« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月30日

さつまいものケーキ

080930_1_blog.jpg 080930_2_blog.jpg

080930_3_blog.jpg

ちょっと肌寒い日はオーブンからただよう香りが暖かく幸せな気持ちにさせてくれる…ので、クマ太郎一家のオーブンクッキング。とうちゃんは全粒粉を混ぜ込んだロールパンを、クマ太郎もパン種をこねくり回して(しかも真上でくしゃみもして)楽しいパン作り。小さいゴミのようなものがクマ太郎力作のパンです。かあちゃんは徳島の皆さんからいただいたさつまいもをたっぷり使ってパウンドケーキを焼いた秋の夜。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:41 | コメント (0)

2008年09月29日

バナナに思う

080929_blog.jpg

旦那の実家のある高尾へ帰ったクマ太郎一家、大叔父も一緒の食事も賑やかに楽しい一日を過ごしました。翌朝は飲み過ぎた旦那を尻目に息子は元気にバナナを食べるの巻。バナナ、美味しいよね!ところで日本バナナ輸入組合のバナナ大学というバナナのうんちくを仕入れるのにはなかなか面白いサイトがあるのですが、そこに組合のキャラクターバナピィがいて…私には…あまり可愛くない(失礼!)。私の住む練馬の区民祭りのキャラクターの大根だいちゃん・ねねちゃんというのも(ここでちらっと姿を見られます)ちょっとどうかなぁ〜と思う姿であるのですが、細長いフォルムをキャラクターにするのはなかなか難しいのでしょうか。ま、バナナを無心に食べるクマ太郎にとってはどうでもいい話ですね。

投稿者 あずさ*cheera* : 14:40 | コメント (0)

2008年09月28日

北欧テキスタイルの小振りな帽子

080928_blog.jpg

昨日に引き続きさらに残った生地でつばの小さい小降りの帽子、てっぺんにタッセルをさりげなく?くっつけました。何を慌てて帽子を作っているのかというと、来週1日から鎌倉小町通りのギャラリーミンネで「秋・冬のヨーロピアンモードと帽子展」開催、そこに展示していただくための帽子を相変わらず締め切りギリギリになってこしらえていたというワケ。10月初めという暑いのか寒いのか予測のつかない時期なので、夏っぽいものと冬っぽいもの取り混ぜて20個以上を送りました。展示は全てお任せ、荷物を発送しいてやれやれ一息ついたところです。品良く並べられた北欧アンティークも充実のギャラリーミンネ、鎌倉に遊びに行かれる方は是非覗いてみて下さい。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:28 | コメント (0)

2008年09月27日

北欧テキスタイルのつばがじゃばらになる帽子

080927_1_blog.jpg

080927_2_blog.jpg

夏に手に入れた北欧のプリント生地がまだちょっと残っているので、つばがじゃばらになる帽子をふたつ。綿のプリント生地は夏のイメージですが今日のように良く晴れた日は9月でもまだ被れるかな〜…と思いつつ。このじゃばらの帽子は意外と評判がいいのです、嬉しいなぁ。

投稿者 あずさ*cheera* : 17:20 | コメント (0)

2008年09月26日

田んぼ@秋の陽公園

080926_blog.jpg

前回9月1日はまだ青かったのに、気が付いたら稲穂は重そうに頭を垂らしていました。刈り取りは10月7日だそうです、近所の小学生も手伝うはず。見に行こう!(→いよいよ稲刈りはこちら

banner.gif ←応援クリック!

投稿者 あずさ*cheera* : 11:57 | コメント (0)

2008年09月25日

くしゃくしゃ@トキ・アートスペース

080925_blog.jpg

今週のトキ・アートスペースは瀬沼俊隆展、写真を印刷した紙がギャラリーの壁に柱に追いやられてくしゃくしゃになって固まっています。あいにく作家本人が不在だったので詳しい話が聞けず、この展示に関しては面白い情報がここでお知らせ出来ないのが残念なところ。ところで今日いらした方の中に中川るなさんが。「秘密の花園」でここでも紹介したるなさんとは学生時代からのお付き合い、向こうはまさかトキに私がいるとは思わなかったのでびっくり「あずさちゃん!?」短い時間でしたがお互いの近況を知らせ合って別れました。精力的に展覧会を続けるるなさん、次回は埼玉県川口と北海道での予定があるそうです。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:27 | コメント (0)

