎週笑いの絶えなかった講義は受講生の皆さんが良い雰囲気を作ってくれたから、「楽しかったです!」とお礼を言われるたびに感謝と反省とが入り交じった複雑な気持ちに。自分の帽子をちょっと上手に作れるようになればと師匠のところで勉強を始めたのがいつのまにか人様に教えるようになり、まだまだ試行錯誤続けながらの制作指導ではあるもののこうやって経験を積んで成長していかなければならないんだなぁと改めて思う次第。徳島のみなさん、3ヶ月半どうもありがとうございました。またお会いしましょうね。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:35 | コメント (0)

2008年09月11日

北欧テキスタイルのつば広の帽子

080911_blog.jpg

先日の帽子の飾りをちょこっといじってみたら…うーん、シンプルなままでもいかなぁ。つば広の帽子はつばの裏の面積も大事なデザイン、こんな大柄のプリントも楽しめます。

投稿者 あずさ*cheera* : 16:39 | コメント (0)

2008年09月08日

北欧テキスタイルのつば広の帽子

080908_blog.jpg

気に入って買った北欧のプリント生地もさっさと使わないと、秋も深まってきたら来シーズンまでしまい込んでそれっきりになる恐れが。残暑がぶり返してきたのをいいことに、思いっきり夏っぽい帽子をひとつ。頭まわりのベルトのような腹巻きのようなもの、このままにするかちょっといじってみるか検討中。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:44 | コメント (0)

2008年08月24日

北欧テキスタイルの6枚はぎの帽子

080824_blog.jpg

表はエッジに模様がくるようにしてみました。パターンを置いておおまかなイメージを描きながら裁断するものの、縫製後に現れる模様の出方は時に想像を超える面白さであったりそれほどでもなかったりといろいろです。今回は…80点くらいかな。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:28 | コメント (0)

2008年08月23日

北欧テキスタイルの6枚はぎの帽子

080823_1_blog.jpg

080823_2_blog.jpg

先日購入した北欧のプリント生地、6枚はぎのカジュアルな帽子にします。大柄の模様とくっきりした背景の黒地を帽子にどう配置しようか、ここが悩みどころでもあり楽しみどころでもあり。結局目立つ模様はつばの裏に、チラリ見えるようにしてみました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:25 | コメント (0)

2008年08月22日

帽子のワイヤー

080822_blog.jpg

帽子のエッジに入れるワイヤー。一昨年〜昨年あたりから形状が変わるプラスチック製のものが出たので、重宝して使っています。それまでは普通の真っ直ぐなワイヤーで済ませてきたもののエッジで表情を変えたりするのには少々物足りなく、かといって針金はうっかり濡れたりすると錆がでて帽子が台無しになってしまう…手持ちのワイヤーがなくなったので、一巻200mを調達してきました。張り切って買い込んだなぁ、帽子が200個出来る長さです。

投稿者 あずさ*cheera* : 05:18 | コメント (0)

2008年08月08日

クマ太郎の帽子

080808_blog.jpg

制作途中のクマ太郎の帽子。先に作ったもう一つの帽子先日の旦那の帽子と同じパターンだってところが、ちょっと面倒くさがりでしょうか。でも帽子にポケットつけたから許せ、クマ太郎。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:02 | コメント (0)

2008年08月07日

クマ太郎の帽子

080807_blog.jpg

帽子屋のかあちゃんなのに、クマ太郎がいつも同じ夏の帽子を被っているのは営業広報的にもよろしくない。ハギレをひっくり返したら、とうちゃんのキャスケットをこしらえた残りの布が出てきました。クマ太郎の帽子が作れるちょうどいいだけあったので、早速裁断。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:58 | コメント (0)

2008年08月06日

手で作る夏の帽子の続き

080806_1_blog.jpg

080806_2_blog.jpg

一ヶ月も前に作った帽子の飾り付けがまだだった。グログランリボンでシンプルに仕上げてみます…といってもただリボンをぐるりとまきつけるのはあまりに乱暴。帽子に上手く添うようにアイロンでカーブをつけたり、リボン飾りを付ける部分はタックをとって縮めたりと、細かいところまで神経を使うもんです。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:59 | コメント (0)

2008年08月04日

ジュートの夏帽子・旦那用

080804_blog.jpg

帽子屋の旦那さんなのに夏の帽子がないぞ〜!夏が終わっちゃう前にこしらえてあげようと、クマ太郎の夏帽子とお揃いのジュートの生地にお揃いの形で旦那の夏帽子の完成。飾りにはとっておきのトンボ玉を使いました。気に入ってもらえるといいんだけど…息子とお揃いなんだから嫌がるワケがないか(←強気)。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:25 | コメント (0)

2008年07月11日

ゴーヤ帽子のその後

080711_blog.jpg

タマヲさん、TV放映の日のメッセージをありがとう。タマヲさんから購入したゴーヤ帽子、実は今年の春にちょっと血迷ってこんな飾りを付けて楽しんでしまいました。今はミシンの上でウクレレと一緒に私の仕事っぷりを見守っています!?

投稿者 あずさ*cheera* : 00:04 | コメント (0)

2008年07月10日

つば広の夏帽子

080710_blog.jpg

6月に作った帽子と同じ生地・同じパターンですが、これはつばの表にぐるりとギャザーをよせてみました。薄い軽い生地が空気を含んでよりいっそう軽やかな雰囲気になったような気がします。

投稿者 あずさ*cheera* : 19:09 | コメント (0)

2008年07月08日

小さいキャスケット@徳島

080708_blog.jpg

帽子を教えに徳島へ。先週今週とキャスケットを作りました…時間をかけて作ったので生徒の皆さん、丁寧に上手に仕上がりました。自分の帽子が出来上がった学生のNさん、ハギレで何やら熱心にこしらえていると思ったら、こんなに可愛い小さいキャスケットが。「犬用でーす」と、目分量で適当に縫い上げたにしては上出来です。友達のSさんのお団子にした髪の毛に被せて「ぴったりだ〜」と大はしゃぎ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:17 | コメント (1)

2008年07月04日

手で作る夏の帽子

080704_blog.jpg

帽体といわれる帽子の素材…冬はフェルト・夏は草を編んだものを使いますが、シゾールと呼ばれるこれは中国産のサイザル麻やマニラ麻などの繊維を編み上げたもの 。純白に漂白出来るので様々な色に染められたものが材料として手に入ります。これを木型に入れて形を作るのが一般的ですが、今回は手加減だけで仕上げる帽子に取り組みました。師匠はいとも軽々と作るのに、力の入れ具合・カーブの付け方・手の押さえ方などなど見た目以上に難しい…またまた修行は続きます。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:56 | コメント (0)

2008年06月22日

つば広の夏帽子

080622_1_blog.jpg

080622_2_blog.jpg

夏帽子の飾り。バイヤスにした共布を真っ直ぐ…ではなく大きく波に縫って縮めてフリルを作ります。頭の回りにぐるりと巻いたらこんな感じ。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:30 | コメント (0)

2008年06月21日

つば広の夏帽子

080621_1_blog.jpg

先日の蝉の羽のような生地のつばの広い帽子、つばは前13センチ・後11センチあります。形の変えられるワイヤーが入っています。

080621_2_blog.jpg

080621_3_blog.jpg

クマ太郎も写真撮影のお手伝い。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:28 | コメント (0)

2008年06月16日

蝉の羽のような

080616_blog.jpg

夏の帽子用に調達したのはシャリシャリした感触が気持ちいい蝉の羽のような薄い布。麻か?と思いきや、絹50%・綿とキュプラがそれぞれ25%。つばをうんと広くした帽子を作る予定です。


投稿者 あずさ*cheera* : 05:34 | コメント (0)

2008年06月12日

アメリカに渡った帽子

080612_blog.jpg

昨年11月の marche de chapeaux 、ちょうど来日中のアメリカはSanDiegoに住むMikeとNancyが遊びに来てくれました。数ある帽子の中からNancyが気に入った綿レースの帽子、帰国してからも重宝して被ってるわよ!とメール。San Diego Wild Animal Park(とっても素敵な動物園、クマ太郎も連れて行ってあげたい)に行った時の写真で、右端が私の帽子を被ったNancy。Wild Animal Parkのスタッフに帽子を誉められたのよ〜との嬉しいメッセージでした。今日は国立の帽子教室だった帽子屋かあちゃん、けっこうハードだったのでくたくたになって帰ってきたのですが疲れも吹っ飛ぶってもんです。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:36 | コメント (0)

2008年06月09日

ヨーロッパリネンでハンチング

080609_1_blog.jpg

080609_2_blog.jpg

先日のヨーロッパリネンがまだたっぷりあるので、ガラッと雰囲気を変えてハンチングをこしらえてみます。麻のレースをあしらってマニッシュながら甘さも加えてみたり…というと聞こえはいいが、材料を余すことなく使ったらこうなった。ハンチングはカーブの丸みをきれいに出すのが難しい、慎重にいせながら丁寧に仕上げます。

投稿者 あずさ*cheera* : 10:56 | コメント (0)

2008年06月02日

ヨーロッパリネンとレースの帽子

080602_blog.jpg

茶のヨーロッパリネンが手に入ったので夏の帽子を。そのままでは地味になりそうだったのでレースを加えたら「何処にお出掛けするんでしょう?」みたいな帽子になってしまいました。実は明日から徳島での帽子教室が始まります(6〜9月にかけて全12回の講座)…この帽子はその帽子講座のサンプル。受講生の皆さんが喜んでくれると嬉しいのですが。クマ太郎の熱は下がりません、今日はもちろん保育園を休んで一日中かあちゃんとくっついてました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:53 | コメント (0)

2008年05月27日

クマ太郎、夏帽子被る

080527_1_blog.jpg 080527_2_blog.jpg

クマ太郎の夏帽子、保育園の行き帰りに被っています…とはいえ、被るのを納得させるまでには毎回時間がかかることこの上無し。「いやっ、いやっ」の連発、反抗期?しかし昨日今日と夏のような日差し。さすがにクマ太郎も暑かったのかいつもは保育園に到着したらすぐさま脱いでしまう帽子も、今日はしばらく頭にのっけていました。ということで後ろは彼が通う光が丘の保育園です。

投稿者 あずさ*cheera* : 12:07 | コメント (0)

2008年05月23日

クマ太郎の夏帽子

080523_blog.jpg

こう夏日が続くとクマ太郎の日除け帽子が必要だ!いくつか帽子を作ったジュートの生地がまだ残っていたので、親子帽子の型紙を引っ張り出して縫い上げました。手元にあった紐とウッドビーズで簡単に飾り付け。クマ太郎、おとなしくかぶってくれるかどうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:48 | コメント (2)

2008年05月20日

お父さんの帽子がお嫁に行った

080520_blog.jpg

先日の第6回 marche de chapeauxに展示したアップリケの親子帽子。どういうわけかお父さんの帽子だけが売れてしまい、今日がその発送日。ちょっぴり頭のサイズが大きめのご婦人で旦那のサイズの帽子がぴったり、似合う帽子があって良かったですね!という話なのですが…あらら〜、親子帽子が母子帽子になってしまいました。秋冬ものの帽子なのでしばらくは出番がないものの、忘れないうちに作っておかないと「オレの帽子だけがない!」なんて言われちゃうんだろうなぁ。

投稿者 あずさ*cheera* : 12:27 | コメント (0)

2008年05月13日

コーデュロイのキャスケット

080513_blog.jpg

裁断は済ませてあったものの、ずーっと寝かしてあった旦那のキャスケット。もう夏だからこれでは暑苦しいけれど、ここ数日寒いくらいだからいいか!さっさと作っちゃわないと!と、おもむろに縫い始めました。ベージュのほうは昼前に完成、午後の仕事に早速かぶって出掛けた旦那…ひとつ完成して満足してしまい、カーキ色のほうはまだ途中。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:10 | コメント (0)

2008年05月12日

フォーマル…のイメージの帽子

080510_blog.jpg

今回の marche de chapeaux の競作テーマは「フォーマル」。私がこしらえたのは「フォーマル…のイメージの帽子」まぁ〜普段に被れるような帽子ではありませんが、フォーマルの中に「非日常」が含まれるとすれば、そこにひっかかるかな、と。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:00 | コメント (0)

2008年05月10日

marche de chapeaux のベレー

080510_1_blog.jpg

今回の marche de chapeaux では有志参加の競作テーマ「ベレー」「メンズ」がふたつあり、私はベレーに参加。ぎりぎりまでどうしようかな〜と考えていたベレー、結局 beret と文字を入れたベレーにしました(読めるかな?)。この文字、シルクの残糸をよった糸をミシンがけしたもの。切羽詰まると糸までミシンで縫っちゃいます。

080510_2_blog.jpg

サイドにもご丁寧に beret の文字をもうひとつ。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:08 | コメント (0)

2008年05月08日

オパール加工の生地の帽子

080508_blog.jpg

つばの広い帽子は紫外線の強い季節の必需品。昨日の怪しげなタックはサイドクラウンの飾りのつもりでしたが、思った程の効果はなかったような…これは本日の国立の帽子教室のサンプルでした。生徒さんの反応は上々だったので、とりあえずはほっと安心。さて今日はこの帽子教室を終えてもなおもう一仕事あったのでした…国立から西へ向かい降り立った浅草橋。そこには何が?答えは明日!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:09 | コメント (1)

2008年05月07日

オパール加工の生地で

080507_1_blog.jpg

オパール加工とは、耐薬品性の差を利用し混紡交織物の一方の繊維だけを溶かして透かし模様を出す加工法。例えば、ナイロンと綿で編んだ布に強い酸で模様を捺染すると、捺染した部分の綿のみが焼け落ち!涼しげな透明効果の模様が現れるということ。その生地で夏の帽子をこしらえます。

080507_2_blog.jpg

なにやら怪しげなことをしていますが…。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:17 | コメント (0)

2008年05月03日

アップリケの親子帽子

080503_blog.jpg

親子帽子、出来上がったらこんな感じになりました。これではみんな同じような大きさに見えますが、横に並べると大中小とまさしく親子帽子。早速クマ太郎に被せてみてサイズバッチリ!帽子屋かあちゃんは大喜びだったのですが、本人はすぐさま殴り捨ててしまったのでした。ガッカリ。

投稿者 あずさ*cheera* : 13:17 | コメント (0)

2008年05月02日

アップリケの親子帽子

080502_blog.jpg

来週の展示会のために帽子を作らなくてはならないのですが、どうせなら自分達用の帽子にしちゃえ〜と家族3人分の帽子を作り始めました。普段かぶれる、しかし展示映えそするもの…なんてズルいことを考えながらまずはアップリケ。はてさてどんな帽子になるのやら?

