« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月31日

クマ次郎出産日記・6

090731_4_blog.jpg

天国のような日々もあっという間に終わり、今日は退院。会社を午後出勤にした旦那・保育園を休んだクマ太郎・ばぁばが車でお迎えにやってきました。クマ次郎は今までの病院支給の産着を着替えます…クマ太郎、へその緒の欠片が気になって仕方ない。どうも煮干しを連想したようで「お魚?」

090731_2_blog.jpg 090731_1_blog.jpg

昨日は猛烈な暑さだった(そうだ)のに今日は涼しくて助かった。せっかくなので聖母病院オリジナル産着を着せて(クマ太郎のときは無かったのに、今はこんなプレゼントがもれなく新生児についてきます)ナースステーションに3年前にお世話になったクマ太郎共々、最後の挨拶をして病院を後にしました。

090731_3_blog.jpg

我が家の男性全員集合写真。これから大騒ぎの毎日になります、きっと。

banner.gif←案の定、帰宅後のクマ太郎は母ちゃんへの甘えが爆発!イヤイヤ癇癪怪獣になってしまったのだ…カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:51 | コメント (0)

2009年07月30日

クマ次郎出産日記・5

090730_1_blog.jpg

クマ太郎、毎日お父さんと保育園に行っています。ちょっと早く家を出て、登園前に光が丘公園でひと走り。うわぁ、公園貸し切りですね!

090730_2_blog.jpg

ばぁばのお迎えの後に病院にやってきたクマ太郎。「赤ちゃん、見る!」と覗き込んでいます。会社上がりのお父さんや義妹もやってきて、病院最後の夕方はとても賑やかになりました。その義妹が帰る新宿行きのバスのことを聞こうと廊下に出て、たまたま通りがかったマスクをかけた助産師さんに声をかけた旦那、突然「あ、K先生ですか?」なんと3年前にクマ太郎を取り上げてくれた助産師さんに偶然声をかけたのです。目元がきりっとした美しい方で、常々「あんなに綺麗な先生に取り上げられてクマ太郎は幸せだなぁー」と言っていたその先生に再会(一体分娩時に何を見てたんだ?)、すぐさまクマ太郎のこと・私が二人目を産んだことを話し、K先生はニコニコしながら面会室に入ってきて私ともご挨拶となりました。K先生曰く、取り上げた赤ちゃんのその後はなかなか会う機会がないこと(産科を退院した赤ちゃんはその後は小児科に行きますからね)、こうやって大きくなったクマ太郎に会えて感激したということ。私もクマクマ兄弟を聖母病院で安心して無事産むことが出来た感謝の気持ちを伝えました。残念なのはK先生とクマ太郎の写真を撮り忘れたことですが、思いがけない嬉しい再会に父ちゃん母ちゃんは大興奮!

banner.gif←クマ次郎を取り上げてくれた助産師さんも美人だったんですよー。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:51 | コメント (0)

2009年07月29日

クマ次郎出産日記・4

090729_1_blog.jpg 090729_2_blog.jpg

クマ太郎の時も持ってきたメリーゴーラウンド
、ベッドにやってくる看護婦さんが必ず「可愛い!」と喜んでくれるのは嬉しいのですが、その後に「手作りですか〜」と続くのには参りました。そうだったらかなり自慢の一品だったに違いない(ちなみにこれは妹がサンディエゴのIKEAで買ってきたもの)。フェルトの柔らかいメリーゴーラウンド、赤ちゃんのいるベッドの演出には最高でしょう!肝心のクマ次郎にはこれは見えていないようです。生後1ヶ月以内の新生児は視力は0.02で視野は30度・20cmくらい先のものがぼんやりうっすらと見えている感じらしい。何から何まで赤ちゃんって不思議だ。

banner.gif←そんな視力でも人の顔には反応するんだって!ますます不思議!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:53 | コメント (0)

2009年07月28日

クマ次郎出産日記・3

090728_blog.jpg

出産も2回目となると用意も手慣れたもので、妊娠中に苦しめられた腰痛のためのツボ押しグッズ(しかし重いお腹から解放されたせいか出産後に腰痛は消えてしまった)、持て余した時間のために図書館から借りた本3冊(産後は目を休めなくてはいけないらしいのだが…)。暇つぶしにパラパラと読もうと思ったその本は「ほんとうの環境問題(池田 清彦 × 養老 孟司 著)」「正義で地球は救えない(池田 清彦 × 養老 孟司 著)」この2冊は、例えばゴミとリサイクルの問題は如何に業者や官僚の利権と天下りの温床になっているか・エネルギー問題は世界各国の政治的駆け引きであること、そして日本のトップの無策さと大バカ加減を2冊ぶっ通しで延々と述べているもの。エコに対して熱心過ぎるあまり、時たまヒステリックなイデオロギーを感じることもある私には痛快な2冊だった。そして3冊目、これが思いもかけない良書!「東京ノスタルジック喫茶店(塩沢 槙 著)」 。練馬の誇る学生の街・江古田のお店が2軒紹介されているのを目次で見たのでちょっと興味をそそられたこの本、古くからの喫茶店巡りという気軽に読める街ネタくらいに思っていたのに、全編を通して語られる喫茶店というよりは長い時間・同じ場所を守り続けた経営者の人生の物語についつい引き込まれ完読です。若い頃の溌剌とした笑顔に対し、苦楽を乗り越えて皺が刻み込まれた今の顔…しかしその歳を重ねた顔のなんと素晴らしいこと。ごく自然なその笑顔に感動したり、変わらない場所が如何に心の拠り所になるのかを深く考えさせられたり。子宮収縮が痛くて昨晩はほとんど寝られないこともあって思わぬ読書の時間となってしまったのですが、そういえば最近は喫茶店でゆっくりすることなんてなかったなぁ。落ち着いた文章に壮年の男性作家を勝手に想像していたら、著者は写真家でもある若い女性でした!この本の内容はこちらのサイトでも紹介されているので、興味のある方はどうぞ。
ところで。毎日の医者の回診で子宮の戻りは大変良いですね!と言われ、「どれどれ?」と試しに自分でもお腹を上から撫で回してみたら下腹部にコリッとした固まり。看護婦さんに聞くと「それが子宮ですよー」きゃっ!触って解るのは今のうち、しばらくすると解らなくなってしまうそうで、自分の内蔵を外側からとはいえ確認するなんて滅多にないことだと旦那にも触らせてあげました(変な顔してたけど)。3日前までは赤ちゃんが入っていてみぞおちあたりまで伸びきっていた子宮があっというまに拳大まで縮むなんて!人間の身体はすごすぎます。

banner.gif←お腹の肉はなかなか縮んでくれません…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 13:51 | コメント (0)