投稿者 あずさ*cheera* : 17:33 | コメント (0)

2008年04月25日

茶綿の帽子の追加

080425_1_blog.jpg

鎌倉小町通りのギャラリーミンネの帽子展では、まさかの蛇腹の帽子が二つとも売れたとの嬉しい知らせ。しかもトップにループのついた帽子はカップルで来た男性が気に入って買って下さったとかで、どんな人なんだろう〜と想像を膨らませています。気を良くして蛇腹の帽子を追加制作、今回はサイドクラウンにタックをぐるりと入れているところ。

080425_2_blog.jpg

クマ太郎、光が丘公園で走る!の巻。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:47 | コメント (0)

2008年04月23日

ジュートの帽子

080423_blog.jpg

夏のつば広の帽子、つばの表裏が生地違いになってエッジには形が変えられるようにワイヤーが入っています。このままシンプルなまま仕上げるか、何か飾りをつけるか…しばらく考えてから決めましょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:39 | コメント (0)

2008年04月22日

ジュートの生地で

080422_blog.jpg

ジュートの生地のコンビで夏の帽子を作る予定。ジュートの生地は風合いは好きだけど、仕事してるとものすごい量の細かい繊維が飛び散るのが難か…。ごわつくので服には向かないかもしれないけれど、バッグや帽子だったらOK!廉価でカジュアルな素材なので「麻袋」なんて扱いされてますが、けっこう注目の素材かもしれません(詳しくはこちら)。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:02 | コメント (0)

2008年04月18日

麻の6枚はぎの帽子

080418_blog.jpg

台風のような暴風雨のなかクマ太郎を保育園に連れて行ったら、お気に入りの傘の骨が折れてがっかり。その後は染物職人でしっかり働きました。ガッツ! 鎌倉・小町通のギャラリーミンネからは、帽子フェアが終わっても引き続き展示しておきますとの有り難い連絡。今回出したこの帽子はまだあるのか?売れちゃったのか?春らしい若草色の麻のコンビでカジュアルな6枚はぎの帽子にしました。エッジは自由に形が変えられるようになっています。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:54 | コメント (0)

2008年04月10日

フロッキー加工の生地の帽子

080410_blog.jpg

もうひとつはクラウンにタックが入ってちょっとおめかしっぽい雰囲気。これらの帽子、今日の国立の帽子教室の参考作品でもありました。さて帽子教室に行く準備をしている私にNHK学園から電話が…変電所の火事で中央線が止まっているので「早めにお出掛け下さい」…って、止まってるのにお出掛けも何も…。普段は中央線で国立に行くのですが、これは無理。で、考えました。NHK学園国立本校、実は中央線国立駅より南武線谷保駅の方が若干近い。そこで豊島園から西武線で秋津駅→武蔵野線新秋津駅から府中本町駅→南武線に乗り換えて谷保駅、約1時間。こんなことがないと乗らなかっただろう路線も新鮮で無事にNHK学園に到着〜。ところで。秋津と新秋津の乗り換えが噂には聞いていたもののけっこう遠く(400メートル)、帽子や材料を抱えてしかも雨。こりゃ毎日往復するのはしんどいな…なんて思いながらあるいてみると、その間の商店街がけっこういい感じで旨そうな定食屋があったり総菜屋があったり洒落たケーキ屋があったり…んん?このケーキ屋さんは!以前お菓子をいただいたロートンヌ、秋津にあるのを気にしつつ歩いてはいましたが、こんなにあっさり現れるとは。早速お勧めのお菓子をいくつか…といきたいところですが、これから仕事に行くのにそれは無理、残念。駅の乗り換えの不便さは地元商店街の反対が原因だとかでこの商店街を快く思わない声もあるようですが、たまの通りかがりにとってはちょいと面白い観光気分。これから国立の仕事の帰りは秋津経由で美味しいものを買って帰るのも楽しみです。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:09 | コメント (0)

2008年04月09日

フロッキー加工の生地の帽子

080409_blog.jpg

一昨日のフロッキーの生地でまず出来上がったのは、エッジに形の変えられるワイヤーを入れたシンプルでとっても軽い帽子。ふんわりしたコサージュがついています(←最近、簡単な作り方を発見して嬉しくて仕方ない)。

banner.gif ←応援よろしくクリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:04 | コメント (0)

2008年04月08日

フロッキー加工の生地で

080408_1_blog.jpg

フロッキー加工の生地を帽子にしてみます。薄くてテロテロしているので扱いづらいのですが、ぱっと見は華やか。見栄えするような広いつばの帽子はどうだろうか?ところでこのフロッキー、何が「フロッキー」なのか知らなかったけれど日本語だと「電着植毛加工(でんちゃくしょくもうかこう)」と言うのだそうだ。フロッキー加工する生地に加工用の糊を塗布→糊の上に静電気を発生させる→短くカットした繊維を垂直に立たせる→毛が刺さった状態で糊層を完全に硬化させ自然乾燥…こんな仕組みを誰が考えたんだろう、スゴイ。

080408_2_blog.jpg

旦那はパン作りに余念がありません。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:56 | コメント (0)

2008年04月05日

帽子の展示会の宣伝!

080405_blog.jpg

私が通う帽子研究会の展示即売会が5月31日(土)〜6月1日(日)の二日間、東中野(住所だと北新宿)の師匠のアトリエで開かれます(これは案内状用の師匠の帽子)。毎年何百個もの帽子があれよあれよという間にご婦人方に買われる様に圧倒されますが、今年も展示会に向けて皆せっせと制作中。しばらく出産育児でお休みしていた私もそろそろ出品しなきゃならんのでしょうか…。

投稿者 あずさ*cheera* : 13:12 | コメント (0)

2008年03月27日

フリルがぐるりとついた帽子

080327_blog.jpg

今日はトキ・アートスペースのスタッフ日…しかしカメラを忘れてしまい展覧会の紹介が出来ないのは残念。今週来週は大友一世さんの絵画、見ていると重心がぐらつくような幻のような不思議な空気が漂います。写真は明日から始まる鎌倉小町通りギャラリーミンネの春のファッション&帽子展に送った帽子のひとつ。ごくごく薄い生地なのでフリルがぐるりと付いていてもとても軽い帽子、つばのエッジの形が自由に変えられます。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:22 | コメント (0)

2008年03月23日

綿の生地で

080323_blog.jpg

綿の生地はこんな帽子に。エッジにカタチが変えられるワイヤーを入れて、頭まわりには切りっぱなしの生地をぐしゃぐしゃにしたフリルをぐるり。何を必死にこしらえているのかというと、鎌倉小町通りのギャラリーミンネにて恒例・春夏の帽子展が来週27日からオープン。今日はその荷物を送るので朝から段ボールを調達したりタグを付けたり納品書を書いたりして、帽子20個をようやく発送したところです。やれやれ。ミンネのブログでは展覧会のもっと詳しい情報がわかります。気候もいいこの時期、鎌倉へお出掛けの際はどうぞお立ち寄り下さい。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:09 | コメント (0)

2008年03月21日

綿の生地で

080321_2_blog.jpg

今度は染物の師匠にもらった綿生地で帽子を作り始めました。薄さを生かして夏らしい軽い帽子に仕上げられれば…。

080321_1_blog.jpg

近所に小さいながらもなかなか頑張ってる魚屋さんがあって、今日はなんと「3時半よりマグロの解体!試食あり!」もちろん駆け付け…あれれ?終わってる?クマ太郎の支度に手間取り10分程遅れて到着したらもう終わってるではないですか。残念がる私に「写真?ほら、撮りなっ」この冬はここで美味しいアラを調達、何度も鍋を楽しみました。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:48 | コメント (0)

2008年03月19日

春の帽子

080319_blog.jpg

だらだら作っていた春の帽子の完成!実はこの上等の麻生地、3年も前に買っていたもののもったいなくて使えなかったのもの。ここにきてようやく日の目を見ることになりました。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:47 | コメント (0)

2008年03月17日

春の帽子

080317_blog.jpg

帽子制作の進行状況が気になりつつも、確定申告最終日に税務署に自転車を走らせる帽子屋。案の定、ずら〜りずらずら並んだ列におとなしく並んで用事を済ませてまいりました。ネット申告の方法を懇切丁寧に教えてもらったので、来年は手早く申告してやろう。さて、つばを広くした春夏の麻の帽子。軽やかさを出そうとトップは表地の一重にしてみました。見た目よりはしっかりとした生地なのでものすごく軽いというわけにはいきませんが、今まで冬の帽子をさんざんこしらえていたので麻の手触りがとても新鮮で楽しい気持ちになってきます。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:43 | コメント (0)

2008年03月08日

師匠の帽子の展示会@横浜高島屋

080308_blog.jpg

横浜高島屋で帽子フェアがありました。師匠だけでなく国内外の帽子メーカーのブランドが…そう広くはないスペースですが…てんこ盛りの会場で、今日は師匠のトークとミニコレクションのイベント。昨月のショウと同じメンバーでモデルの手伝い、昨日よりはずいぶん風邪も楽になった私もクマ太郎と子守りの実母も一緒にいざ横浜へ。トークショウは大勢のお客様が駆け付けて下さり大盛況の内に終了、しかしショウの写真は残念ながら撮れなかった!ショウの後、帽子を買い求めるお客様のお相手をする師匠(真ん中左寄り、グレーのハンチング)。帽子のイベントだけあってお客様の帽子率も高し。実母も会場のいくつかの帽子を私に見せて「こんな帽子はどう?似合うでしょ。」→私にそんな帽子を作れという意。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:35 | コメント (0)

2008年02月23日

師匠の帽子

080223_1_blog.jpg

帽子の師匠が3月に横浜タカシマヤで展示会をします。8日にはトーク&ミニコレクションもあって、先日の国立新美術館のときのように私達も帽子を被ってお手伝い。そのショウ用の帽子、花模様は師匠がザザッと手描きしたもの。で、以下宣伝→「春夏婦人帽子の展示即売会」3月5日(水)〜18日(火)横浜タカシマヤ2階特設会場/「トーク&ミニコレクション」3月8日(土)午後3時より どうぞお越し下さいませ!

080223_2_blog.jpg

今日は帽子の研究日…展示会のDM作成を頼まれて上の帽子の写真撮影をしたりお客様名簿を整理したり、アトリエのワンコにお弁当のおにぎりをかじられたり。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:33 | コメント (0)

2008年02月12日

ベレー風の帽子

080212_blog.jpg

色違いの生地を両方使って、ベレー風の帽子になりました(写真だと2色使いがわかりづらいが)。つばの裏はワイン色、地味派手って感じでしょうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:16 | コメント (0)

2008年02月11日

色違いの生地で

080211_blog.jpg

帽子もたまにはこしらえなくちゃ!色違いの薄手のウールを調達してきました…生地屋さんで「おっ?」と思い迷わず購入、既に帽子の形もイメージ出来ています。ところで今朝は早くから隣のとしまえんで「みんなぁ〜!こんにちはぁ〜!」なんて声が…アンパンマン?ぼんやりしていたら、そっかー。今日は祝日だったんですね。世間は3連休ですがあまり関係ない我が家はいつものように淡々と一日が過ぎていきます。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:11 | コメント (0)

2008年02月02日

帽子のショウ@国立新美術館

080202_1_blog.jpg 080202_2_blog.jpg

師匠が準備をしていた帽子のショウ当日。風邪気味+昨晩のクマ太郎の愚図りで睡眠不足=目の下のクマをつくって出掛けた私はこれでも今日のモデルのひとり、こんなくたびれてていいのか!開始直前のリハーサル、歩く順番を間違えないように頭に叩き込みます。髪がボサボサなのは帽子をとっかえひっかえ被っていたから。

080202_3_blog.jpg 080202_4_blog.jpg

ギャラリー内でのショウだったので、舞台裏もこんなにオープン。私とペアを組んだカリンカさんはプロのモデルさん、春風のようだ〜(美しさにうっとり)。30分ほどのショウは立ち見が出る程、最後はたくさんの拍手をいただき大盛況大成功でした。日頃は日除けや防寒という実用第一で帽子を被っている方も多いと思いますが、帽子が造形的な美しさや面白さを持ったもの・顔の非常に近くにある→表情を引き立てる→本当は女性にとっては気になるアイテム…そんなことを今日のショウでご婦人方に感じてもらえれば嬉しいなぁ。

080202_5_blog.jpg

「きれいなかあちゃんを見てこいよ」と父ちゃんと約束して出掛けてきたのに、クマ太郎、ショウの最中に昼寝。帰る頃はすっきり機嫌良く、国立新美術館をバックに。「クマちゃーん、写真撮るよー」というと最近ポーズをつけるようになりました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:51 | コメント (0)

2008年01月19日

ショウの帽子の舞台裏

080119_blog.jpg

帽子の師匠が国立新美術館の公募展ギャラリー内で帽子の小さなトークショウを行います。で、私はモデルのお手伝いをすることに。今日は研究日ですが簡単なフィッティングのためにクマ太郎を連れて出掛けました。アトリエにずらずらっと無造作に置いてある帽子がショウのための作品。開かれるのは2月ですが帽子はすっかり春夏もの。日頃はミセス&ハイミセス向けの帽子を見る機会が断然多い師匠の仕事、しかし実は皇室の誰それの帽子やコマーシャルのための帽子をこしらえたりしているのです…こっそりと。そんな師匠のセンス爆発の帽子は見るだけでも感心ため息、それが実際に頭にのっかると「なるほど〜!」と私達はついつい唸る。帽子は奥が深いのぉ。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:05 | コメント (0)

2008年01月10日

4枚はぎの帽子

080110_blog.jpg

昨日の生地の色違いで4枚はぎの帽子。今日は国立の帽子教室、これらは今月の教材見本なのでした。初級の方にはこの4枚はぎを・慣れた生徒さんには昨日の6枚はぎを…と思って持っていったのですが、しかしながらそれは強制ではなく最終的には生徒さんのお好きな方をどうぞ。さて次回、皆さんはどちらを作ってくるでしょう?

投稿者 あずさ*cheera* : 00:07 | コメント (0)

2008年01月09日

6枚はぎの帽子

080109_1_blog.jpg

「6枚はぎ」というとキャスケットを思い浮かべるのが普通ですが、今日のパターンはこんなに細長い形。これを縫っていくと…

080109_2_blog.jpg

こーんなぷっくりした帽子になりました。ループ糸の混じったウール、冬用のミセス〜ハイミセス用でしょうか。出来上がった帽子を見た旦那「良く発酵してるって感じだなぁ」パンの作り過ぎ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:35 | コメント (0)

2007年12月13日

アップリケの冬の帽子

071213_1_blog.jpg

071213_2_blog.jpg

今日は国立の帽子教室、今回の課題はこのアップリケの帽子!合成スウェードも加えて細かくミシンでステッチを入れました。なかなか「手作り感」たっぷりの帽子になったと思います。カラフルなウールはほんのちょっぴりしか使わなかったので、他の帽子も出来るじゃない!…あぁ、でも旦那とクマ太郎のクリスマスプレゼントの帽子を先に作らなくちゃ。

071213_3_blog.jpg

クマ太郎の試着。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:14 | コメント (0)

2007年12月11日

茶の帽子の続き

071211_blog.jpg

きれいな色のウールをクラウンに・茶色のつばの帽子というのも考えてはみたものの、それは誰でも考えつきそうだとすぐさま却下。さてどうする?と、ちまちま始めたのがこんなこと。パッチワークで雑貨っぽい帽子にしてみます。以外と時間がかかるんだなぁ。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:44 | コメント (0)

2007年12月10日

茶のウール地をどうしよう?

071210_blog.jpg

オーソドックスな茶のウールで普通に帽子を作るのはつまらない。ちょっと面白いマルチカラーのウール地を少々、これを組み合わせて冬の帽子を作ってみることにします。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:26 | コメント (0)

2007年12月07日

リンダの帽子展@日暮里

071207_blog.jpg

帽子作家のお友達、リンダ・カオリ・タナカさんの服と帽子の展示を見に日暮里まで出掛けた帽子屋とその息子。インポート生地を扱うエレガンスのフロアの一部での展示で、原宿のギャラリーでの展示に比べると会場の雰囲気や全体の見応えという点では残念ながら軍配は向こうに上がりますがそれはあくまで空間の問題、展示内容に関しては彼女独特のセンスに溢れた帽子や服を堪能感嘆致しました。あいにく作家は不在、その後は久しぶりの日暮里繊維街をあちこち覗いて楽んで、余力があれば駅の反対の谷中銀座でメンチカツを買いたかったのですがベビーカーを抱えての駅の階段の昇り降りで少々くたびれたので残念!メンチは次回。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:28 | コメント (0)

2007年11月29日

コーデュロイの帽子

071129_blog.jpg

冬の帽子を紛失してしまった旦那に新しい帽子を作ってあげようと裁断したものの、ここからなかなか進みません。冬が終わるまえに出来上がりますように。

投稿者 あずさ*cheera* : 05:15 | コメント (0)

2007年11月06日

変形つばの帽子

071106_blog.jpg

つばの変わった帽子をこしらえてみました。つばの裏の生地を変えるとまた面白い効果が出るでしょう、クラウンはちょっと細めの冬の帽子です。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:42 | コメント (0)

2007年10月31日

蛇腹のつばの帽子

071031_blog.jpg

marche de chapeaux の搬入と展示は明日、急げ〜!茶綿の帽子の生地違い。つばのエッジにレースをつけたのは完全に展示用として…実際にはちょいとかぶりづらいはずだ。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:47 | コメント (0)

2007年10月30日

続々・茶綿の帽子

071030_1_blog.jpg

茶綿の帽子はまだまだ続く。つば裏は合成スウェード、ちょっと変わったビーズで飾り付け。

071030_2_blog.jpg

こっちはくたっとした帽子、シルクの残糸を撚った糸をラフに巻き付けて出来上がり。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:55 | コメント (0)

2007年10月29日

続・茶綿の帽子

071029_1_blog.jpg

蛇腹のつばの帽子。茶綿の生地でこのつばの形では少々ボリュームがあり過ぎるかとも思うのですが、クラウン部分もたっぷり作ってこんな帽子に。

071029_2_blog.jpg 071029_3_blog.jpg

クラウン違いの帽子、広げるとこんなふうになります。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:55 | コメント (0)

2007年10月27日

シルクのプリントの帽子

071027_1_blog.jpg

台風!こんな日は家から出ないで帽子を作ろう。
茶綿の帽子以外に多少カラフルな帽子があっても…と、以前染めたシルクのプリント生地を引っ張り出しました。シルクといってもざくざくした生地でそこにプリントしてあるので、だいぶくだけた感じです。

071027_2_blog.jpg

ということで普段使いにかぶれるような、くたっとしたつばの小さいベレー風の帽子。11月2日〜4日までの帽子展のために制作している帽子は、かぶる人がどこかしらの形を自由に変えられる…そんな帽子を多くこしらえてみています。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:09 | コメント (0)

2007年10月26日

茶綿の帽子

071026_blog.jpg

11月に入ってすぐにグループでの帽子の展示会があって、来年の春夏ものを出すのでせっせと帽子をこしらえています。手元にずっと置いてあった茶綿(ちゃわた)、あまり洗練された生地ではないので帽子にすると野暮ったくなるんじゃないかと敬遠していましたが、いよいよチャレンジすることに。出来上がったらこんなになりました。シルクの残糸で飾り付け。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:04 | コメント (0)

2007年10月15日

タップダンスの帽子

071015_blog.jpg

今日はいよいよ明日から始まるトラーベ・アート・フェスティバル in 鎌倉の展示で鎌倉へ。ドイツから懐かしい顔も集まり、嬉しいやら不思議な感じがするやら。インフォメーションブースは簡単に済ませることが出来ました…小さなスペースなのであまり凝ったことが出来なかったというのが本当のところ。明日ももちろん鎌倉行き…二日続けて行くならJRのトクトクきっぷ「鎌倉・江の島フリーきっぷ」にすれば良かったのかな、などと考えながら帽子作り。昨日の帽子、色違いで5つ完成しました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:33 | コメント (1)

2007年10月14日

タップダンスの帽子

071014_blog.jpg

21日はトラーベのイベントのひとつ、鎌倉駅江の電側の駅前公園でタップダンスやライブ演奏のパフォーマンスがあります。そのタップダンスでダンサー達がかぶる帽子(全員分ではないけれど)をこしらえる夜更け。フェルトの帽体でちょっと楽しい帽子にしようとチョキチョキ切ってビーズを縫い止めて。クマ太郎が寝静まったこの時間が勝負!急げ!

投稿者 あずさ*cheera* : 03:27 | コメント (0)

2007年10月11日

秋の帽子

071011_blog.jpg

今日は国立の帽子教室、そこで使うサンプルの帽子。つばは形が変えられるようにワイヤーが入っています。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:50 | コメント (0)

2007年10月09日

つばのエッジがぷっくり膨らむ帽子

071009_blog.jpg

相変わらず鼻がむずむずしているのはホコリのせいだろう…明後日の国立・帽子教室で使うサンプル作り。つば裏は合成スウェードとブレード2色で冬っぽい飾りを。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:54 | コメント (0)

2007年10月08日

ウールのアップリケの帽子

071008_blog.jpg

ウール地をいじっているのでそのホコリにやられたか、風邪がぶりかえしたか。非常に調子の悪い一日で仕事も全くはかどらず…アップリケの帽子をかろうじて仕上げたのですが、この帽子をかぶる勇気あるお客さんはいるのでしょうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:10 | コメント (0)

2007年10月04日

ウールのアップリケの帽子

071004_blog.jpg

秋を通り越してクリスマスのような色合いですが…帽体のクラウンだけ残っていたので、ウールの生地とコンビで帽子を作ることに。合わせるウールは赤に緑や黄色の入ったチェック。これでつば部分を縫いますが、緑のクラウンに赤いチェックではあまりにも唐突なのでクラウン部分にも生地を散らしてみようか。アップリケは縫うのではなく、パンチャーでガシガシ打ち込んでます。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:27 | コメント (0)

2007年10月02日

続・秋の帽子

071002_blog.jpg

色違いの帽子…まだまだ制作は続くのであった。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:15 | コメント (0)

2007年10月01日

秋の帽子

071001_1_blog.jpg

昨日は帽子研究会のバザーでもあったのですが、私は鎌倉ギャラリーミンネの秋のファッション展に帽子を出すのでここでの展示はパス。新宿での版画展の後に顔を出しましたが、展示を見るより打ち上げパーティー目当てであったのだ。クマ太郎、はしゃぐひととき。

071001_2_blog.jpg

ミンネに出す帽子のひとつ。ウールと合成スウェードのコンビ、つばのエッジに形が変えられるワイヤーが入っています。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:38 | コメント (0)

2007年09月29日

親子ミシン

070929_1_blog.jpg

帽子も作ってます。クマ太郎がとことこやってきて覗こうとしていたので、膝にのっけてミシンかけ。

070929_2_blog.jpg

こんな帽子を作っていました。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:46 | コメント (0)

2007年09月23日

イタリアの刺繍リボンのキャスケット

070923_1_blog.jpg

つばのエッジの縫いしろ部分はひっくり返したときにもたつかないように、細かく切り込みを入れて写真のように切り取ります。見えない部分の地味な作業。

070923_2_blog.jpg

刺繍リボンをベルトに使ったウールのキャスケットの出来上がり!
10月3日〜15日、鎌倉小町通りギャラリーミンネの秋の展示会に出す予定です。

投稿者 あずさ*cheera* : 19:02 | コメント (0)

2007年09月22日

イタリアの刺繍リボン

070922_blog.jpg

広尾に住むご婦人に帽子を教えに通うという、なんとも優雅な仕事をしていた独身時代。広尾とはいえ最寄り駅は恵比寿、そこに小粋なイタリアの生地やリボンを扱うFABBRICAという小さなお店があります。そこそこ値も張るのであまり豪勢に生地を買うなんてことは出来ませんでしたが、その頃つつましく買い求めた刺繍リボンがいくつか。その中のひとつをこの冬の帽子に使うことにしました。風邪は完全に治ってはいませんが、やらなくちゃ〜。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:22 | コメント (0)

2007年09月20日

2枚ブリムの帽子

070921_blog.jpg

クマ太郎の風邪がうつってほとんど寝たきりの一日。辛い。
これは先週木曜日、国立の帽子教室の教材サンプルとしてこしらえた帽子です。後ろのつばがぐっと跳ね上がるので(これはコサージュをつけて可愛らしくしていますが)山歩きなどにも重宝するカタチでしょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:26 | コメント (0)

2007年08月08日

夏の帽子

070808_blog.jpg

たまには仕事もします。ミシン刺繍の生地で夏の帽子、ブリムのエッジは形状保持のワイヤー・切りっぱなしの共布のフリフリレースをぐるり。うーん、この季節にぴったりじゃありませんか。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:38 | コメント (0)

2007年06月14日

ジュートの帽子

070614_blog.jpg

出来上がったジュートの帽子、エッジには形状保持のワイヤーを入れました。このワイヤー、今までは針金にテープを巻いたものや銅線などを使っていましたが金属は濡れて万が一、錆が出ると生地に移ってあっという間に帽子が台無しになる。あまり私は使っていなかったのです。ところが最近、形状保持のプラワイヤーが出たので安心して使えるようになりました。ちょっとくたっとしたジュートの帽子、夏にぴったり!?実はこれ、今日の国立の帽子教室の課題でもあります。

投稿者 あずさ*cheera* : 09:35 | コメント (3)

2007年06月12日

ジュートの帽子

070612_blog.jpg

この帽子は可愛い手作り風にしようと思いちくちく刺繍をしています。このちまちました仕事がこれまた楽しい。

投稿者 あずさ*cheera* : 11:21 | コメント (0)

2007年06月11日

ジュートの帽子

070611_blog.jpg

ジュートで夏の帽子を作ります。サイドクラウンとツバ部分が繋がった6枚はぎ。パターンを起こしたのは5年前でしたが、今回は頭を少々細めに直して'07バーションにしてみます。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:37 | コメント (0)

2007年06月03日

麻のキャスケット

070603_blog.jpg

実はずいぶん前からお願いされていたキャスケット、本日ようやく完成。最近作ったキャスケットはこのオーダーのためのサンプルも兼ねていました。こちらはベルト無しです。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:03 | コメント (0)

2007年05月17日

冬のキャスケット

070517.jpg

今日は染物職人(これで8日間出ずっぱり!)。これは先日のマルシェ・ド・シャポーに出した冬のキャスケット、少し細めのクラウンは最近の流行ですね。

070517_blog.jpg

私が仕事の間、とうちゃんと遊ぶクマ太郎。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:28 | コメント (0)

2007年05月09日

ウールの大きい帽子

070508_blog.jpg

こちらもざっくりしたウールをおおぶりの帽子にして前のつばをコサージュでとめたボリュームのある帽子。マルシェ・ド・シャポーは次の季節の帽子の展示なので、つまり今回は2007/08年秋冬帽子ということになります。搬入は明日、急げっ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:31 | コメント (0)

2007年05月08日

平成版正ちゃん帽

070508_1_blog.jpg

070508_2_blog.jpg

親の世代でいう「正ちゃん帽」のcheera版、もしくは「ドレッド帽」(←命名・旦那)ざくっとしたウールの織地をひたすらほぐしただけの帽子も有りでしょうか。やにわに冬の帽子の制作…というのも週末に浅草橋でマルシェ・ド・シャポーという帽子作家30名程の展示会があるから。今回第4回になるこの展示会には2年前に参加して以来(昨年はクマ太郎の産休)、久しぶりに参加表明したはいいものの制作が追いつかなくここにきて大慌て!

投稿者 あずさ*cheera* : 06:11 | コメント (0)

2007年05月07日

つばが長い帽子

070507_1_blog.jpg

つばが長い帽子の冬バージョンも作りました。

070507_2_blog.jpg

今日のおやつは「さつまいものケーキ」。近所に美味しい(しかも安い!)焼き芋を売っている八百屋さんがあって、この時期はさすがに焼き芋シーズンではないのですが、あまりの評判の良さにGWだけ焼き芋復活。その焼き芋を荒く潰してシナモン・ラム酒と一緒に混ぜ込んだしっとりとした生地に、メイプルシロップをかけて焼いた表面はカリッ!と香ばしく。あっという間に簡単で美味しいパウンドケーキの出来上がり。冷凍してある残りの半分の焼き芋は蒸しパンに混ぜようかと思っています。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:33 | コメント (0)

2007年05月06日

つばが長い帽子

070506_blog.jpg

今日の昼に旦那の実家から帰宅、早速つばの長い帽子の続きを作りました。出来上がったのがこの帽子…何のことはない、つばを蛇腹に折っただけですが…つばを下げたり上げたり斜めにしたりと楽しく可愛い帽子です。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:35 | コメント (0)

2007年05月03日

つばが長い帽子

070503_blog.jpg

帽子も作らなくちゃいけません、慌ただしい。夏の帽子の裁断が終わったところ、手前に急下がりブリム(ブリムは「つば」のこと)のパーツがありますが幅16センチ、もちろんこんなに幅の広い急下がりのつばでは顔が隠れてしまって前が見られません。さて、どうする。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:17 | コメント (0)

2007年04月11日

フリフリ水色の帽子

070411_blog.jpg

こちらも以前の帽子の姉妹作。後ろの飾り部分のアップ…花をあしらったりしてみたりして可愛らしさ全開!

投稿者 あずさ*cheera* : 18:48 | コメント (0)

2007年04月10日

フリフリピンクの帽子

070410_blog.jpg

めいっぱいフリフリ、最後の仕上げの途中。半月程前に黒のシルクシャンタンでレースの帽子を作りましたが、その姉妹作といったところでしょうか。黒とピンクでだいぶ印象が変わります。今日は洗濯機の修理が来たり、クマ太郎の調子が悪かったりで昼間に制作が出来なかったので、夜なべ仕事になりました。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:39 | コメント (0)

2007年04月09日

フリフリピンクの帽子

070409_blog.jpg

帽子が出来つつあります。今は帽子の裏側にくっついているテープみたいなもの…サイズリボンと言います…を帽子本体に縫い合わせているところ。帽子制作の手順を超簡単にすると、裁断→本体縫製→サイズリボン付け→飾り付け、となるので、ここまでくれば完成目前というところでしょうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:29 | コメント (0)

2007年04月06日

フリフリのレースで

070406_blog.jpg

今までモノトーンが多かった反動、もしくはお花見の影響か。次の帽子の材料に選んだのはフリフリのレース…しかも水色とピンク。いかにも「春!」という帽子を作る予定です。

投稿者 あずさ*cheera* : 14:33 | コメント (0)

2007年03月26日

シルクシャンタンの帽子

070326_blog.jpg

ふたつめはレースのスカートの帽子。前からランプシェードと帽子のデザインは似ていると思っていて、そんな発想から出来た帽子です。

投稿者 あずさ*cheera* : 19:10 | コメント (0)

2007年03月25日

シルクシャンタンの帽子

070325_1_blog.jpg

白っぽい帽子だらけでは…といきなり黒のシルクシャンタン。黒のレースでデザイン違いの帽子を作ります。

070325_2_blog.jpg

まずひとつ。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:41 | コメント (0)

2007年03月24日

春の帽子

070324_blog.jpg

先日の春の帽子も出来上がり!ここ数日、帽子制作で大騒ぎ…何故かというと鎌倉・小町通りのギャラリーミンネで春のファッションと帽子展が今月28日〜4月9日まであるからで、明日の納品を控えて最後の追い込み。頑張れ〜!

投稿者 あずさ*cheera* : 18:32 | コメント (0)

2007年03月23日

麻生平の夏の帽子

070323_blog.jpg

出来上がり!

070323_3_blog.jpg


黒ラメのキャスケット
の飾り、変だ変だとずーっと思っていたのですがこれもついでに付け替えました。いつものフリンジのコサージュ、写真だとゴミがくっついているみたいだな。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:09 | コメント (0)

2007年03月22日

麻生平の夏の帽子

070322_blog.jpg

帽子の飾り。生地を両面接着芯で張り合わせ葉っぱの形に切り抜いてミシンステッチ、それを手でひねって表情をつけます。あとは帽子にとめつけるだけ。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:07 | コメント (0)

2007年03月21日

麻生平の夏の帽子

070321_blog.jpg

麻生平(あさきびら)という生地を使った帽子。苧麻や大麻を平織りにした生地で、麻の茎から裂いた状態のまま糸に使ったもの。ハリがある分しなやかさに欠けるのであまり服地には適さないようですが、夏の帽子にはどうでしょう???