2009年07月27日

クマ次郎出産日記・2

090727_1_blog.jpg 090727_2_blog.jpg

クマクマ兄弟・新生児比較写真。左・クマ次郎と右・クマ太郎、それぞれ生後1日です。当たり前のことながら「兄弟だけど違うなぁ〜」

090727_4_blog.jpg 090727_3_blog.jpg

のんびり天国の入院生活ではありますが、午前中はクマ次郎の体重測定から始まり黄疸・体温・心音のチェック。母ちゃんも毎日医師の回診と体温・血圧の計測にトイレの回数の確認に貧血の採血や尿検査があったりと寝てばかりではありません。この万全のケア!日本の乳幼児死亡率は世界最高種順の0.3%(それでも1000人中3人の赤ちゃんが亡くなってしまうのですね)は、このような現場の手厚いサポートに支えられての実績なんだなぁと実感します。聖母病院の産科は年間1700〜1800件のお産を扱い私自身クマクマ兄弟を何の不安もなくこちらで産むことができたのですが、その高い評判のために決して産科不足ではないこの地域でも特に妊婦さんが集中しやすく(私が入院していた時期は珍しくベッドが空いていましたが)混んでくると産科のベッドだけでは足りなくなって一般病棟にまで産婦さんが溢れることも年に何回かあるんですよと、看護婦さんが話してくれました。ちなみにクマ次郎は、聖母病院で産まれた2009年の978番目の赤ちゃんでした。

banner.gif←もうちょっと遅かったら1000番になったかも。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:43 | コメント (0)

2009年07月26日

クマ次郎出産日記・1

昨晩(25日)深夜2時に「ズ〜ン」という思い生理痛のような痛みで目が覚めました。「いよいよ、きたかー」と覚悟を決めて、朝までヨガボールに突っ伏したり横になったりしてほとんど寝ずに迎えた朝。7時には「おしるし」もあってこれは確実。同じマンション内の実家の母に連絡して、動けるうちに留守中に必要なものなどの買い物に光が丘まで行こうということになり、しかし免許を持っているのは私なので運転する陣痛まっただ中の妊婦+3歳クマ太郎とばぁば。社会的弱者ばかり也。ちょうどその頃、奄美からフェリーで鹿児島に到着した旦那からは「移動はほぼ予定通り、間に合うかな?母ちゃん頑張れ!」のメール…そうは言われてもこればかりは私の力ではどうにもならん…。買い物先では陣痛がくると立ち止まって痛みを逃し、陣痛の合間に移動と買い物、陣痛で立ち止まって痛みが引くと移動と買い物、それでも出来るだけ大急ぎで用事を済ませ昼過ぎに帰宅、ちょうど昼寝に入ったクマ太郎を実家に預け、体力を付けるために先ほど調達したカツサンドを食べて、寝られる時に寝ておかなくちゃと横になります。夕方、実家から戻ってきた息子の相手をしながら、陣痛の合間に来週の保育園の用意をしたり、冷蔵庫の中を確認して母親に「野菜がいろいろあるから使っちゃって〜」と頼んだり、洗濯たたんだり、ベランダのプランターに水をやったり、しばらく留守にする家の掃除してみたり。お腹が痛くなるとクマ太郎が「あっちゃん、お腹痛いの?よしよし」してくれました。

090726_1_blog.jpg

↑その頃、旦那は鹿児島から羽田に向かって移動中。
陣痛は既に10〜15分間隔。こちらは食事どころではないけれどクマ太郎に食べさせなくてはならないので、母に来てもらってカレーを食べさせます。「あんたも食べときなさい」と言われ無理矢理口に押し込んで。夜7時半、旦那から「いま羽田に着いた!」の電話。早く帰ってきてくれ〜。食後、「一昼夜はシャワーも浴びられないからな」とお風呂に入ることにしたら「クマちゃんも入る!」…マジですか…頑張ってクマ太郎もお風呂に入れ、しかし汗を流してこれはさっぱり気持ち良かった。なかなか帰ってこない旦那を待つこと2時間(普段は羽田から練馬の家までこんなに時間はかからないのだが…)夜9時半、真っ赤に日焼けした旦那が1週間ぶりに帰ってまいりました。大興奮するクマ太郎、お父さんの周りを飛び跳ねながらきゃっきゃっとおしゃべりし始めます。そろそろ病院に行かなければならないので皆既日蝕の思い出話も今は保留、旦那、落ち着く間もなくシャワーを浴び、洗濯物を洗濯機に突っ込み、荷物を片付け、カレーを大盛り食べ(朦朧としている私がご飯をよそったらかなりの量だったようで、最後は相当苦しかったと言っていた)、その合間にはベッドに突っ伏している私の腰をさすり、クマ太郎は相変わらず大はしゃぎしており、陣痛間隔が10分切ったので病院へ。旦那が実家の母にクマ太郎を預けに行って(しばらくぶりに父ちゃん母ちゃん揃った途端にばぁばに預けられたクマ太郎は、かなり泣いたそうだ…)家を出たのが10時半過ぎ。夜の目白通りを飛ばして聖母病院に着いて、診察の結果そのまま入院。あ〜、いてててて。「明るくなる前には産まれますよ」の言葉に「あと数時間で終わる終わる終わる終わる」と呪文のように唱えながらとにかく深呼吸、時たま睡魔に襲われる旦那と天使のような助産婦さんに腰をさすってもらい陣痛室で2時間、もうイキミが我慢出来なくなってきて分娩室に移動したのが明けて26日の深夜1時半。

090726_2_blog.jpg

分娩台に移動、時計をちらり見て「クマ太郎のときは45分で産まれたからなー、あとちょっと」とうっかり思ったのは浅はかだった。すぐに頭は見えたものの、そこからうんともすんとも。高年齢出産の体力不足か?身体が固いのか?助産師さんは励まそうと「頭が見えてますよ〜、触ってみますか?」と優しく声をかけてくれるものの、こっちはそれどころじゃありません。握り締めている旦那の手を離す余裕もなく頭が出かかって結局そのまま30分以上、「え〜い、どうにでもなれっっ」で頭がお目見え、続いて身体が出て、2時34分。クマ次郎、誕生となりました。

090726_3_blog.jpg

クマ次郎、生後1分。

090726_4_blog.jpg

クマ次郎、初父ちゃん母ちゃん。

090726_5_blog.jpg 090726_6_blog.jpg

090726_7_blog.jpg 090726_8_blog.jpg

クマ次郎は大忙し。身体を拭った後は体重・心音・胸囲・頭囲・身長を計測、そして初産着。その間に母ちゃんのほうも処置を済ませて着替え。それから2時間ほど一緒に過ごすため先ほどの陣痛室に戻りました。「おっぱい飲ませてみますか〜?」え???もう?試しにあげてみると、コクコク飲むではありませんか!生後1時間のクマ次郎、どこでおっぱい飲むことなんて教えてもらったんだろう。そして…寝ずの父ちゃん母ちゃんはいつの間にかウトウト、クマ次郎が新生児室に行ったので父ちゃんも家に帰ることにしました。こんなにいっぱいいろんなことがあったのに、まだ朝の4時半。お疲れさまでした。

090726_9_blog.jpg

↑今日もいい天気だ!自宅に着いた旦那・朝5時。
仮病室に移った私はウツラウツラ…その途端「朝ご飯、お持ちしました〜」の声に起こされたのが朝7時。お腹は空いているような(陣痛のときに吐いてしまった)いっぱいのような変な感じだけれども有り難くいただいて、それから助産婦さんに付き添われてトイレ。このとき助産婦さんは産後間もないこちらが独りでどれくらい動けるかも見ているようですが、幸いふらつきもなく充分自力歩行出来たので心配なし…でも本当は目の前チラチラの軽い立ち眩み状態を気力でカバー。もともと血圧が低い(最低60〜最高90)のに加え妊娠時の貧血に分娩時の出血(点滴しながらの出産)で、結局この日は終日フラフラクラクラだったのだ。朝10時、新生児室にクマ次郎をお迎え。新米ママ達と一緒に初心に返ってオムツ替え・おっぱい、そして11時半にはクマ次郎と一緒に新しい病室に移りました。

090726_10_blog.jpg 090726_11_blog.jpg

午後2時半には家から旦那・クマ太郎・ばぁばが到着(じぃじは鹿児島長期滞在中)、ほどなく高尾から義両親もやってきてクマ次郎とご対面。心配だったクマ太郎の反応はというと「赤ちゃん、ちっちゃいねー」と抱っこしてみたり、足の大きさを比べたりとまずは上々のスタート。珍しくて仕方ない様子。親達は早々に帰って行きましたが旦那とクマ太郎はというと…旦那→早朝帰宅したものの祝ビールを飲んだら逆に目が覚めてしまい、旅行の汚れ物を洗濯したりメールのチェックしたり実家から戻ってきたクマ太郎の相手をしたりでほとんど寝ていなかったのでとうとうダウン、仮眠。クマ太郎→ベッドによじ上って(裸足でそのあたりを歩き回ってたのに!)寝そべってみたり、椅子に飛び移ってみたり、遊びたくて仕方ない(甲高い子供の声にこちらはヒヤヒヤ)。そんな家族4人の時間もそろそろ終わり、夕方5時半・家に帰るクマ太郎はエレベーターに乗ろうとした途端「あっちゃんがいい〜」とぽろぽろ涙を流しました。お父さんに励まされて帰っていきましたが、さすがに可哀想だったな。そんなこんなで長い長い一日が終わり、金曜日の退院までは上げ膳据え膳・ひたすら寝て体力回復に専念なんて天国みたいだ〜!とにかく無事に産まれて一安心、めでたしめでたしの巻。

banner.gif←さ、寝よ寝よ。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:58 | コメント (2)

2009年07月25日

陣痛始まってます

陣痛始まりました。旦那は昨晩のフェリーで奄美を出発、鹿児島経由で先ほど羽田に着いたとの連絡有り。お腹が痛いというかあちゃんにクマ太郎はよしよししてくれて有り難い…が、それくらいじゃ治まらないのだ。

banner.gif←いててて。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 19:38 | コメント (4)

2009年07月24日

クマ太郎と一日べったり

090724_blog.jpg

不規則な雨が吹き荒れた東京。朝から少々体調が芳しくなかったこともあり一日クマ太郎とべったり遊んだ一日なりました。鹿児島での9日間は非常にいい子にしていたその反動か、私には我がままが言えるからか、些細なことでぎゃあぎゃあ騒ぎ立てるクマ太郎にゲンナリすることも。そのイライラが顔に出ると「あっちゃん怒ってる、笑って〜」と泣きべそ掻きながら訴えるのがなんとも可愛いらしいのですが、しかーし、こちらもそんなに立派な人間ではないし…。

banner.gif←今が一番楽しい時よ!と子育ての先輩は励ましてくれるものの。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:28 | コメント (0)