投稿者 あずさ*cheera* : 16:05 | コメント (0)

2007年03月18日

春の帽子

070318_blog.jpg

春の帽子を作っています。キャスケットと同じ生地の形違い。同じ帽子を作っていても春夏の帽子は気持ちがわくわくします。花の飾りもちょっと大きめにしてみたり。

投稿者 あずさ*cheera* : 11:38 | コメント (0)

2007年03月05日

夏のブレード帽

070305_blog.jpg

今日は渋谷に仕事の打ち合わせに出掛けました。独身の頃は用事が終わっても市場調査と称し街をウロウロしていましたが、クマ太郎がいるとなるとそうもいきません。ささっと帰宅の主婦。
さて帽子、たまには違うものもこしらえます、グラデーションに染めたブレードの帽子。そのブレードの残りで飾りをつけて出来上がり。このグラデーションの帽子はたくさん並んでいるととても綺麗です。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:46 | コメント (0)

2007年03月04日

まだまだキャスケットを作っています

070304_blog.jpg

6枚はぎのキャスケットはこの冬、妹にこしらえた形の生地違い。つばの深さ(長さ?)は5.5センチ、小ぶりです。今の季節だったらこれでも十分ですが、夏に向けてはもうちょっと深くしても良かったかな。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:27 | コメント (0)

2007年03月01日

4枚はぎの麻のキャスケット

070301_blog.jpg

麻のキャスケットの続き、つば裏もこんな感じに。さらっとした感触の裏地をつけています。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:51 | コメント (0)

2007年02月22日

4枚はぎの麻のキャスケット

070222_blog.jpg

昨日のキャスケットも途中なのに次の帽子を作り始めてしまった…今度は麻とチェックのコンビ。クラウンのパーツを縫い合わせて、割台の上で縫いしろをアイロンで整えています。今こしらえている帽子は3月下旬に鎌倉のギャラリーの展示会用、今回はキャスケットをたくさん出そうと計画中。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:26 | コメント (2)

2007年02月20日

デニムのキャスケット

070220_blog.jpg

先日の4枚はぎのキャスケット…チェックのウール黒ラメの春夏バージョン、トップのボリュームを少し小さくして今回はデニムで。ただ縫っただけではつまらないので、チェックの生地を丸くアップリケしてまわりを少しほぐします。ちょっと手間はかかりますが、可愛いキャスケットが出来るに違いない!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:43 | コメント (0)

2007年02月10日

4枚はぎの黒ラメキャスケット

070210_blog.jpg

手元にあったグログランリボンの端切れとパールのビーズ、共布でくるみボタンを作り飾り付け。しばらく様子を見て、変だったら取っちゃえばいいし。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:08 | コメント (0)

2007年02月08日

4枚はぎの黒ラメキャスケット

070208_blog.jpg

黒ラメの方はクラウンの縫い代を表に出してほぐしてみました。飾りをどうしようか考えているところ。この2つのキャスケットは今月の帽子教室のサンプル作品、さて生徒さんの反応は如何に?

投稿者 あずさ*cheera* : 00:28 | コメント (0)

2007年02月07日

4枚はぎのチェックキャスケット

070207_1_blog.jpg

4枚はぎのパーツを縫って、ベルト、ブリム(つば)を縫い合わせると…

070207_2_blog.jpg

キャスケットの出来上がり!たっぷりしたクラウン、共布で作ったフリンジの小さいコサージュ(作り方はものすごく簡単)をつけて被ってみます。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:42 | コメント (0)

2007年02月06日

4枚はぎのチェックキャスケット

070206_1_blog.jpg

同じ形の帽子を生地違いで同時進行。こちらは極々ありふれたチェックのウール。

070206_2_blog.jpg

必要な箇所に接着芯を貼って縫い始めます。

投稿者 あずさ*cheera* : 13:29 | コメント (0)

2007年02月05日

4枚はぎの黒ラメキャスケット

070205_1_blog.jpg

黒ラメの生地…ご婦人のパーティードレスのようなイメージですが、これでキャスケットを作ってみても面白いかも。パターンを半日かけてこしらえたので早速作ってみます。

070205_2_blog.jpg

クラウンの部分はこんなパターンになります。

投稿者 あずさ*cheera* : 12:53 | コメント (0)

2007年01月20日

帽子の新年会

070120_2_blog.jpg 070120_4_blog.jpg

070120_3_blog.jpg 070120_5_blog.jpg

今日は帽子研究会の新年会。時間を30分早く間違えていた私は当然ながら一番乗り、余興に持って来たウクレレを練習しながら待つことしばし。手製の帽子を被ってめかしこんだ姉弟子らが続々と到着します。ここに紹介する皆さんは年齢と経験を重ねた60代〜70代、話を伺うと、ご主人が倒れた・自分自身の体調がすぐれない・親の介護で月に3度も帰省した…決して平穏無事ではないのですが、それでもまだまだ人生楽しむわよ〜!の意欲満々。姉弟子らのバイタリティに負けてはいられません。

070120_1_blog.jpg

今年も素晴らしい帽子をたくさん作りなさい!と弟子を鼓舞する師匠。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:17 | コメント (0)

2007年01月10日

だんだん帽子

070110_blog.jpg

紐が段々に縫い合わされてこんな帽子になりました。すっぽり深くかぶれば耳まで暖かく、適度なボリュームがいかにも寒い季節の帽子です。共布とパールのビーズでハットピンを作り、飾りにしました。写真だと「え…?」って感じですが、被った方が断然可愛い←いつもながら自画自賛。試着中の私を見て、旦那も「いいじゃん!その帽子、オレも欲しい!」しかしながら明日の帽子教室の生徒さんはミセスやハイミセスの方々、この少々奇抜な帽子を受け入れて下さるかどうか、とても不安。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:32 | コメント (0)

2007年01月09日

リバーシブルのウールで

070109_1_blog.jpg

昨日の成人式は特別イベントもなく(当たり前か)、帽子の生地の買い出しで新宿まで出掛けました。選んで来たのは厚地のウールのリバーシブル。

070109_2_blog.jpg

裁断後…紐がたくさんですが、これで帽子が出来上がります。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:26 | コメント (2)

2007年01月04日

クマ太郎の帽子

070104_1_blog.jpg

…といっても私が作ったワケではありません。大阪の叔母がクマ太郎に編んでくれた帽子、子供がいないので「大きさがわからへんかってん、かんにん」と言いながら差し出したのがこの帽子でした。しかも、女の子のようなピンクや紫←叔母の趣味。

070104_2_blog.jpg

そんな叔母の帽子は寒い高尾で大活躍!大叔父を送りに出掛けたクマ太郎。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:36 | コメント (0)

2006年12月15日

冬のキャスケット

061215_blog.jpg

ベージュのキャスケットの色違いがようやく完成。つばの形だけ、ちょっとばかり違えてみました。

061215_2_blog.jpg 061215_3_blog.jpg

クラウンとつばの間に幅2㎝のベルト、そこにさりげなくステッチを入れています。

投稿者 あずさ*cheera* : 09:09 | コメント (0)

2006年12月10日

ソフト風の帽子・2

061210_blog.jpg

つばの裏は黒の合成スウェード、皮の細い紐をラフに巻き付け羽根を挿しで出来上がり。帽子の後ろの頬被りをしている物体はアイロンで縫い代を割る時の割台、これがあると仕事が早くきれいに出来るので、市販の割台を参考に私自身で製図して(と偉そうにいうほどのことでもないが)セミプロの腕を持つ伯父に作ってもらいました。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:43 | コメント (1)

2006年12月09日

ソフト風の帽子・1

061209_blog.jpg

今週は国立の帽子教室、教材のサンプルの制作です。生徒さんからのリクエストでソフト風の帽子を作ることに…これは頭の部分。生地はヘリンボーンのウールにしました。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:35 | コメント (0)

2006年12月01日

色違いのキャスケット

061201.jpg

妹のキャスケット、色違いをもう一つ作り始めました。グレーのヘリンポーンです。4日の誕生日に間に合わせたかったのですがちょっと無理かな、ごめんなさい。

投稿者 あずさ*cheera* : 13:32 | コメント (0)

2006年11月29日

タックの入ったすっぽりかぶる帽子

061129_blog.jpg

出歩いてはマンガ描いてばっかりだと思われては心外だ〜、家事も帽子もやってます。明日の国立・帽子教室のサンプルでもありますが、こんな冬の帽子を作ってみました。やわらかいウールですっぽりかぶる帽子はトップの丸みを強調しているので可愛らしい雰囲気、いろんな年代の方に被っていただけるでしょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:19 | コメント (0)

2006年11月24日

ベージュのキャスケットの完成!

061124_blog.jpg

独り身の頃は3時間で出来た仕事が3日かかっても出来ません、が、ようやく妹の帽子も出来ました。新しいパターンによる新作です。ふんわりした適度なボリュームのトップが可愛い!と今のところ自画自賛。妹にかぶってもらって鹿児島で宣伝してもらいましょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:48 | コメント (0)

2006年11月20日

ベージュのキャスケット、途中経過

061120_blog.jpg

「いつでもいいからね」という優しい言葉に甘んじて、未だこんな状態の妹の帽子。可愛いのを作るから待っててね!リクエストのベージュのキャスケットは、合成スウェードと手織りの生地のコンビにしてみました。
ところでちょっと買い物に出掛けた昼過ぎの練馬で「あっちゃーん」と声をかけられ振り向くと、昨日の主役・M嬢とご主人が。今日は仕事をお疲れ休みにしてこれから庭の湯に行くとのこと、まだまだ恋人ムードいっぱいですね。それにしても地元恐るべし、うっかりスッピンで牛乳も買いに行けません。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:12 | コメント (0)

2006年11月13日

えんじ色の冬の帽子

061113_blog.jpg

オーダーのもうひとつの帽子が出来上がりました。おとなしめの風合いのウールですが、合成スウェードと組み合わせてメリハリが出たのではないでしょうか?フリンジの花飾りを付けて出来上がり、さっそくお送りしたところ。喜んでもらえるかどうか…お返事がくるまではちょいと不安。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:29 | コメント (3)

2006年11月11日

キッチンの帽子

061111_blog.jpg

オリジナルは相当昔、その当時こんなアップリケが面白くてさんざんこしらえた帽子のひとつを私の叔母がかぶってくれています。それを叔母の友人が見て「可愛いわ!」と思って下さったのかどうか、とにかく有り難いことにご注文下さったので久しぶりに細かいアップリケに挑戦。モチーフはポットやカップ、お鍋にエプロンといったキッチンでお馴染みの品々、それを両面接着芯で貼り、ご丁寧にフチを細かい目のミシンで押さえています。ステッチ用の太いミシン糸で取手などのステッチを入れ、ビーズをあしらったら出来上がり。オーダーはふたつ、もうひとつはまさに今からかぶる冬の帽子、急げっ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:07 | コメント (0)

2006年11月09日

リンダの帽子展@表参道

061109_2_blog.jpg

表参道・クレヨンハウス近くのギャラリー、Galeria Mに帽子の展覧会を見にお出掛け。クマ太郎を抱っこした私とにこやかに話す作家がリンダ・カオリ・タナカさん、帽子研究会の友人でサンパウロ生まれの日系3世。もともと洋服を作っていてその延長で帽子制作を始めたのですが、彼女の帽子はとにかく素材の選び方や組み合わせ、扱い方のセンスがいい!今回はブラジルで仕入れてきたレースを染めて仕立てたキャスケットがたくさん出ていましたが、手仕事の味わいがとても素敵な帽子でした。「ああ、私も頑張らなくちゃ〜、帽子作らなくちゃ〜」と刺激されまくり。右手奥はブラジル系放送局の撮影クルー…実はリンダさん、ショウや雑誌などで活躍する立派なデザイナー!会場に見える服も、もちろん彼女の作品です。

061109_1_blog.jpg

レースのキャスケットをかぶらせてもらって、作家との1枚。クマ太郎、寝ています。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:48 | コメント (0)

2006年10月28日

キャスケットの注文

061028_blog.jpg

鹿児島の妹から電話。
「あっちゃーん、帽子作ってもらえる?」(よっ、待ってました!)
「お店で可愛いキャスケットがあって」(まだまだ流行ってるからね)
「一瞬、買おうかとしたけど」(それはいかん!)
「あっちゃんに作ってもらえばいいって思って」(そうこなくっちゃ)
チャコールグレーとベージュの帽子がふたつ欲しいとのこと、カタチはお任せだということなので早速生地を探して見積もり中。

投稿者 あずさ*cheera* : 15:22 | コメント (0)

2006年10月27日

第3回 marche de chapeaux に行ってきました

061027_1_blog.jpg

昨年映えある第一回に参加した「帽子市場」。半年ごとの展示会を重ね、今回は第三回を迎えることになりました。5月は出産直後・今回は育児休暇でお休みしましたが、次回はそろそろ復活しても…と思いながら、今日はクマ太郎と見学にお出掛け。それよりも1年ぶりに会う皆さんは私のことを覚えているかしらん?と不安でしたが、有り難いことに「今度は一緒にやりましょうよー」とまで声をかけていただき感謝感激。クマ太郎が皆に抱っこされている間、ゆっくり作品を見学、今回は17名の作家が参加、個性溢れる帽子が並ぶ様に「ああ〜、帽子が作りたい!」お客様の注文に応じる村木ミチルさん、柔らかい優しい帽子は「CHAI」というブランド名。

061027_2_blog.jpg

帽子の学校に通いながら制作する可愛い高橋さんの作る帽子Le Pois 。以前と雰囲気が違うぞ?と尋ねると「何でもやっちゃえぇって思って〜」との答えが。ご本人はふわんとしているのに、造花は丁寧に作り込んでありしかもこのピンク!秘めたる情熱、ですか。

061027_3_blog.jpg

「ゴーヤ帽子」を作るブレード職人のケンジタマヲさんは、今年はこんなキュートな帽子を用意していました!「クマ太郎に如何ですか?」と心を揺さぶるセールストークにぐらっときましたが、まだ早い。もうちょっと大きくなったら家族お揃いでこしらえてもらおうかしらん。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:19 | コメント (0)

2006年10月26日

オーダー、ありがとうございます

061026_blog.jpg

帽子のオーダーを頂くと、生地探しと並行して帽子の型やサイズ直しがあるかどうかを確認し、制作に入ります。
メールでやりとりできれば簡単で早いのですが、生地見本を送ったり、簡単でもデザイン画で細かい調整を見ていただくと間違いが少なかったりするので、どうしても手紙を書いて郵送することに。
面倒といえば面倒ですが、日頃キーボードに頼る言語中枢を活性化させるにはいい刺激かと、今日もせっせとペンを走らせました。
オーダーは夏物と冬物の帽子をひとつづつ。
生地のOKが出ればすぐに制作に入ります。

投稿者 あずさ*cheera* : 16:02 | コメント (0)

2006年10月24日

動物変身帽子

061024_1_blog.jpg

11月中旬の気温、雨、風…今日は出かけないぞと決め込んで仕事しかけると愚図るクマ太郎。最近はこっちもあの手この手であやしにかかりますが、そんなときにはこの帽子。綿のリブニットのハギレでこしらえた大人用、これをかぶって「いないいないばあ」をしたり「ころころころ」を読んだり。本日はクマ太郎をおんぶしてウサギ帽子をかぶり、ウクレレで美空ひばりの「真っ赤な太陽」を熱唱しました。

061024_2_blog.jpg

ウサギ帽子は尻尾つき!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:03 | コメント (1)

2006年10月21日

帽子の研究日

061021_1_blog.jpg

帽子の研究日。
クマ太郎が預けられなくて困った今日は、皆の迷惑にならないようにと、お昼休みをはさんだ僅かな時間だけでしたが顔を出しました。
ドアを開けた次の瞬間に、前向き抱っこのクマ太郎に師匠・姉弟子らの歓声があがり、早速師匠が抱き上げて「よしよし」
皆が入れ替わり立ち替わり抱っこしてくれたので、お昼ごはんも帽子の用事も手早く済ませることが出来て良かった良かった。
しかも師匠から量産品で使った裏地のハギレの大放出があり、だいぶ頂いたので、これまた大助かり。

061021_2_blog.jpg

今週水曜日から藤沢・小田急で師匠とそのアトリエの帽子展。
師匠の仕事場は山のような帽子で埋まり、材料の生地や帽体も隅で唸っています。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:27 | コメント (0)