2009年07月23日

クマ太郎のお土産…もぐらの絵本

090723_blog.jpg

クマ太郎がばぁばと一緒に元気に帰ってきました。妹からお土産をいろいろ頂いた中に絵本が2冊…向こうでたくさんある従兄弟の絵本を読んだ中で気に入ったのがもぐらシリーズの絵本だったとかで、妹がプレゼントしてくれたんだそうです。実は旦那の小さい頃の愛読の絵本が「もぐらとじどうしゃ」で、もちろんそんなことはクマ太郎は知る由もありませんが、なんだか親子だなぁと可笑しくなりました。まだ奄美にいる旦那が帰ってきてこのもぐらの絵本を見つけたらどんな顔をするのやら。

banner.gif←束の間の独身生活も終わり!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:21 | コメント (0)

2009年07月22日

リボンのパッチワーク

090722_3_blog.jpg

第三弾!…そろそろお終いにしよう、飽きてきた。裏地と持ち手をどうしようか決めかねているので、しばらくこの中途半端なままかもしれません。

090722_1_blog.jpg 090722_2_blog.jpg

今日の話題は何と言っても日蝕(と山口県の豪雨…本当にお気の毒なことです)。奄美大島の旦那から皆既直後に電話があり、薄曇りを透かしての日蝕体験…はっきりくっきりとはいかなかったけれど暗さは体感出来た!との報告。そして東京。早朝の雨は止んだものの一面の曇り空、太陽は拝めないなぁとさっさと諦め、図書館に予約していた本を取りに光が丘まで出掛けました。光が丘公園内の図書館に向かう途中、あちこちで皆が空を眺めていて「曇ってるのに」と思いつつ見上げると!おおっ、雲の隙間から部分日蝕を見ることが出来たのでした、その後は再び厚い雲に覆われてしまったので本当に一瞬の間。お腹のクマ次郎にも「見えたねぇ」と話しかけ(でも彼は暗闇の中)ちょっと得した気分になりました。鹿児島の妹からも「見えた〜」とのメール有り。インド・中国・日本に及ぶ帯状の地域の人々が、端から波のように順繰りに空を眺めている様子を想像して下さい、なんとも愉快じゃありませんか。激戦地だった硫黄島に至っては最高のシチュエーションで観測出来たようです。平和なればこそ、感謝。

banner.gif←息子はその日、鹿児島にて初床屋。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:06 | コメント (0)

2009年07月21日

リボンのパッチワーク

高原の避暑地のように涼しい霧雨の東京で快適に過ごしているところに、昼下がり3時半・奄美大島の旦那から電話。開口一番「あ、おはよう〜」ん???

090721_blog.jpg

第二弾はグリーンのバッグ。これも J-WAVE を聞きながらちまちま縫っていたら、午後の番組 RENDEZ-VOUS 内で我が家と同じ練馬区にあるちひろ美術館の紹介になりました。実は大学助手時代の同僚が今はここで仕事しているので「あぁ、そういえば」なんて思っていたら「広報担当の原島さんにお話を〜」と懐かしい彼女の声が聞こえてきたではありませんか!まさしく元同僚!以前と変わらぬ落ち着いた物腰、静かな語り口で現在開催中の「ちひろとマリー/ローランサン展」の話をしておりました。実は彼女のご主人は浅草で羽子板職人をしているのですが、2年半前にラジオで電話インタビューされていたのをたまたま聞いていて、その時も驚いた覚えがあります。ご夫婦でラジオ出演、それを両方聞いていた私もなんだか暇ですが、元気で仕事されている様子に嬉しくなって久しぶりに彼女にメールを送りました。

banner.gif←近いんだもの、ちひろ美術館に遊びに行かなくちゃ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 20:16 | コメント (0)

2009年07月20日

リボンのパッチワーク

旦那は鹿児島からフェリーに乗って奄美大島へ。ラジオ(私はラジオ派…J-WAVEがかかっています)では「海の日、皆さんどちらへお出掛けですか〜?」なんてやってますが…

090720_blog.jpg

こちらはインドア、昨日の続き。小さいウッドビーズを縫い付けたりしてバッグの表が出来上がり。いつもと全く違うちまちま手仕事、うぉー、楽しいぞー!

banner.gif←第二弾、いくか?カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 18:17 | コメント (0)

2009年07月19日

リボンのパッチワーク

今日からしばらくの一人暮らし、鹿児島でクマ太郎と合流した旦那からは鹿児島中央駅ビル屋上の観覧車乗車実況中継が。昨晩、携帯のテレビ電話で私の顔を見たクマ太郎は少々泣きべそかいてしまいましたが、今日はコロッケ食べながらとても元気な様子。ホッ。

090719_blog.jpg

そんな元気な姿を見て安心した母ちゃんは、早速ミシン周りの大掃除。一人なのでどんなに散らかしても何も言われないし、クマ太郎のお迎えの時間だ!と作業の途中で終わりにしなくてもいいし、自分のお腹のすいた時間にご飯作ればいいし、眠たくなったら居眠りすればいいし〜、なんて勝手自由なんだろう。すっきり綺麗とは言い難いけれど、とにかく荒れ放題だったミシン周辺を一応片付けてみました。そして困ったことに帽子の飾りに使った残りの中途半端なグログランリボンの在庫、それに伴い今はちょっと使わないような(若気の至りで買い集めた)飾りテープの類いがごっそり発掘。しばらくどうしようかと眺め、接ぎ合わせればポーチやミニバッグくらい作れるかもしれないと思い立ち、こんな暇なときでないと絶対やらないようなパッチワークもどきをはじめてしまいました。いろんな色や素材のリボンやテープをああでもない・こうでもないと合わせて縫い合わせる作業は、しかし絵を描くようでけっこう楽しいものです。

banner.gif←カタチになる前にクマ次郎が出てきちゃいそうですが…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:58 | コメント (0)

2009年07月18日

デザイン散歩@青山

じぃじばぁばとクマ太郎に続き、今日は旦那が鹿児島経由奄美大島に出発。もちろん日蝕。「久しぶりの飛行機でどきどきしちゃうなぁ〜」となんとも可愛らしい台詞を言いながら荷造りを終え、昼前の出発には私も同伴…といっても見送りではなくこちらはこれから出産前の挨拶回り。羽田に向かう旦那とは新宿で別れ、まずは東京国立近代美術館工芸館へ。そこでしばらくの産休育休のご挨拶をした後に向かった青山。

090718_1_blog.jpg

090718_2_blog.jpg

この4月に20年お世話になった染め物職人の仕事に一区切りつけました。その仕事先は偶然にも我が家の近所でしたが、ショウルームは青山の骨董通りを入ったところ。そこでの展示会に久しぶりに顔を出した臨月妊婦にアトリエを主宰する二人の師匠(そのうち一人の仕事場に通って染めていた)は「あら〜、どうしたかなって話していたところだったのよ!」と大きいお腹を眺めての第一声、続いて「ここで出さないでよ!」…ご挨拶に伺ったわりにはお茶やお菓子をいただきながらの近況報告。師匠らの仕事は変わりなくちょっと懐かしい気持ちになりました…今までだったら私の染めた生地も仕立てられて展示されていたんだなぁ、と。ここの服はミセス・ハイミセスの為にデザインされているのでシルエットはゆったりと、手染めの生地を生かす為にあまり複雑なカッティングもありません。決して流行最先端ではなくとも、このデザインを好ましく思う顧客のに支えられての仕事は長年の試行錯誤を重ねて今のスタイルに至るのでしょう。作る側と着る側のコミュニケーションの結果とも言えるかもしれません…こういうデザインの仕方も一つの方法なんですね。ディスプレイも兼ねた苔玉が涼やかな雰囲気を演出していました。

090718_3_blog.jpg 090718_4_blog.jpg

しばらく師匠らとおしゃべりを楽しんだ後はぶらぶらと。先週日曜日に日蝕イベントのために青山に来た旦那が「タオルで作った寿司の大っきい広告があってさー、イッセイミヤケだった。けっこう良く出来てて旨そうだったぜ!」と言っていたのを思い出し行ってみたら…ありました、ありました。しかし旦那に言いたい。これはタオルじゃなくてイッセイのプリーツだ!それにしてもインパクトと同時にプリーツも全面に押し出されていて単純明快なこの広告、面白い!気になって調べると佐藤卓デザイン事務所の仕事だそう。この方の名前は知らなくてもそのデザインはかなり身近で、例えばカルピスや明治牛乳のパッケージデザイン、我が家ではお馴染み教育テレビの「にほんごであそぼ」のアートディレクションも!たまたま今読んでいる本が(これまた図書館で借りてきた)「ヒット商品のデザイン戦略を解剖する」だったので、商品(作品)のどんな特徴を・どんなイメージを相手に伝えるか、それがどれほど大切なことか…デザインの力についていろいろ考える一日になりました。

banner.gif←久しぶりの青山散歩、楽しかった!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:23 | コメント (0)

2009年07月17日

水耕栽培、収穫の巻

090717_blog.jpg

ベランダ水耕栽培のトマトの収穫が始まっています。「今年は収穫数をデータとして残しておこう!」という旦那のために、古典的な「正」で記入の記録表。切り抜いて取ってあった何かのパンフレットのクマのイラストにトマトを持たせて、早速今までの収穫数を記入。お手伝いのつもりでクマ太郎が青いまま採ってしまったトマトはカウントには入りません。アイコという種類のミニトマトの赤と黄色の二つを育てていますが、今のところ赤の方が優勢のようです。

banner.gif←なかなか美味しい、クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:09 | コメント (0)

2009年07月16日

鎌倉へ

090716_blog.jpg

書き上げたAZU通信を持って…いつもは郵送するところですが…鎌倉のカジュ・アート・スペースへ行ってまいりました。前に訪ねたのは4月のカジュ祭だったので、あっという間に3ヶ月近く。梅雨も開けた今日は門をくぐると元気に育った夏草がお出迎え…季節の移ろいの感じられるこの場所は街中のマンション暮らしには新鮮そのもの(すぐさま蚊の歓迎を受けるのはあまり嬉しくありませんが)。お昼に集まったのはカジュ主宰のたなか牧子さん和菓子作家の御園井裕芙子さんWEBデザイナーの藤田朝美さん。ランチ&美味しいお菓子を食べながらのガールズ( !?!? )トークは近況報告から最近の教育現場事情、果ては今後の制作活動の展望と留まるところを知らず。ピアノ教室の日でもあったのでBGMにはかすかに流れるピアノの調べ…仕事場見学の来客もありと、盛り沢山の3時間の滞在でした。モノを作るという共通の仕事を持った作家友達。悩み苛立ち閃き喜ぶことを繰り返しながら制作活動を続けている私にとって、豊島園と鎌倉という遠い距離ではあるものの、その存在に今までどれほど元気と勇気と励ましをもらったことか。「私たちの仕事は健康あってこそ!身体のメンテナンスには気を付けようね!」と別れの挨拶こそ年齢相応になってまいりましたが(フリーランスには有休なんてありませんからね)、作家仲間がいることのなんと幸せなこと。もちろん今日も制作に対するエネルギーをいっぱい充電して帰ってきました。電車を待つ駅のホームで溶けそうになるくらい暑い日でしたが、鎌倉、行って良かったなぁ。

banner.gif←どうもありがとう!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:28 | コメント (0)

2009年07月15日

ホースヘアーの飾り(帽子のリニューアル)

090715_blog.jpg

クマ太郎は鹿児島へ。送り出したその後は早速帽子の研究会に出掛けました。夏に重宝しているブレードのかなりつば広の帽子、夏になると大活躍ですが毎年同じ飾りだと飽きるし帽子もくたびれるので本日はリニューアルの巻!昨年の黒いレース飾りをとっぱらって幅広のホースヘアーを巻き付けてああでもないこうでもないとこしらえていたら、隣から師匠が一言「そんなに大雑把にしないで」。とほほ。結局師匠に手取り足取り教わらなくてはなりませんでした。その結果がこれ、手慣れた無駄のない手さばきに感嘆するばかり。

banner.gif←しかーしこの帽子、何処に被って行くのかな?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:43 | コメント (0)

2009年07月14日

最後の記念撮影!?