2006年10月12日

帽子教室で嬉しいことがありました

061012_blog.jpg

国立の帽子教室の日、本日の教材はベレーのようにかぶることが出来る帽子。
てろっとした生地でしわになりにくいので、旅行の時にも良いでしょう。
さて、今まで一緒に指導をしていたU先生が体調が優れず辞めることになりました。
それを知った生徒さんがお茶とお菓子を用意して下さり、急遽午後のお別れ会に。
U先生の挨拶の後に「自己紹介でもしましょうか?」と、生徒さんひとりひとりのお話しを伺う機会に恵まれました。
たかがカルチャーセンターの月一回の教室、が、皆さんいろんな思いを持ってこの教室に来てくださっています。
曰く「この教室のおかげで生活にハリがでた」「上手く作れなくても楽しめればいいことがわかった」「老齢の母を呼び寄せて介護の日々、帽子制作が唯一の息抜き」などなど…。
私の母くらい、もしくはそれ以上の人生の先輩が「あずさ先生、これからも細く長く続けますのでよろしく」と言って下さるのです、もうそれだけで「どうもスミマセン」と頭を下げたくなる気持ちでした。
それにしても、自分が好きなことで他の人の役に立ったり喜んでもらえ、それがまた自分を幸せにする
なんて、素晴らしいことです。
自信がなくなったりへこんだりすることもたくさんありますが、このようなことがあると「自分のしていることは間違ってないんだ」と勇気とやる気が出てくるもんですね。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:19 | コメント (1)

2006年09月17日

新作の冬の帽子

060917_blog.jpg

クラウンはラメ入りのウール・つばは合成スウェードの冬の帽子、前つばをちょっと上に上げての撮影です。
黒いタートルネックのセーターにジーンズ、そんなときに被るのは如何でしょう。
家事と育児の合間をぬっての制作は今までのようにはいきません…ひとつ仕上げるにも時間がかかることこの上無し!
在宅仕事の旦那と、同じマンションのフロア違いに住む実家の協力を得て頑張ってます。
鎌倉・小町通りのギャラリー・ミンネでの「秋のヨーロピアンモードと帽子展」は9月22日〜10月9日まで。
秋の鎌倉探索のときにはお立ち寄り下さい。

投稿者 あずさ*cheera* : 15:06 | コメント (0)

2006年09月15日

キャスケットふたつ

060915_1_blog.jpg

先日の犬の生地はこんなキャスケットに。
思った通りの仕上がりだったのですが、うーん、思った以上にはならなかった。

060915_2_blog.jpg

こちら、裁断しておきながらずっと寝かしてあったキャスケット。
これが想像以上に可愛く(自分で言うな!)出来てびっくりの大満足、旦那も誉めてくれました。
上のキャスケットも決して失敗ではありません、が、ちょっとノスタルジックな緑の犬の生地を生かすもっともっといいカタチがあったはず…じっくり探すべきだったと反省中。
このふたつのキャスケットも鎌倉で展示されます。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:40 | コメント (3)

2006年09月14日

鎌倉行きの秋冬の帽子

060914_1_blog.jpg

クマ太郎を母に預けて、国立の帽子教室へ。
さて、ギャラリー・ミンネでの展示会用の帽子、第一陣を発送しました。

060914_2_blog.jpg

以前使ったシャーリングの生地が色違いで少しづつ余っていたのが幸いし、
帽子がふたつ出来ました。
展示の際は「同じデザインで色違い」とか「同じ生地でデザイン違い」などで
揃いの帽子が2〜4個あると、展示が上手くまとまって見えるようです。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:06 | コメント (0)

2006年09月04日

モー娘。の「リボンの騎士」

060904_1_blog.jpg

この8月新宿コマ劇場で公演されていたモー娘。の「リボンの騎士」のパンフレットが届きました。ここで使われている宣伝用の衣装の帽子を、4月に作ったからです。

060904_3_blog.jpg 060904_2_blog.jpg

私がこしらえたのはサファイアの白い帽子ピエールの茶色い帽子。コスチュームという仕事の楽しさを垣間見た制作でした。サファイアの帽子はリボンが違っていますが、それは演出の都合で変えたようです。それにしてもモー娘。なんて全然知らない娘ばかり、大体おニャン子クラブとの違いがわからない段階でアウトな私でしょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 15:03 | コメント (3)

2006年09月01日

緑の犬のキャスケット

060901_blog.jpg

4月に帽子を展示してもらった鎌倉・小町通りのギャラリー・ミンネ
9月22日から秋物のファッションをテーマにした展示をするので、いくつか帽子を送って欲しいと…夏の初めに連絡がありました。それなのに、あぁそれなのに。本腰入れて制作し始めたのは今日になってから。ただでさえまとまった時間がとりづらいこの毎日、帽子は完成するのだろうか。これは犬の織り模様の入ったウール地。つばの小さいキャスケットになる予定です。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:09 | コメント (0)

2006年08月09日

旦那のキャスケット

060809_1_blog.jpg

帽子屋の旦那さんがいつまでも冬の帽子を被っている。しかし私の名誉のために付け加えておくと彼は私がこしらえた夏の帽子を既に幾つか持っているはずなんだが…ともあれ、今の状況はいくらなんでもひどい!というわけで、ハギレを引っ張り出して帽子制作。

060809_2_blog.jpg

出来上がりつつあるキャスケット、この後ブリム(つば)とクラウンを縫い合わせ、サイズリボンをつけたら出来上がり。週末、藤野の牧郷ラボでの「ひかり祭り」に出掛けるので、その時に被ってもらいましょう…ちょっと可愛らし過ぎたかなあ。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:17 | コメント (0)

2006年07月11日

久しぶりに帽子を

060711_blog.jpg

木曜日の帽子教室用のサンプルを作っています。
しかーし、以前は3時間あれば出来た仕事もいろいろな用事に押しやられ
取りかかったのはクマ太郎がようやく寝ついた夜中過ぎ。
しかも。
これから裏地を縫って…というところで息子さんがお目覚めになったので
あえなく翌日に持ち越されたのでした。
生地はざっくりした無漂白の綿、一番ベーシックな形のひとつです。

投稿者 あずさ*cheera* : 10:56 | コメント (0)

2006年04月24日

茶のニットのキャスケット、皮のベルト付き

060424_blog.jpg

昨日の続き、こちらは男の子役(でも演じるのは女の子だ)の帽子。
一応これで今回の仕事はおしまい。
これからフィッティング、撮影があるので
宣伝写真が我々の目に入るのは随分先なんだろうな…。
ちなみに白い帽子をかぶる主役名はサファイア、
この茶の帽子は牢番ピエールという役名用。
何のお話かわかった人はいるでしょうか???

投稿者 あずさ*cheera* : 01:07 | コメント (0)

2006年04月23日

白いレースの帽子、羽飾りとリボン付き

060423_blog.jpg

どういうわけで私のところに辿り着いたのかはよくわからないのですが
ひょんなことから広告用の帽子を急いで作ることに。
舞台の宣伝写真でタレントさんがこの帽子をちょこんとのっける…らしい。
とにかく非日常ですから、普段使いではあり得ない大きさ・素材・飾り、
でもいつもと違うこういう仕事は、また違ったワクワク感があります。
旦那が「楽しそうだねー」としみじみ、顔に出てたんですか、お恥ずかしい。
さてあともうひとつ、急げっ!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:52 | コメント (0)

2006年04月14日

ブレードの帽子

060414_blog.jpg

昨日、相棒の先生から譲ってもらったブレードの帽子…のパーツ。
これからの季節にぴったりの涼しげなグラデーション。
ブレードというテープ状の素材は
自分でちくちく縫って帽子の形に作ることもありますが
細い素材の場合、ある程度の数が揃えば職人さんに縫ってもらう方が
早くて綺麗なので、このパーツも発注したもの。
(職人さんはブレードミシンという特殊なミシンでダーッと縫い上げます)
ご覧の通りクラウン(頭)とブリム(つば)部分が分かれていて
あとは上下くっつけて形を整えて、飾りをつけるだけ…
ちょっとずるい感じ?

投稿者 あずさ*cheera* : 22:18 | コメント (0)

2006年04月11日

帽子スタンドにひっかかるもの

060411_blog.jpg

帽子をひっくり返したついでに自分の帽子の入れ替え。帽子屋のわりには2〜3個の帽子をヘビーローテーションで被っているお粗末さで、「本当はたくさん持っているのだ」と自分に言い訳しつつ帽子スタンドにひっかけていきました。このスタンドはプロ級の腕を持つ伯父にオーダーで作ってもらったもの。非常に快適に使っております、が、本来は帽子をひっかけるところに何やら侵入者。旦那の持参品で、足の多さに最初はあまり親しみを持てなかったのですが(ムカデやイモムシなどなど、苦手です)さすがに毎日見ていると(ちょうどベッドに横になると目が合う位置)ちょっとばかり情が移ってきたこのごろ。彼の下にひっかかっている、てっぺんに花のついたベレーは私の作品。この季節、ベージュの上着やトップスに合わせて重宝しているひとつです。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:28 | コメント (0)

2006年04月10日

ハンドプリントの帽子

060410_blog.jpg

帽子を送る用事がありました。もちろん今は新作は作っていないので、先方にこちらの事情を説明した上でストックの帽子の数を揃えて送った次第。さて、久しぶりにひっくり返した帽子の山から出て来たのがこれ。ちょうど4年前に作ったものなので、古い古い。花柄は徹夜で染料で手書きしたもの、飾りは師匠の手を借りて仕上げました。もちろんまだ未熟なところもあるのですがなかなかここまで手をかけてひとつの帽子を作る事がなくなった今は、むしろあの熱心さが未熟さを超して愛おしかったりします。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:09 | コメント (0)

2006年03月24日

帽子の材料屋

060324_blog.jpg

いくつか用事を済ませに出掛けましたが、中野に寄った際に覗いた
帽子材料店ニシダ
昨日今日と春のセールだったのですが、最終日夕方はもう閑散としていました。
材料を手に取ってみたりしたものの
部屋にどっさりある材料を思い出して、棚に戻した帽子屋。
あれを片付けない事には、どうにも新しいものを入れる余裕はないぞ。
(かなり深刻です)
カラフルな帽子の材料がたくさんある様子は絵になるのですが
店内撮影禁止なので、外からの一枚。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:30 | コメント (0)

2006年02月25日

電球の帽子

060225_1_blog.jpg

トラーベ・アート・フェスティバル作った帽子の余りの部分で、小さい小さい帽子を作りました。
今までは展示会のときの名刺入れになったりしてたのですが…

060225_2_blog.jpg

今は電球形蛍光灯の笠に。
直接ひっかけているので、白熱電球より発熱は少ないとはいえ危険!
それは今後仕掛けを考えるとして、でもなかなかムーディーな照明になりました。
帽子とランプシェードって形が似てるなあと前々から思ってはいたんですよ。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:43 | コメント (0)

2006年02月18日

白い花の帽子

060218_1_blog.jpg

残念ながら私の帽子ではありません。
今日は帽子の研究日、ハンチング帽のサイズ補正の仕方を師匠に教わり
せっせと型紙を作っていた私の目の前で
姉弟子が(師匠に手伝ってもらいながら)こんな帽子をこしらえていました。

060218_2_blog.jpg

ブレードとグースの羽根と、ばらした造花をラフに止め付けた飾りですが
かっちり作り込んだ飾りよりも、軽やかさと優さが現れるような。
冬の暗く重い帽子を作っていたのが、春夏の明るい帽子になっていくのは
なんとはなしにわくわくしていいものです。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:43 | コメント (0)

2006年02月17日

ハンチング帽のパターンを見たことがありますか?

060217_blog.jpg

「帽子の手帖」内の作り方のところで
代表的な帽子の型紙は紹介していますが
ところでハンチング帽の型紙はどうなっていると思いますか?
これがその型紙。
(これにあと三日月型のつばがつきます)
左にごしょごしょとあるのはサイズ違いの型紙なので気になさらずに。
タコみたいな部分が頭の上になるところ
上のカーブしているのが横になるところですが
どう合わせたら、あのハンチングの形になるのかはご想像下さい。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:35 | コメント (0)

2006年02月11日

フェイクファー

060211_blog.jpg

フェイクファーを使ったことのある方には言うまでもないことですが
あのふわふわの毛の裏はニット状の生地になっています。
生地によっていろいろですが、これは縦伸びはほとんどなく横に伸びる生地。
で、そのフェイクファーを裁断するときは
毛足を避けるように、ハサミを裏地だけに沿わせて切っていくと
毛をぶつぶつ切るような表地のダメージを最小限に抑えられます。
そうはいってもフェイクファーの仕事は埃だらけになるので
確かにファーの感触は他では得られないものの
あんまりなー…というのが帽子屋の本音。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:11 | コメント (0)

2006年02月10日

帽子の下ごしらえ

060210_1_blog.jpg

ざくざくした生地を使うときは
扱い易くするために接着芯を貼ることが多い帽子屋。
ただしあくまでもほつれ止めなので、
接着芯はごくごく薄いもので充分。

060210_2_blog.jpg

キャスケット型の場合、型紙は1パターンで済むのですが
こうやって複数作っておくと、生地の見積もりをとるのに便利。
大事な材料を無駄なく使うためにいろいろ工夫しております。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:01 | コメント (0)

2006年02月08日

ハギレの整理は続くよ、いつまでも

060208_1_blog.jpg

いい天気の今日は、やはり片付け。
大きい布の整理は一段落(といっても完全に片付いているワケではない)、
そしてその後に待ちうけていたものはハギレの山、山、山…。
帽子や小物を作ろうと、いつの間にかこんなに溜まってしまいました。
ホームセンターでよく売っている収納ボックスにぎっしり2箱、
それをなんとか1つにしようと始めたのですが。

060208_2_blog.jpg

逆立ちしても使わないもの、どうしようかと思って取っておいたものを
「えいやっ!」と処分してもまだこんなに。
正確には1,3箱くらいには減らしたと思います。
あー、でもこの他にも帽子の材料が1箱あったりして
なんでこんなにモノがあるんだろう~。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:21 | コメント (2)

2006年02月07日

フェルトのベル帽体

060207_2_blog.jpg

今週木曜日は国立の帽子教室でした。これは今回の教材、フェルトの帽子を作るための帽体という素材。ウサギの毛で作ったファーフェルトで、チェコやポーランドのものが一般的のようです。冬の帽子は黒やグレーなど無難に暗い色を多く使いがちなので先月は白、今月はこのようなカラーを持って行ってみました。

060207_1_blog.jpg

こんな帽子を作ります。このフェルトは私が裾を濃く染めたもの。切れ端で頭周りの飾りを作ります、無駄は出しません!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:20 | コメント (0)

2006年01月12日

ウールとボアのすっぽりかぶる帽子

060112_blog.jpg

奮発してイタリア製のウールの生地を買ってしまいました。
ざくざくした織でこの寒い季節は特に暖かそうだし可愛らしい、
しかしウール地の在庫もあるのになあ…とかなりかなり迷ったのですが
結局しっかり購入、で、帽子。
ニット帽もどきのすっぽりかぶる帽子は、フェイクファーの折り返しをつけて。
(帽子屋、編物をしないので、ニット帽が作れません)
深いので耳まで隠れて、きっと重宝するでしょう。
明日は冷え込むようなので、この帽子をかぶって出掛けるつもりです。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:57 | コメント (0)

2005年12月03日

花だらけ

051203_blog.jpg

先日作っていたシルクオーガンジーのコサージュ
我ながら気に入ったので昔染めたオーガンジーも引っ張り出して
ミシンで縫って、ギャザーをよせて、くるくる巻いて…
我ながら飽きずにやるなと感心します。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:09 | コメント (0)

2005年11月16日

そして最後の帽子

051116_blog.jpg

明日は搬入・展示なので荷造りしながらの最後の帽子。
今回の展示会は20名の大所帯、
各自ブース以外にテーマを決めて競作もしています。
この帽子のテーマは「ノスタルジック」
他にはどんな帽子が並ぶのでしょう?
さすがにくたびれました、もう寝ます、おやすみなさい。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:54 | コメント (0)

2005年11月15日

もひとつ刺繍の帽子

051115_blog.jpg

パリで買ってきたもうひとつの生地でこんな帽子も作りました。
つばは小さめ、羽根をちょっとあしらってみたりして、
小ぶりの帽子もなかなか可愛いもんです。(自分で言うな)
この生地の買い物のとき…
帽子屋、あまりにみすぼらしい格好だったんでしょうか、
生地にハサミをいれる年配の店員さんに
何度も値段と長さの念押しされたのを思い出します。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:25 | コメント (0)

2005年11月14日

パリの刺繍生地の帽子

051114_blog.jpg

病み上がり、というよりも風邪騙し騙しで帽子を作っています。
昨日のCDのバックの生地は、地元の女友達と遊びに行ったパリ滞在中、
モンマルトル近くの生地屋街(西日暮里みたいなもんでしょうか)で買ったもの。
シルクの総刺繍(ミシン刺繍)、けっこう高価だったのですが
「いずれ使うときが…」とそのまま押し入れで3年、
とうとう日の目を見ることになりました。
週末の帽子展に並べます、皆さんどうぞお越し下さいませ。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:04 | コメント (2)

2005年10月18日

ためになる帽子講座・フェルトの帽子の作り方4

051018_1_blog.jpg

ちょっと風邪っぽいようで、日記も遅れがちです。
さて、本体のつばのぐるりに波型に切ったフェルトを重ねてミシン。
これでつば周りがしっかりすると同時に、アクセントにもなります。

051018_2_blog.jpg

紐状に切ったフェルトで最後の飾り。
これはまち針で仮留めしてありますが、もちろん仕上げは糸で縫い留めます。
その場合、あまり頑丈に縫い付けると窮屈になるので
「外れなきゃいい」くらいのほうが柔らかい雰囲気でいいことも。
…もちろんそれは臨機応変ですが。
仕上がったこの帽子は、
木版画家のご年配ながらとてもかっこいい女性からのオーダー。
黒い冬の上着に合わせて被ってくださるそうです、
さぁ、納品、納品!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:43 | コメント (2)

2005年10月17日

ためになる帽子講座・フェルトの帽子の作り方3

051017_1_blog.jpg

連日の雨、しかもけっこう雨足が強い。
昨日の晴れ間、窓ガラスをキレイに拭きあげたというのに…。
さて、帽子のつばは4ヶ所にクサビ型の切り込みを入れ、
この部分を合わせることによってつばを傾斜させます。
つまりフェルト帽体のままだとかなり平たいつばを
少々下げるための仕掛け。
そのクサビ型の両脇に穴を開けます。

051017_2_blog.jpg

ただ縫い合わせるだけでは芸がないので
切り落しで作った紐で、開けた穴どうしを編むように。
これでクサビ型のカットも立派な飾りになりました。
作業上の工程で必要な部分もそのままにしておかないで
出来るだけデザインにしてしまいましょう…
なんて書くとカッコいいのですが
「転んでもタダじゃ起きない」精神も感じられます。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:38 | コメント (2)

2005年10月16日

ためになる帽子講座・フェルトの帽子の作り方2

051016_1_blog.jpg

つば部分は8〜9㎝のカーブを作ってカット。
切り捨てる端部分もこれから使うので
細かく切り刻んだりしないで、円状のままきれいに切り抜きます。

051016_2_blog.jpg

その端部分、幅1.5〜3㎝の波状に切り出し、
残りは円に沿ってぐるぐるながーく、細い紐状にカットします。
あの端部分でこれだけのものが作れますが、さてこれが何になるかはまた次回。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:45 | コメント (0)

2005年10月15日

ためになる帽子講座・フェルトの帽子の作り方1

051015_blog.jpg

帽子屋、帽子の注文をこなしています、
今日はフェルトのつば広の帽子。
フェルトの帽子の材料「フェルト帽体」を
蒸気でよく蒸して柔らかくして、一気に木型にはめ込む!
あまりぎゅーぎゅーひっぱるとフェルトが薄くなるので
手早く優しくしっかりと、が大切。
頭周りをコードでしっかり締めて押さえ、そのまま完全に乾かします。
つば(ブリム)まで木型に入れることが多いのですが
この帽子のつばはフリーハンドで作るので
頭(クラウン)部分のみコードで…ねずみが締めてくれていますね。
頭にのっかっているのはkumacoさんが置いた紫水晶。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:34 | コメント (0)

2005年10月14日

ためになる帽子講座・サイズ直し

051014_1_blog.jpg

お買い上げの帽子のサイズ直しをしなくてはなりません。
飾りを全部取りサイズリボンを外して、お客様のサイズに合わせたサイズリボンを新しく付け直します。

051014_2_blog.jpg

こんなふうに覗き込みながらの仕事。
サイズ直しが3㎝くらいになると、このようなフェルト帽子の場合は木型に入れ直さなければなりませんが、1㎝前後の直しの場合はサイズリボンの調節だけで大丈夫…フェルト帽体はある程度伸び縮みの融通がききますので。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:28 | コメント (0)

2005年10月11日

デザインの秘密のネタ帳

051011_blog.jpg

展示会に来た方とお話していて、良く聞かれることは
「こんなにたくさん作って、よくアイデアが尽きませんね」
いえいえ、本当はもう枯れ果てそうです、苦し紛れの産物も多々あります。
ただ日頃から雑誌などのスクラップはしていて強いて言えばこれが私のネタ帳?
数年来育てているスクラップブックは、帽子を含むファッション、インテリア、雑貨、フラワーアレンジメント、風景などなど、私が「いいな!」と思ったものがジャンルを問わずぎっしり!
ときどき私の中での旬が過ぎて外されてしまうものもありますが、こうやって常に「自分の好きなもの」を整理してまとめていると客観的に自分の嗜好や傾向がわかるし、もちろんデザインやその前段階のイメージのヒントも得られます。
そろそろ切り抜きが溜まってきたので整理しなくちゃ…時間がかかって面倒といえば面倒なんだけれど。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:23 | コメント (2)

2005年09月29日

フェルト帽子にマラボーの飾りを

050929_blog.jpg

完成したグレーの帽子、
色違いのワイン色の帽子は木型に準ずるチップという型に入れただけ。
これからエッジの始末、頭周りのサイズリボン、形を整えてマラボーの飾りをつけます。
マラボーは、西アフリカ産のアフリカハゲコウ(Marabou Stork) の羽根のこと。
ねずみ、羽根飾りに興奮したらしい。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:31 | コメント (0)

2005年09月26日

ベレー帽と格闘

050926_blog.jpg

ベレー帽は私の好きな帽子の形のひとつ。
一時、ベレーだけでも20個くらいあったときもあって、頭がひとつなのに一体どうするんだー!
気軽にかぶれるこんなに便利な帽子なのにどういうわけか敬遠する方も多く、
どうやら「形が定まらないからどうやってかぶって良いかわからない」らしい。
どうやってって…頭にかぶるんですよ。
さて、そのベレー帽。
そのままでも充分ですが、もうひと手間加えるとさらに素敵になります。
そこで手持ちの飾りテープでおめかしさせようと…
あーあーあー、邪魔が入りました。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:16 | コメント (2)

2005年09月24日

答合わせをしまーす!

050924_1_blog.jpg 

猛然と書きまくって宛名書きは終わった…腱鞘炎になるかと思った。
(あー、やっぱり切手貼りは地元の応援部隊に頼めば良かったよ)
そして休む間もなく帽子を作る、これぞ帽子屋の鏡。
おととい裁断したパターン、いつもと縫う順番が違います。
まずは片方のてっぺん部分をと片方の横部分を縫い合わせて…

050924_2_blog.jpg

それからその二つを合わせて縫う。
ちょうど頭のど真ん中を前後にミシンをかける感じです。

050924_3_blog.jpg

表に返すと、こんな風にソフト風(中折れ風)の帽子に!
帽子を作っている方は既におわかりだったでしょう。
他にも面白いパターンがたくさんあるので、またいつか紹介しましょう。
これから裏地をつけて、つばと縫い合わせて完成です。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:15 | コメント (3)

2005年09月22日

クイズ・これはどんな帽子になるでしょう?

050922_blog.jpg

裁断が済んだ帽子のパーツ。
左はブリム(つば)の表と裏、右の上は頭のてっぺんの部分、下2枚は頭の横の部分。
で、考えてみて下さい。
これはサイト内「作り方」にも出て来てない形です、どんな帽子になるでしょうか?
…えー、ねずみさん。
手伝えとはいいませんが、クッキーを食べ散らかすのは止めて下さいませ。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:10 | コメント (3)

2005年09月21日

四角がいっぱい

050921_1_blog.jpg

展示会前になると細々した用事も増え、こんなプライスカードも手作業でこしらえます。
それでもPCとプリンターのおかげでずいぶん楽になりました、
プライスカードは「単語カード」用紙を使っています。
既に穴も空いているし、それなりに見えるでしょう。

050921_2_blog.jpg

帽子屋、おやつのクッキーを焼きました。
ブロックで冷やして切って焼くだけなのであまり愛想のない四角なのですが、自宅用には充分。
バター100g、砂糖50g、卵1個、粉100gのいたってシンプルなレシピ、
しかし飽きのこない味なので私の定番になっています。
甥っ子はこのクッキーが大好き、東京の伯母さんが鹿児島に行くときのお土産は必ずこれだー。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:21 | コメント (2)

2005年09月20日

インドの思い出の帽子のからくり

050920_blog.jpg

ベレー風の帽子は2種類ありますが、そのうちのひとつ。
ブリム(つば)を除く頭の部分はこの3つのパターンで出来ています。
こんな円弧状のものを縫い合わせると丸くなる…
ずっと平たい布を染めていた私にとって
帽子を作る面白さは「平面のものが立体になっていく」ところかもしれません。
もちろん実際にかぶって楽しめることも大いにありますが。
これは裏地の裁断中の図。
5㎝刻みにグリッドの入った作業台は、生地の歪みや用尺をみるのに非常に便利、
帽子屋がマジックで一本一本地道に描いた成果です。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:22 | コメント (0)

2005年09月19日

帽子に姿を変えたインドの思い出

050919_blog.jpg

10年ほど前にインドを旅行した帽子屋。
デリーからムンバイまでをほとんど電車移動という、思い出深い半月ほどの旅行となりました。
…駅で買い食いしたサモサが旨かったなぁ。
そのときの母親へのお土産はシルクウールの大判のストールでしたが
少々堅い触感のため出番がないまま「使わないわ」と返品され
そして本日とうとう切り刻まれて、帽子として生まれ変わった次第。
上等のベレー風の帽子、顔が明るく映えます。
如何ですか〜?←商売、商売。
手仕事の国・インドは帽子屋兼染物屋の憧れの国、
CHeeRAのもとになったchiraはヒンズー語で被り物の意味です。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:54 | コメント (0)

2005年09月14日

まるいもの2題

050914_1_blog.jpg

いろんなものを並行して作っているので、なんだか散漫な制作進行ですが
今はハワイのフラの生地の裁断をしていました。
つば広の帽子、これはそのつば部分6枚の図。
帽子用語でつばのことをブリムbrimといいますが「縁」とか、「へり」の意味。
ちなみにキャップのように正面だけのつばは
バイザーvisorと言いますが(サンバイザーとか)これは「日よけ」の意味。
ブリムはおおよそまるい型紙なので
生地の模様をどう出すか、どう出るかを考えながら裁断します。
思った通りに模様が入らないときもあるのですが、それはそれ、偶然の面白さということで。

050914_2_blog.jpg 050914_3_blog.jpg

まるいもの繋がりでこんなものも。
仕事で通る千駄ヶ谷・国立競技場にあるレリーフですが、意外に気が付かない人も多い。
本来の体育の日(10月10日)は
その東京オリンピックの開会式の日だってことも付け加えておきましょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:36 | コメント (0)

2005年09月13日

ウサギの毛のフェルトが帽子の材料になります

050913_blog.jpg


赤いフェルトの帽体は、まだ手つかず。なのでフェルトの勉強でも…フェルトというと真っ先に思い出すのが「羊の毛」ですが羊の毛をフェルト化して作った帽体は安くて丈夫だけど、硬くて重い!一方、ウサギの毛をフェルト化して作った帽体はファーフェルトと呼ばれ、ウールに比べて柔らかく、一般に高級素材とされています。前述の赤い帽子は「ファーベロア」ウサギの毛を毛足1mmくらいのビロード調に光沢良く仕上げたもの。写真はそのファーベロアの帽体の色見本、問屋さんに行くとカラフルな帽体が所狭しと並んでいて、目移りが…。フェルトの染織はわりと自由なので、どんな色にも染められるはずですが秋冬という季節がら、落ち着いた暗い色の方が多いようです。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:52 | コメント (0)

2005年09月08日

毛皮の話…難しい話

050908_blog.jpg

現在製作中の秋冬物のための素材探し、アトリエをひっくり返したら埋蔵品をわんさか発掘…で、毛皮の話です。
これはネズミの一種、ヌートリア。
私の場合(オーダーでリクエストされるとき以外)制作ではフェイクファーを使うことがほとんど…リアルファーよりも安いし手入れも簡単、しかも最近は目移りするくらい様々な色やデザインのフェイクがあって選ぶのが大変なくらいだし、フェイクでも充分素敵で楽しい帽子が作れると思っているから。
が、やはり本物の毛皮の手触り・色艶は格別。
なのでこれは「とっておき!」のためにキープしておくことにしましょうか。
これからの季節、アクセサリーやジャケットなどカジュアルに使われる毛皮が目につくことが多くなります…なかでもウサギは早く大人になってたくさん子供を産むので、その毛皮は安く提供され(でも質はあまり良くない)手頃な値段のマフラーやバッグなどなどはウサギが多いようです、タグを見てみて下さい。
さて、それに反対している人々も根強い運動を続けていて、毛皮を扱うことのある私の立場は非常に辛い。
もし動物愛護に興味のある方がいて、そうとうショッキングな画像も耐えうるのでしたらこちらをどうぞ。
毛皮に限らず、宝石、酒、タバコ…趣味嗜好の問題は本当に難しいです。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:11 | コメント (5)

2005年09月06日

帽子がまっぷたつ!

050906_blog.jpg

冬になると「冬物帽体」といわれるフェルトの素材を使います。
旧東欧のものが多い中、これはチェコ製。
そのまま形作って帽子に仕上げるのももちろんですが
たまには上下に分けて、違う素材と組み合わせたりします。
奇麗な赤い帽子、威勢良くまっぷたつにしたはいいけれど、
これから、どうしーよーうー。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:36 | コメント (5)

2005年09月01日

暑いのにウールを縫っています

050901_1_blog.jpg

昨日に引き続き秋冬ものの帽子制作、今日はウールと合成スウェードのコンビの帽子。
異素材を組み合わせる遊びがどんどん出来るのは
帽子や靴、バッグの楽しみのひとつかもしれません。
(素材が足りないときの有効手段でもあるのでこのワザはかなり重宝)
最近作っているものは10月の東急展示会用の帽子です。

050902_2_blog.jpg

まだ途中。
これから裏地と、頭まわりのベルト(サイズリボン)をつけます。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:10 | コメント (0)

2005年08月31日

帽子の斜塔

050831_blog.jpg

同じパターンの帽子を作るときは、一気に裁断を済ませ、まとめて縫った方が早いようです。
シャーリング生地の帽子が4つ。
つばの形違いではあるのですが、これらも夕べまとめて縫い上げました。
つば部分は合成スウェード、左下に積み重なっているものです。
合成といっても市価1m10000円近くするので、決して安くはない!
それでも天然皮革に比べて製品供給・品質が安定しているので
特に量産ものなどで良く使われる素材です。

投稿者 あずさ*cheera* : 05:43 | コメント (0)

2005年08月30日

ゴジラの革?

050830_1_blog.jpg

本当はシャーリング加工したポリエステル生地。
薄いけれど、見た目はある程度のボリュームがあるので、
秋冬の軽い帽子を作ろうと思ったのですが、じっと見てたら爬虫類系の皮膚に見えてきた。
(ゴジラは爬虫類ですかね?)

050830_2_blog.jpg

手始めにこんな帽子を…すっぽりかぶると耳までかくれて暖かい。
髪が隠れているので帽子がやけに目立ちますが、正面から見るともっと可愛い。←宣伝
マフラーはたなか牧子氏の作品です。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:34 | コメント (2)

2005年07月17日

3つのお父さんの帽子

050717_blog.jpg

13日に途中まで出来ていた「お父さんの帽子」
ほとんど朝までかかって3つ完成。
帽子で大切なのはデザインと同時にかぶり心地ですが
人の頭のカタチやサイズは様々なので
こればかりは私が試して大丈夫というわけにはいきません。
案の定、頭の小さい私の父からも「ダメ出し」が出て
サイズ直しが終わったところ。
今度はOKがもらえるか?
ところでこれは私の父と
パートナーのkumacoさんのお父さんの帽子。
あとひとつは誰のだ???