090714_1_blog.jpg 090714_2_blog.jpg

クマ太郎、朝はいつものように公園で遊んでから保育園へ。今日は朝ご飯のピザトーストを持参、外だと食欲も沸くようです。

090714_3_blog.jpg

その息子は明日からちょっと早い夏休み。じぃじばぁばと一緒に鹿児島の従兄弟の家(要するにノムラ妹宅)に23日までお泊まりします。帰ってきた時にはもしかするとクマ次郎が産まれているかも…?ということで家族3人の写真を撮っておかなくちゃ!のわりには、部屋の隅っこでひしめき合っているこんな写真になりました。私はヨガボールに覆い被さって「陣痛を逃す練習中」のつもり。

banner.gif←いっぱい遊んでおいで!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:48 | コメント (0)

2009年07月13日

AZU通信その26

090713_blog.jpg

毎度お馴染みカジュ・アート・スペース発行コミュニティ紙カジュ通信の真ん中見開き「AZU通信」。今回は妊婦飛行機搭乗記→徳島帽子講義報告→簡単なコサージュの作り方をA3見開きに書き込みました。最近日常のこまごましたことが多かったこの連載に「簡単に作れる雑貨も記事にして欲しい」と読者からのリクエストが寄せられた!とのことで盛り沢山の内容になりましたが、楽しみに読んで下さっている方がいらしゃるとは…いやはや有り難いことで。相変わらずの手書き一発勝負の原稿が鎌倉湘南周辺で手に入るのは今月末になるでしょうか?偶然見かけた方はラッキー!すぐさま手に取りましょう!

banner.gif←次号がいよいよクマ次郎が登場だ!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 15:33 | コメント (0)

2009年07月12日

都議選へ

090712_1_blog.jpg

090712_2_blog.jpg

都議選投票会場は我が母校。前にもクマ太郎と投票に訪れていますが成長したクマ太郎は今回は投票場に初潜入し、広い校庭を駆け回りました。この校庭は在籍していた頃(って何年前?)から広いなぁとは思っていたのですが、調べると校地面積は東京23区内最大とのこと←中学校だけの話かな?そこはちょいと不明。まぁ、とにかく広いことには間違いない。肝心の都議選結果は自民敗北・民主圧勝…大方の予想通りの結果となりました。民主を応援というよりは「何かが変わって欲しい」という都民の願いに尽きるのでは。そのあたりをしっかり汲み取ってもらいたいものです。

banner.gif←さぁ、何から変える?クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:19 | コメント (0)

2009年07月11日

ボウリングと宴会の週末

090711_1_blog.jpg

旦那に誘われた笹塚ボウル、友人知人に「うっわー、パンパンだぁ!」と撫で回されたお腹はまさしくボールが入ってるような勢い。さすがに臨月妊婦はゲームはしませんでした…うっかりボールを転がしたら自分が転がっちゃうか、お腹に力を入れた途端にクマ次郎が出てきちゃったら大変ですからね。会場で記念写真がせいぜいです。

090711_5_blog.jpg

↑「子供も一緒に楽しむボーリング・パーティー」てなイベントでしょうか。

090711_2_blog.jpg 090711_3_blog.jpg

子供用ガードレール補助でピンをごろごろ倒すチビッコがいたり、大人と同条件で果敢に挑戦する小学生がいたりと、皆で楽しむゲーム風景。その頃クマ太郎は…昼寝中。名誉の為に付け加えておくと、その後ゲームに参加したクマ太郎はノートと下敷きと小さい観葉植物栽培キットの景品を手に入れて参りました。

090711_4_blog.jpg

実は妊婦、ボーリング会場を早々に退場して地元に舞い戻り、小学校以来の女友達と馴染みの店「肴」でしっぽりと飲んで食べておしゃべりしておりました。すると「クマ太郎が帰るって言うから〜」と旦那からの電話。「それなら来る?」と誘えば断る理由もないワケでしばらくして旦那とクマ太郎が店に到着、彼女も旦那を呼び出して後半は賑やかな(騒がしい?)宴会に…妊婦以外はずらり揃えられた銘柄の日本酒を片っ端から呑み、クマ太郎はいっぱい遊んでもらって大はしゃぎ!盛りだくさんの週末の夜…。

banner.gif←そして旦那は二日酔い!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:48 | コメント (0)

2009年07月10日

今年も…赤紫蘇のジュース

090710_blog.jpg

今年も赤紫蘇のジュースをこしらえました。レモン果汁が多めのジュースは酸っぱいものが苦手な旦那は味見程度…ほとんどが私の消費。あちらこちらで作り方が紹介されていますが今年は月刊現代農業のサイトで紹介されていた方法でこしらえてみました。ソーダで割って飲む赤紫蘇ジュース、お酒を控えなければいけないこの夏の必需品です。

banner.gif←さっぱり、旨〜い!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:31 | コメント (0)

2009年07月09日

産休突入〜

国立での帽子教室講師の仕事を終え(若干の後始末があるものの)本日で出産前の仕事は全て終了致しました!一般には出産前後6週間づつ(合計3ヶ月)が産前産後休業と言われているので、それに比べたら遅まきながらの産休突入(ただし産前は本人の希望があれば出産直前まで働けるらしいのですが…それは雇用主もドキドキしちゃうだろう)。ここしばらくの嵐のような日々で荒れ放題のミシンまわり、動けるうちにすっきり片付けたいと思っております。

banner.gif←入院の準備もしなくちゃ!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:02 | コメント (0)

2009年07月08日

風邪ひきクマ太郎(ユナイテッドシネマとしまえんにて)