投稿者 あずさ*cheera* : 13:24 | コメント (0)

2005年07月16日

帽子はすでに秋冬の支度

050716_blog.jpg

帽子の研究日。
9月早々に札幌三越での展示会があるので
ここでは既に秋冬帽子の制作に突入。
たくさん重なっているカラフルなフェルトの帽体も
いろんなカタチの帽子へと姿を変えていきますが
蒸し暑かった今日は、フェルトの蒸し作業も汗だく。
…夏物をいじってるのは私一人だったような。
帰りは姉弟子のNさんと生ビールで暑気払い。
そうこなくっちゃ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:51 | コメント (2)

2005年07月13日

お父さんの帽子

050713_blog.jpg

今まで敬遠していた男性用の帽子ですが
「紳士帽はないんですか?」と聞かれることもしばしば。
避けては通れぬと、少しづつ作り始めています。
トップが3枚はぎの夏の帽子の制作途中。
(まだ裏地もサイズリボンもついてない状態)
素材はざっくりした麻、
洒落た飾りベルトをつけて仕上げる予定。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:17 | コメント (0)

2005年07月09日

キャスケットの完成!

050709_blog.jpg

昨日の生地を裁断して縫って
出来上がったのがこのキャスケット。
少し厚みのある生地なので
真夏はちょっと暑いかもしれませんが
その他の季節は真冬もかぶって楽しんでいただけるでしょう。
トルコの小さい焼物の器をまち針入れにしています。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:51 | コメント (2)

2005年07月08日

キャスケットの見積もり

050708_blog.jpg

7月5日の生地、OKが出たので早速制作に入りました。
キャスケットの頭の部分は8枚はぎ。
型紙はひとつあればいいのですが
見積もりをとるためには何枚かあると便利で確実。
帽子のラインを柔らかく仕上げるために
CHeeRAの帽子は極力、バイアス裁ちにしています。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:31 | コメント (0)

2005年07月05日

野蚕糸のシルク

050705_blog.jpg

サイト内の帽子の作り方に出てくるキャスケット、問い合わせが何件かあったのですが残念ながら生地がもう手に入らない。「それでも何とか」という方のために探したシルクの生地。(この生地でいいかどうかの返事を待っているところ)野外の自然環境で生息している絹糸昆虫からとった糸(野蚕糸)だと、
こんな味わい深い生地になります。ちなみに絹糸昆虫は桑以外の植物でも育つのですが、特に桑の葉を食べる昆虫(カイコガ科のカイコ)が最も多く普及している品種(シルク製品の大部分はこの糸)で、原産の中国からシルクロードなどを通じて世界各地に広まりました。帽子ひとつから話は壮大に広がるのでありました。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:39 | コメント (2)

2005年06月30日

つばがまるくなる帽子

050630_blog.jpg

国立の帽子教室の日。今日の課題は「つばがまるくなる帽子」最近の帽子はつばに遊びがあるものが流行りのようです。例えば大きいつばがわざとだらりと作ってあったり、エッジに針金が入っていて自由に形が変えられたり…どうしてつばがまるくなるのか?それは帽子教室でお教えしましょう、ぜひ国立へ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:04 | コメント (2)

2005年06月29日

ラフィアの帽体

050629_blog.jpg

昨日は編んだ籠、今日は編んだ帽体。ドイツでのワークショップをどうしようかと悩みつつ、中野の帽子材料屋でラフィアの帽体(と、ラフィア束)を購入(直径55㎝、大きいぞ!)。このラフィア、一体何かというとマダガスカル原産の「ラフィア椰子」(15m以上にもなる)という植物の葉の部分を加工した天然素材で、使われるうちにしなやかになりツヤがでてくるのが特徴。最近はギフトパッケージやクラフト素材でも良く使われています。週末、軽井沢に行く予定なので、手頃な蔓・木の実・葉や草などで飾り付けてみようと密かに計画中。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:59 | コメント (3)

2005年06月25日

まだ続き

050625_1_blog.jpg

ステッチの歪みも目立つので丁寧に。
洋裁をする方なら当然の話ですが
帽子でも生地によってステッチ糸の太さや
「ひと目」の長さ(ミリ単位)を変えています。
そこまでお客さんが気が付くかはわからないけど
自分なりに、どうすればベストかを探りながら制作しているつもり。

050625_2_blog.jpg

パートナーのkumacoさんが陣中見舞い。
いやー、わかってらっしゃる!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:17 | コメント (2)

2005年06月24日

6枚はぎの帽子の縫製

050624_blog.jpg

注文の帽子は6枚はぎのクラウン。
「帽子の手帖」の作り方でも見ていただけますが
帽子の裏側はこんな風になります。
何といっても中心がぴったり揃わないことにはお話にならない、
というわけでここは一番気をつかうところ。
もしずれちゃったら…縫い直します、当然!!!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:56 | コメント (2)

2005年06月22日

帽子の裁断

050622_blog.jpg

帽子のオーダー。
持ち込みの藍染めの生地でサイズ違い&形違いの4つ。
このシーズンにすぐ被る帽子なので、早く仕立てて送ってあげたい。
こういう時は先に裁断を全て済ませて
一気に縫い上げたほうが早く終わりますが、
つば・表裏の計8枚、6枚はぎのクラウンなので表地24枚
裏地・同じく24枚のカットがなかなか終わりません。
必要以上の握力でハサミを握るので、腕も痛くなるし…
続きは明日。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:22 | コメント (3)

2005年06月21日

試し織の帽子

050621_blog.jpg

大学の実習で初めて織った縞の生地。
機(はた…織り機のこと)に白い経糸(たていと)をかけ
いろんな色に染めた緯糸(よこいと)でぱったんぱったん織っていくと
あっという間に緯縞の出来上がり!
経縞もある?
それはヨコ向きのものをタテにすればいいんです。
そんな織見本を帽子にしていいのかと思いつつ
作ったチューリップハット。
3つあったのですがどういうわけか2つ売れて
最後のひとつは記念に(何の?)とってあります。
スリランカから来た、織布で出来たネズミは
最近2本足で立てるようになりました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:12 | コメント (4)

2005年06月18日

帽子教室

050618_1_blog.jpg

月2回の帽子の研究日。
勉強に行ったのに注文の帽子の型入れで終わってしまいました。
型入れは帽子の素材を木型にはめて形作ること、
夏物の場合は有機溶剤でのばすコーティング剤を塗るので臭いことこの上なし。
幸い晴れたので外の階段で仕事、
ひとりシンナーの香りに包まれていた午後。
この帽体はこれから頭周りのサイズリボンをつけてエッジの始末をします。

050618_2_blog.jpg

東中野近く、神田川沿いにある帽子のアトリエ。
奥の2階が我々の学び舎。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:55 | コメント (2)

2005年06月16日

さらに続き

050616_1_blog.jpg

あれからすぐに出来上がると思っていたら
トリミングの花の真ん中でつまづいた。
ボタンやイミテーションパールをとっかえひっかえあててみるものの、
なかなかピンとくるものがない…
こうなると長いぞ、いつまで迷うのやら。

050616_2_blog.jpg

パートナーの仕事先、神谷町に出掛けました。
交差点で空を染める東京タワーに出くわし、びっくり。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:03 | コメント (3)

2005年06月14日

続き

050614_blog.jpg

染物職人が夜には帽子屋に変身。
12日に裁断した生地がここまでになりました。
花を作り始めたら止まらなくなってこんな時間、
せっかちだから終わらせたい気持ちでいっぱいなのだが…
仕上げはさらに持ち越しです。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:39 | コメント (5)

2005年06月12日

裁断

050612_blog.jpg

5月29日の生地の裁断。
生地の大きさがあまりなかったので
あれでもない〜これでもない〜と型紙をあてている時間が長かった。
どんな帽子が出来るでしょうか?
今日は工芸館で6時間みっちり研修があって
頭の中が熱くなっているのでここまででおしまい、
続きはまた明日。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:51 | コメント (4)

2005年06月11日

プレゼントはカウボーイハット

050611_blog.jpg

本日は東京国立近代美術館工芸館のボランティアガイド、
我ながら良く出来たと心も軽やかに帰宅。
夕べ遅くまでの予習で眠いはずが気分が良くて
誕生日プレゼント用の子供の帽子をノリノリで一気に制作、
なかなか可愛いぞと悦に入る帽子屋、
わりと単純。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:07 | コメント (5)

2005年06月02日

麻のテープ

050602_blog.jpg

今回の展覧会のために用意したのに使いきれなかった材料の中のひとつ、飾りテープ。こうやってならべるとひとつひとつがそれだけでも愛らしい。もちろん順番に使っていきますが、それまでは見て楽しむことにします。結局生かすも殺すも腕次第。出来上がった帽子と最後に付ける飾り、それぞれの素材が引き立て合うように演出するのが帽子屋の努め。あぁ、でも殺し合っちゃうときもあるんだなぁ…修行が足りません。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:23 | コメント (3)

2005年06月01日

麻布と麻糸

050601_blog.jpg

先日入手した麻の生地。上にあるのはニット用の麻の糸…編み物をしない私はこれも帽子の材料として使うのみ。上品な艶と深い色合い、どう使おうか思案するのもまた楽し。夏ものを作るとなると麻素材についつい手が伸びるのも、この素材の持つ風合いや清涼感が強烈な魅力を放つからでしょう。最近はいい麻素材の値段がどんどん高くなっているのが、少々懐を痛めますが。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:35 | コメント (2)

2005年05月29日

鹿児島より帰宅

050529_1_blog.jpg

今日の昼過ぎに東京に戻りました。嵐のように出掛けたそのままだったので早速始めたのがアトリエの掃除、全く貧乏性で困ります。ウールのループ糸を織り込んだシルクオーガンジーの生地を発掘、これで帽子を作っていたら涼しそうで会場映えしたかなぁ、と既に終わった個展の反省をしつつ、黙々と片付ける日曜の午後。ここでナイショの話。シルクオーガンジーの帽子は、軽いし涼しげなのですが、実際は風をあまり通さないので見た目ほど涼しいというワケではないんですよ。

050529_2_blog.jpg

鹿児島空港。私が乗り込んだ空港に向かうバスを走って追いかけてきた上の甥っ子の姿に思わず涙。おばさんは最近、涙もろくなったようだ。

投稿者 あずさ*cheera* : 16:47 | コメント (6)

2005年05月28日

帽子の顧客

050528_1_blog.jpg

私の帽子の一番古いお客様?は母・妹、そして甥。妹宅でぱっと出しただけでもこれだけ、まだあるかもしれないけれど作った本人が忘れている。妹はこっちが驚くほど古い帽子を今も重宝して被ってくれていて、有り難いやら嬉しいやら、未熟な頃の作品に恥ずかしいやら。今回の滞在のお礼は彼女に似合う帽子のプレゼント。上の子はどんどん大きくなって帽子が小さくなっているので今度の誕生日には新しい帽子をプレゼント。

050528_2_blog.jpg

お気に入りの帽子を被って。

投稿者 あずさ*cheera* : 11:13 | コメント (2)

2005年05月06日

2つの帽子

050506_blog.jpg

先月20日購入のリネン。
同じ生地で作った帽子なのに飾りで雰囲気が変わります。
右は雑貨風に、左は少々キラキラに。
どっちが好きかと問われれば、迷わず左。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:29 | コメント (0)

2005年05月04日

大工道具

050504_blog.jpg

子供用カウボーイハットの仕上げ。
帽子を作るのは糸と針ばかりではありません。
ハト目やスナップボタンをつけるための金鎚・ペンチ・目打ち・打ち金具‥。
右上の飾り箱はインドでの購入品、打ち金具入れになっています。
晴天の連休、ときどき指を叩いて「いてて」と叫びながらも頑張る帽子屋。

投稿者 あずさ*cheera* : 14:01 | コメント (0)

2005年05月03日

新・織ネーム

050503_blog.jpg

CHeeRAの織ネームがようやく届きました。
新品のネームを手に「頑張るぞ〜」と気分も高揚、わくわくしてきます。
すでに個展の帽子は出来上がっているものも多いので
会場には古いネームと新しいネームが一緒に並ぶことに。
旧バージョンのネームは今回の展覧会でおしまい。
寂しい気持ちもちょっぴり。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:57 | コメント (0)

2005年04月29日

染色の話・CHeeRAの版

050429_blog.jpg

「CHeeRAの旗」を作ろう作ろう、とかねがね思っていたのですが
ようやっとシルクスクリーンの版を作りました。
拡大コピーを原画にカッティングで作ったもの。
画面を有効利用するために
ひとつの枠に2版入れてあります。
アルギンペーストも作りました‥あとは染めるだけ。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:10 | コメント (0)

2005年04月28日

飾りのテープ

050428_blog.jpg

ミシン糸をはじめ、こまごましたものを買いに行く新宿オカダヤ。
行ったら最後、なかなか出てこられない魔の店‥私にとっては。
本日は2割引の案内状を片手に買い出し。
ピンクの生地に合う「何か」を探していたら!
フランス製の飾りテープを発見。
少々高かったので、似通った別のものも検討したのですが
やっぱり買ってしまいました。
こういう場合はだいたい最初に気に入ったものに落ち着くものです。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:59 | コメント (0)

2005年04月26日

搬入前

050426_1_blog.jpg

鎌倉カジュアートスペースの展示会の搬入は明日。
またも滑り込みセーフを目指し、
準備に追われる徹夜覚悟の前日。
帽子飾りのためにかき集めたドライフラワー。

050426_2_blog.jpg

制作中!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:35 | コメント (0)

2005年04月23日

構想一ヶ月、いよいよ完成か?

050423_blog.jpg

ナチュラルなものが欲しかったので、一気に飾り付けたこの帽子。
でも実際は1ヶ月ほどほったらかしだった…構想一ヶ月といえば聞こえはいいけれど、決まらない時は何をやってもダメ。
でも迷わず手が動く時は短い時間でもいい仕事が出来る。
いつもそうありたいものですが、なかなか。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:01 | コメント (0)

2005年04月22日

接着芯

050422_1_blog.jpg

定番の接着芯や裏地などは一度に5~10mで調達。
それを折ったまま置いておくと、いざ使う時に折りじわが邪魔になる‥
(しかも接着芯はアイロンでしわが伸ばせません)
なので面倒でも棒に巻いて置いておきます。

050422_2_blog.jpg

ベランダの白山吹が満開に。
月夜の花見。

投稿者 あずさ*cheera* : 19:43 | コメント (0)

2005年04月21日

カンピ草

050421_1_blog.jpg

帽子材料屋に行ってブリム用の接着芯だけ買ってくるはずが、ついふらふらとカンピ草の夏物帽体まで‥。
カンピ草はイグサの一種らしいのですが、この種の植物は白い海綿状の組織で出来ていて、細胞の働きにより水分を吸収したり発散したりします。
なので夏物には最適。
畳が涼しいのはこの性質で室内の湿度を一定に保つから。
日本の智恵!

050421_2_blog.jpg

夕べの生地の裁断後。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:15 | コメント (2)

2005年04月20日

生地の見積りをしながら

050420_blog.jpg

先週購入したリネンにいよいよ着手、生地幅が150cm近くあるので、たっぷり使えます。
左上に見えるのはメッシュ状の接着芯、張りがあってなおかつ軽いので、ブリム(つば)用に非常に重宝しているもの。
接着芯も種類・色が豊富で使い分ければいいのでしょうが、いろいろ揃えるときりがないので、大体は白黒各3種類を定番にして使っています。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:33 | コメント (0)

2005年04月19日

ピンクのキャスケットのオーダー

050419_blog.jpg

「いつでもいいよ~」の言葉に甘え、1ヶ月かかって仕上がった友人オーダーのキャスケット。
タイシルクのちょっとノスタルジックな花柄、ピンク。
早速納品の相談メールを送りました…納品口実の宴会になるかもしれない?