090708_blog.jpg

クマ太郎は保育園を二日間お休みしています、どうも寝冷えからの風邪らしい…昨日は徳島行きの私に代わり旦那が仕事を休んで一日面倒見てくれて、今日は私が一日クマ太郎と過ごしました。クマ太郎、風邪ひきとはいえものすごく元気。気分転換に散歩でも行こうかと考えていたところ「ややっ、今日はノムラ母の誕生日だった!」気の効いたプレゼントも何もないので「アイスクリーム食べに行こうか」と誘い、ノムラ両親と私とクマ太郎の親子3代で家近くのユナイテッドシネマとしまえん内サーティーワンアイスクリームでおやつの時間となりました。この場所…以前はとしまえんの駐車場とバスやタクシー乗り場だったのですが、しばらく廃屋状態が続いた後に住民驚きのシネコン建設となり今に至ります。「こんなところに映画館なんて…人が来るのかな」と平日はスカスカの館内を見ると人ごとながら心配になりますが、隣のコンビニの店員さんの話によると水曜日レディースディや1日の映画の日などは会社が引けた時間になるとけっこう人がくるらしく(コンビニもそんなお客相手にそこそこ忙しいらしい)、シルバー料金の父母も気になる映画は見にいってるし(映画が終わって3分で家に帰れるのでラクチン!)、そういえば旦那も平日の夕食後に最終回の映画を時々だけど楽しんでるなぁ。遊園地やシネコンに囲まれた住環境というのも珍しいけれど、せっかくなので楽しまなくちゃ。話が逸れましたがクマ太郎の風邪もそろそろ回復か?明日は保育園に行けますように。

banner.gif←そんな母は誕生日のお祝いにこの日、一人で映画を観に行った…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 18:08 | コメント (0)

2009年07月07日

七夕のフライト(徳島へ)

090707_1_blog.jpg

徳島へ。七夕の羽田空港は笹飾りがあちこちに、そしてスタッフも浴衣と早朝からムード満点。臨月妊婦は相変わらずチヤホヤされながら搭乗、空港で調達した朝ご飯をモリモリ食べていると短冊を携えたCA曰く「書いていただいた短冊は仙台の神社に奉納致します、如何ですか?」おぉ、願い事か〜。煩悩だらけなので短冊が108枚あっても足りませんが、今回はかなり模範的な願いを書いてしまったのはご覧の通り。ふふふ。

090707_2_blog.jpg 090707_3_blog.jpg

徳島の帽子講義は今日が最終日となりました。時間内は相変わらず大忙し。昨年の受講生の方が訪ねてきて下さる嬉しい出来事もありつつ無事に終わろうかという時間になったら、受講生の皆さんがお茶とお菓子の時間を作って下さいました。よくよく考えると講座を開講した大学と講師の私がお客さまである受講生の皆さんをもてなさなければならないはずなのに???「楽しかった」という言葉を頂くたびに「でも、もっと出来たはず」と、自分の力の至らなさを反省します。5月から一緒に過ごした皆さんがお互い仲良くなり、和気あいあいとした雰囲気を作って下さったおかげで非常に楽しい時間を過ごすことが出来て感謝致します。そして今年もこのような講座を設けて下さった大学と担当のW教授にも。帰りの飛行機の時間があるのであまりゆっくりとは出来なかったお茶会、その終わりには何故か獅子唐が山のように盛られ、その途端にそれまで「帽子作りに熱心なご婦人方」だった皆さんが「主婦!」に変貌して配られた袋に手当たり次第詰め込んでいた姿が目に焼き付いております。W教授に頑張っていただいて、また徳島に伺うことが出来ますように。皆さん、どうもありがとうございました。

banner.gif←お土産もたくさんありがとうございました!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:07 | コメント (0)

2009年07月06日

貸し切り滑り台

090706_blog.jpg

保育園の送りを妊婦の代わりに引き受けてくれている旦那。家を真ん中に保育園と仕事先は反対方向…せめて同方向なら出社のついでにということにもなるのですが、そう上手い具合にはいきません。「送って帰ってくるだけじゃバカバカしい」と頑張って早く家を出て30分だけでも保育園に隣接する光が丘公園で息子と遊ぶようにしています。普段は子供でいっぱいの滑り台も朝は貸し切り状態、クマ太郎は誰に気兼ねすることもなく目一杯遊んで保育園へ…旦那は汗だくになって一度帰宅、シャワーですっきりして今度は仕事へ。全行程自転車なので保育園往復に公園内サイクリング、そして出社だけでも10キロの運動。これで毎晩のビールのカロリーが帳消しになれば…と、これは妻の願い。

banner.gif←クマ太郎も朝の公園を楽しみにしています!カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:05 | コメント (0)

2009年07月05日

ヨーガンレールの社員食堂…休日の読書

090705_blog.jpg

フリーなので善くも悪くも仕事をする時間は自由。独身の頃はそれこそ昼夜逆転に近い生活をしていましたが、クマ太郎のいる今はなんて早起きになったことか。土日も仕事がずれ込んでミシンをかけることが多かったのですが、産休生活にシフトしつつある今日は(ちょっぴり残る仕事を気にしつつも)のんびり読書。この本、ヨーガンレールの服作りではなくその社員食堂のメニューというのが面白い。しかしページをめくると、それがわざわざ本になった理由がじわりと伝わってきます。有機野菜を中心に肉・魚・砂糖を使わない日替わり216日間の献立と簡単な手順がオールカラーで紹介されていて(レシピ本ではないので詳しい分量はありませんが)野菜だけでこれだけのバリエーションが!自分自身の日頃の貧困な野菜料理のレパートリーがお恥ずかしい…野菜料理は確かに手間がかかります。野菜を洗ってヘタや皮や筋を取り必要なら灰汁抜き。下ごしらえして煮付けたり焼いたり揚げたり、それも数種の野菜となると…スライスしたお肉と焼き肉のタレがあれば5分で食卓に出せるのに。私はベジタリアンやマクロビアンではないので魚も肉も食べるし、砂糖がいっぱい入っているだろう甘いお菓子も大好き。でもこの本を参考にひとつふたつと美味しい野菜料理が我が家の食卓に出せることが出来れば、何かが豊かになるに違いないと思います(興味がある方はこちらのサイトでヨーガンレールの素敵な社員食堂が紹介されています)。

banner.gif←図書館で借りた本、いずれ購入するぞー。クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:04 | コメント (0)