投稿者 あずさ*cheera* : 20:32 | コメント (0)

2005年04月16日

オーストリッチの羽根飾りの帽子

050416_blog.jpg

帽子の研究日。
この「三銃士」のような帽子を見よ!
展覧会用にディスプレイを兼ねた帽子が欲しかったので。
…だいぶ師匠の手を煩わせたけれど…もう少しで出来上がります。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:44 | コメント (2)

2005年04月14日

花柄プリントの続き

050414_1_blog.jpg

1週間かかってまだここまでしか出来ていないのは手が遅いのではありません、構想期間が長いのです。
何にしようか考えていた生地は子供の帽子3個とバッグ2つに変身させることに。
せっかちだから早く仕上げたいけど、今晩中は無理かな。

050414_2_blog.jpg

仕事で国立に行きました。
桜吹雪がつくった桜のじゅうたん。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:40 | コメント (0)

2005年04月13日

リネンの話

050413_blog.jpg

昨日買った上質のリネン。リネン=インテリアファブリックのことかと思っていた時期もありましたが、気になってよくよく調べると亜麻の繊維で織った織物のこと全般を指すようで。紀元前8000年頃には既にチグリス・ユーフラテス川流域で使われていて人類最古の繊維といわれています。古代エジプトでは「Woven Moonlight(月光で織られた生地)」と呼ばれ、広く神事にも使用されていたなんていうロマンチックなエピソードも有り。ちなみに日本で古くから使われていた麻はほとんどがヘンプ(大麻←どっきりするなぁ)から出来ていて、リネン(亜麻)は明治以降に輸入されたもの。吸水性・吸湿性に優れて肌触りがよいので日本ではもっぱら夏の繊維のイメージですが、ヨーロッパでは日々の生活やフォーマルシーンに広く使われているようです。帽子にすべく買った春色のリネン、リネンのリボンとともに出番待ち…どんな風に変身するのやら。これはリネン専門店リネンバードの日本橋三越店で購入、本店は二子玉川にあります。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:14 | コメント (0)

2005年04月08日

サイズリボン

050408_blog.jpg

帽子の頭まわりにくっついてるテープみたいなものは「サイズリボン」…一応そんな名称がついてますが、頭周りのサイズを決める・すべりを良くする・お化粧や汗が帽子にうつらないようにするなどの理由で使われる、けっこう大事なもの。素材や色や幅など種類も豊富、私も幾つか用意してあり用途に応じて使い分けていますがロールで買ってくるのでとても使いでがある。65~75m巻きですから、使いきるまで帽子が100個以上出来る計算だ!いま手元にあるものが全てなくなるまで一体幾つ作れば‥。

投稿者 あずさ*cheera* : 03:31 | コメント (0)

2005年04月07日

花柄キャスケットの続き

050407_1_blog.jpg

昨日のキャスケットを作っています。
頭の部分は出来上がって、これからバイザー(つば)部分にとりかかるところ。
白いものはバイザーの型紙。
たかが「つば」と侮るなかれ…幅、長さ、エッジのカーブ具合で雰囲気がすごく変わるのです。
たくさんの型紙の中からこのキャスケットに似合うのはどんな形なのか?
その1枚を探し出すのは言葉ではなかなか説明しがたい、言ってしまえばただの勘。

050407_2_blog.jpg

近所の桜が満開になりました。
高校の現国の教科書に
「桜の樹の下には死人が埋まっているんだ」というテキストがあって
このフレーズにものすごくショックを受けたのを、春になるといつも思い出します。
今ではその行間に描かれているいろんな意味をいろいろ想像出来るだけオトナになりました。
たぶん梶井基次郎の「桜の樹の下には」だったような…違っていたらごめんなさい。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:17 | コメント (0)

2005年04月06日

CHeeRAの花柄プリント

050406_blog.jpg

今日はとってもいい天気、しかも暑いくらいの陽気!
なので、仕事そっちのけで昼間は掃除に没頭。
しかも生地を片付けていたらこの時期にぴったりの生地を発見という、嬉しいおまけ付き。
デザイン&プリント by CHeeRA のオリジナル、なかなか可愛いと自分では思っていr増す。
右の麻の生地はキャスケットにしようと既に裁断済み。
左は中厚手で柔らかい綿‥何にしようか思案中。

投稿者 あずさ*cheera* : 15:54 | コメント (0)

2005年04月02日

花の飾り

050402_1_blog.jpg

忙しいが故にいろんなことがやりかけになると、それだけで気が滅入る・焦る、
あー早くやんなくちゃと思いつつ、注意散漫になりいいことはひとつもありません。
とにかくそんなときはひとつづつ終わらせなくちゃ、と
今日は帽子のトリミングを作りまくった一日に。
鹿児島展のDMにも載せて、シリーズでこしらえているレース飾りの帽子の飾り、
これをつければ出来上がり、「やりかけの山」が少し減ります。
金茶っぽいのと赤いのはタイシルク、
つける帽子の裁断もしていないのに飾りが先に出来た…やりかけがまた増える。

050402_2_blog.jpg

今日の帽子の研究会は
日本橋三越の展示会(4月12日~)作品の納品日だったのですが
鹿児島個展の制作で精一杯の私は、今回は出す作品の余裕がありませんでした。
アトリエの前の神田川の桜がもう少しで開きそうです。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:17 | コメント (2)

2005年03月31日

羽根

050331_1_blog.jpg

帽子のトリミング(飾り)に使う羽根。
オートクチュールでは羽根飾りの職人を抱えたり
羽根飾り専門のアーティストがいるくらい
これも奥が深い素材です。
装飾の材料やモチーフとして昔から花や羽根が多く使われてきたのは
美しいだけでなく自然や動物の生命力に対する畏敬の念でしょう。
羽根のもつ軽さは、重力の束縛から逃れられない人間の憧れそのものなのです。

050331_2_blog.jpg

展覧会の帽子も作らなくちゃなのに
甥っ子の幼稚園バッグを仕上げなくては~。
明日はもう4月だ、急げ!

投稿者 あずさ*cheera* : 19:39 | コメント (2)

2005年03月30日

縞のキャスケット

050330_blog.jpg

18日の縞の生地はキャスケットと揃いのトートバッグに。
紺と黒の2組出来ました。
自分でかぶって「なかなか可愛い、夏にぴったり!」と自画自賛していたら
パートナーがぽつり。
「パン屋さんの帽子みたいだな」
うむむむ。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:54 | コメント (2)

2005年03月29日

オーダー

050329_blog.jpg

いろんな帽子が作りかけですが、注文の帽子を明日納品しなくてはいけません。
今回は頭のサイズが大きめの方から。
奥の帽子はトリミング(飾り)のお花を作って出来上がり。
手前の帽子はタイやカトマンズに良く出かけるという男性の帽子。
オーダーをいただいて思うことは 、大きいサイズより小さいサイズの方が断然難しいということ。
54センチくらいになると、サイズぴったりに作ると子供の帽子のようになって 身体とのバランスがとれなくなるので‥。
頭のサイズが小さくても身体は大人ですから、小さく作って小さく見えないように、そういうところで苦労します。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:55 | コメント (0)

2005年03月26日

帽子の材料の「帽体」

050326_1_blog.jpg

帽子の材料はいろいろありますが
フェルトや天然植物素材などで出来た帽体というもので作るときもあります。
これは半分帽子のような形になっている素材で
それを木型やチップといわれる型にはめ込むのですが
布を縫っては作れない効果がいろいろ出せるので、面白い仕事。

050326_2_blog.jpg

形が崩れないように「糊」を塗っているところ。
溶剤でシンナーを使うのでくさいくさい。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:26 | コメント (0)

2005年03月18日

縞しまヒッコリー

050318_1_blog.jpg

かき集めたヒッコリー(ストライプの生地)で帽子とバッグを作ろうと思案中。
(でもどうしてこの縞をヒッコリー(クルミ科の落葉高木)と言うんだろう?)
作りたい帽子から素材を探すときもあるけれど
手持ちの山のような素材を見ていてパッとひらめいたり、
材料をいじっているうちにだんだんとイメージが固まるときの方がが多いかもしれません。
彫刻家が「石の中に掘り出す形が見えるんだ」というように、布が作るカタチを教えてくれる‥
なんて、ちょっと偉そうだな。

050318_2_blog.jpg

週2回出かける外苑西通り。
この道路が環状7号線と同じ計画で作られた
環状3号線の端くれだということは、意外と知られていません。
(関東大震災の復興事業として盛り込まれた「帝都復興道路計画」が基本)
この通り沿いにあるクラシックな団地は、東京オリンピックの時に建てられたもの。
建て替えの話が出ながらもまだまだ根強い生活の場です。
歴史好きの私は、普段見過ごしてしまうような場所のエピソードを聞くと
敬意と愛しさが湧き出てきて、とたんに血液が沸騰。
街歩きの醍醐味ってところでしょうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:25 | コメント (0)

2005年03月16日

藤沢と北の丸公園をひとっとび

050316_1_blog.jpg

藤沢・小田急の展示会にて。
ブレードミシンのデモンストレーションをする研究会仲間の服部さん。
ブレード(織りテープ)を縫うだけ!のこのミシンは新品で60万円もする高価なものですが、しかしその新品はほとんど市場には出ません。
中古で40万円が相場、しかも「待ち」状態。
(結局、需要と供給の問題のようで)
2年程前に自分のミシンを手に入れて、精力的に制作を続ける服部スヴェトラーナさんの帽子はこちらからどうぞ!

050316_2_blog.jpg

とんぼ返りで北の丸公園・工芸館でガイド。
ペアを組んだMさん「花粉がひどくてメガネが手放せないのよ~」の図。
本日は近代工芸の染織について話したのですが、紹介した作品のほとんどが着物でした。
しかしガイドしつつ、どうも遠いものを案内している気持ちが否めない。
需要の衰退や伝統技術や産地の崩壊が懸念されるこの分野ですが、実際に今の生活で着物を着てますか?となると私は「NO」だし、着ない着物を染めるかと尋ねられればやはりピンとこないのが本音です。
(もちろん着物を制作しながら実際に着物を着る作家もいらっしゃいますが)
例えば漆のお椀は「電子レンジや食器洗い器で使えないとねぇ」と敬遠される。
「実際に身につけたり手にとったりして使うもの」という工芸の本質と工芸品が、便利で合理的な生活と引き換えにどこかにいってしまいつつあると‥そんなことを考えた午後でした。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:07 | コメント (0)

2005年03月12日

帽子屋の夜更かし

050312_blog.jpg

2月25日に買い出してきたレースが、続々と帽子に仕上がってきています。
調子が上がってくるといろんなアイデアが湧いてきて
せっかちな帽子屋は早く形にして「実物」を見たくてたまらない。
勢いでこしらえて大成功!になれば良いのですが
時々は「あぁ、もう少しじっくり考えて作ればよかった」ということも。
今晩はなかなかいい感じに仕事が進み、
きりのいいところまで仕上げて寝ようと思っていたら、あれよあれよとこの時間に…。

投稿者 あずさ*cheera* : 04:26 | コメント (0)

2005年03月10日

国立の帽子教室

050310_blog.jpg

帽子屋は月一回、西に向って車を走らせます。
行き着く先は熱心で明るい方ばかりの、とても楽しい国立の帽子教室。
初心者からベテランまで一緒のクラスは
お互いの仕事ぶりが見られたり、アイデアを出しあったりと家庭的な雰囲気。
時間内には出来上がらないので、ほとんど宿題になってしまうのですが
こちらの想像以上に丁寧に仕上げてくるのには驚きます。
生徒さんの腕が良いから?
それとも、教え方が良いから???

投稿者 あずさ*cheera* : 23:48 | コメント (2)

2005年03月08日

はるばる山形からのオーダー

050308_blog.jpg

ひょんなご縁で山形からときどき注文をいただきます。
霜降りのような生地は米沢織、「この生地で是非とも私に似合う帽子を」とのこと。
明るいデニム地は背の高い方から、
「大胆な飾り」をお願いされたので、大きいフリンジの花を作ってみました。
どんな方が注文して下さったのか想像しながら作っています、
きっと先方も楽しみに待っていて下さっているでしょう。
明日には届くはず、喜んでいただけたら嬉しいですね。

投稿者 あずさ*cheera* : 02:57 | コメント (0)

2005年03月05日

帽子の納品

050305_1_blog.jpg

月2回の帽子の研究日。
日頃は自分の制作と師匠の指導という内容の研究会ですが
今日はデパート展示会用の納品日だったので、普段は和やかな姉弟子らも口数少なく、黙々と作業。
師匠のおかげで私達にもこういう機会を与えられるということは、非常に勉強になります。
自分のオリジナリティーとお客様の嗜好と、厳しいデパートの品質チェックのバランスをいかにとるか、
まだまだ若輩者の私には難しいところ。
アトリエは山ほどの帽子で溢れかえり、師匠はその手直しで忙殺され、
我々は憔悴しきって、片隅の材料は今にも崩れそうで。

050305_2_blog.jpg

私が納品した帽子、3月16日から藤沢小田急に並びます。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:24 | コメント (0)

2005年02月27日

買出しその後

050227_blog.jpg

一昨日買ってきて昨日縫っていたフリンジは、帽子とシャツになりました。
明日は鹿児島展のDM撮影、待ったなしです。
せめてあとひとつは帽子が欲しいので、今晩は夜を徹しての制作。
滑り込みセーフになるかどうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:06 | コメント (0)

2005年02月25日

レースとフリンジ

050226_blog.jpg

材料の買出し。
御用達・新宿オカダヤのセール最終日ということもあって
レースやフリンジをここぞとばかりに、ごっそり仕入れてきました。
ついつい欲張って予定以上の買い物、
それでも泣く泣く我慢したものもたくさんあったのです。
これら材料がコンスタントに使われていけば困る事は無いのですが
随分前に仕入れた材料で「もう使わないかも…」というものになると
不良債権をかかえているような気持ちにすらなるときが。
さて、このレースとフリンジが帽子になって日の目を見るのはいつになるのやら。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:32 | コメント (0)

2005年02月20日

ぐちゃぐちゃ撮影会

050220_blog.jpg

制作過程の写真撮りをしています。←HP用
アシスタントなんてもんがいない零細帽子屋、
全てひとりでしなければなりません。
裁断しては撮り、縫っては撮り、アイロンかけては撮り、
脚立に上ったり下りたり、いったりきたり。
私の頭も作業台の上もだんだんぐちゃぐちゃに‥。

050220_2_blog.jpg

そんなぐちゃぐちゃの頭の沈静化に1杯。
グラスはお気に入りの倉敷ガラス、
細かい気泡がぽってりとしたガラスに包み込まれた
手触りも口当たりも優しいグラスです。

投稿者 あずさ*cheera* : 15:00 | コメント (0)

2005年02月19日

お揃い

050219_blog.jpg

この夏の活動のための資料の写真撮り。
この生地もハワイのフラ用生地。(ステキでしょ?)
帽子だけじゃなくて、バッグやストールやシャツとお揃いで如何‥
というプレゼンが出来たら
もっと楽しいんじゃないかなと考えているのですが。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:33 | コメント (0)

2005年02月17日

帽子のパーツの裁断

050217_blog.jpg

15日の赤い布がどうなったかというと、帽子2つとバッグ1つに裁断が終わりました。
黒いものはメッシュの裏地。
夏の帽子に裏地?と思うかもしれませんが
すべりが良くなったり、縫い目の目隠しになったりするので必要です。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:27 | コメント (0)

2005年02月15日

見積り

estimation.jpg

これはハワイのフラ用の生地。
人に薦められて使い始めたのですが
最初はこの鮮やかな色や柄に少々おっかなびっくり…
でも帽子をいくつも作るうちに
「これくらい元気があったほうがいいよなー」と思えるようになってきました。
綿にポリエステルが混じっているので
しわになりにくい反面、伸びないので意外と縫いづらいのが難点。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:33 | コメント (0)