2009年07月04日

羊のコッペパン@西荻窪

090704_1_blog.jpg

本日の朝ご飯。ベランダ水耕栽培での収穫のプチトマト徳島からやってきた胡瓜西荻窪で買ってきたソーセージ、そして一番手前…昨日の西荻窪散策で見つけたコッペパン。

090704_2_blog.jpg

昨日の散策3件目が三月の羊。路地をちょいと覗いたその奥にひっそり佇む、焼き菓子・パンの小さな小さなお店、センス良く飾られた棚やショウケースにパンや焼き菓子や雑貨などが並びます。今は育児休業中のカフェもゆっくり静かに過ごすには最高の場所だったんだろうなぁ。朝食にいただいたコッペパンは粉がしっかり練られていてもちっとした食感に自然な甘さが美味しいパンでした。店名通り羊があちこちにいます。散歩の途中に立ち寄ってみたいと思わせるそんなお店は、ほぼ日のバックナンバーにお店に漂うそのほのぼのとした空気がよくわかるレポートがあるので興味がある方はどうぞ。

banner.gif←焼き菓子も美味しそうだった…クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 18:38 | コメント (0)

2009年07月03日

ソーセージとコロッケ@西荻窪

外出先のノムラ両親の荷物が重いので迎えにいった臨月の妊婦。「ちょいと買い物に付き合ってくれ」というので向かった先は西荻窪。魅力的な街が続く中央線沿線、アンティークショップが多いという印象の西荻窪は美味しいお店も多いらしい。

090703_1_blog.jpg

090703_3_blog.jpg 090703_2_blog.jpg

商店街の中にある、外見は普通の肉屋さん…のここが「ソーセージハウス もぐもぐ」防腐剤や着色料などを一切使用しない本場ドイツの味を手作りしているというのがウリで、実際店内にはずらずらずら〜りと迷うほどの種類のソーセージとハムが。私が手書きの説明を参考にいくつか選んでいる間に、両親はしっかり試食しておりました。3人それぞれ気に入ったものを購入、その間にもお客さんが来ては目指す商品をさっと買って行くあたりが地元に根付いているお店という感じで好ましい。晴れて堂々アルコールが飲めるようになったら、いろんな種類を買い込んでビールと供に食したいと切に願うのでありました。
ソーセージハウス もぐもぐ
東京都杉並区西荻北 2-11-4  03-3396-6565

090703_4_blog.jpg

090703_5_blog.jpg

その隣にある「とらや」も気になったので覗いてみると、お肉が並ぶその隣には黄金色に輝く揚げ物が。おお、肉屋のコロッケ!ノムラ母と私は迷わず今晩のおかずはコレだと品定め。とらやの面白いところはその他の総菜もなかなかの充実で、総菜定番ポテトサラダはもちろん野菜の煮物(母は煮豆を買っていた)や魚の総菜(焼き鮭だったり鮪の煮付けだったり)、焼売も人気商品らしいしカウンターの上にあった「ゴーヤの肉詰め揚げ」にもそそられたけれど、結局今日は1日400個を売り上げるというコロッケにメンチカツを試しに買ってみました。食卓に並んだコロッケとメンチカツ。お芋の中にしっかり味がついた香ばしい挽肉が混じってソースがなくても美味しく食べられるコロッケ、そして「ジューシーで旨い!」と旦那が絶賛のメンチカツ。近くにこんなお店があったら夕食に悩んだ時には駆け込むだろうことは必須です。

banner.gif←西荻窪は面白いぞ、また行ってみよう!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 21:39 | コメント (0)

2009年07月02日

徳島土産のとうもろこし!?

090702_blog.jpg

毎週火曜日は帽子の仕事で徳島へ…皆さん熱心に帽子を作っています…本当です。そしてある生徒さんから取れたてのとうもろこしと胡瓜のお土産を戴きました(本当に帽子の仕事か!?)。妊婦対応で空港のあちこちで「お荷物、お持ちしましょう」「どちらまでまいりますか?」「宅配サービスもございますのでご利用案内いたしましょうか」とスタッフ&添乗員の皆さんに優しく親切に声をかけられるも「いいえ、大丈夫です」「持って帰ります」と断り続ける頑固な妊婦。その荷物の中は野菜にお菓子におもちゃでずっしり!だとは想像もしなかっただろう。とにかくしっかり自力で持ち帰った野菜。早速とうもろこしの美味しい茹で方をいろいろ調べて、今回は「水からトウモロコシを入れて、沸騰してから3〜4分茹でる→火を止め、辛いくらいの塩を入れてそのまま冷ます」方法にしてみました。うーん、美味しそう!

banner.gif←有り難いことだ!クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 16:06 | コメント (1)

2009年07月01日

棒ういろ@徳島・竹内製菓

090701_blog.jpg

毎週火曜日は帽子の仕事で徳島へ。しかし熱心な生徒さんの制作風景を紹介する写真の一枚もないと「本当に仕事してんのか〜?」と疑われそうだ。しかも今日は生徒さんからお土産に戴いた「ういろ」…私がふくやの阿波ういろで盛り上がり過ぎていたのかどうか?「火曜日お休みのふくやさんのではありませんが…」と差し出されたのは竹内製菓の棒ういろ、断る理由は全くありませんから有り難く大喜びで戴きました。竹内製菓の棒ういろもモチモチであっさりした餡の美味しさが楽しめる一品。親指ほどの大きさのういろが個包装になっているのでパーティーなどの手土産にも良いなぁ、なんて。地元の美味しいお土産、何にも増して嬉しいものです。

banner.gif←美味しいお裾分け、両親宅と半分づつしました。カチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:56 | コメント (0)