2008年09月24日

大道芸の立松正宏さん

080924_1_blog.jpg 080924_2_blog.jpg

080924_3_blog.jpg

昨日の続き。都美術館を出た旦那が「あれ?あの人!」と、そちらを見るとヘブンアーティスト=大道芸のお兄さんが準備中。私もすぐわかりました、春に地元の光が丘公園で一度お会いしたヘブンアーティストの立松正宏さん。自転車に全ての楽器・道具を積んで、自宅のある国立市からあっちこっちに走り演奏しているパフォーマーでもあり写真家でもあり執筆もする多才なアーティスト。ラワン材を所定の音階に合わせて切ったという自作木琴ザイラの暖かく優しく懐かしい音色に、光が丘で思わずCDを買ってしまった旦那です。今日は都美術館の中庭でのパフォーマンス、上野公園は噴水前がベストスポットだけど予約が取れなかった!などの裏話をしながら手際良く準備を進め、他にも「立松クーン」と親しく呼びかけるお客さんも一緒にパフォーマンスの始まり始まり〜。私達の派手な拍手に行きかう人も足を止め、軽妙なおしゃべりと音階の豆知識(聞いてる時はフムフム納得だがすぐ忘れる)を交えての即興演奏を楽しんだ休日のひとときでした。「光が丘にも来て下さいね、またお会いしましょう」と別れましたが、こうやって贔屓?のアーティストが出来るのも楽しいものですね。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:30 | コメント (0)

2008年09月23日

いけいけ!クマ太郎「上野動物園の巻」

Page_114.jpg

今日は上野公園へ!じぃじもクマ太郎一家に参加して親子3世代でのお出掛け。まずは上野動物園…9時半の開園前に到着し何故か泣き出したクマ太郎ですが、入園してしまえば機嫌は良くなり早速動物を見に行きました。ゲート正面のゾウ、猿、西園に渡ってキリン、シマウマなど見た後に10時半のペリカンの餌やりへ。彼らは腹時計でちゃんと時間に集まって来るんですね、しかも飼育係のおじさんが自転車でやってくるのをいち早く察して一斉に首をぐうっと向けたのには驚きました。まだ姿が見えるか見えないかだったのに。餌は新鮮な鯵、おじさんは小さいペリカンにもあげたいのにデカいペリカンが横取りしてなかなか食べられない。2羽いた丹頂鶴にもあげるのにポトリと落としてしまい、その瞬間他の水鳥(名前がわからない)に食べられてしまう。そんなこんなで5分程の楽しいペリカンショウはおしまい。そして東園に戻ってカワウソやペンギンの餌やりを見ようとしたら…クマ太郎、寝てしまいました。持参のおむすびやサンドイッチを食べ、むっくり起きたクマ太郎とクマやトラ(ガラス越し至近距離のトラに怖い〜と泣く)を見て、動物慰霊碑での慰霊祭をちょっと見学し(9月23日は一年間に死亡した動物達の慰霊祭なんだそうだ)、動物園なのに五重塔をバックに記念撮影して退園。子供の頃に何度か来ている上野動物園、あの頃はとっても広く感じたのに大人になった今は「あれれ?こんなに狭かったっけ〜?」と旦那とびっくり。それでもぶらぶらあっちにこっちにと歩けばそれなりの距離になるので、普段運動不足の足は少々怠くなってしまって…お恥ずかしい。

080923_1_blog.jpg 080923_2_blog.jpg

動物園の後はじぃじが公募展に出品した木版画を観に都美術館、公園の大道芸を見物、不忍池でボート(クマ太郎はボート初体験!ちょっと緊張気味)、アメ横を横切って大江戸線に乗って帰宅という絵に描いたような上野の休日となりました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:53 | コメント (0)

2008年09月22日

いけいけ!クマ太郎「トップはボクだ!の巻」

Page_115.jpg

あぁ、なんて慌ただしい日本の政界。こんなにトップがぐらぐらしてるこの国が、よく沈没しないと感心するくらい。ところで前々から政治家の「国民の暮らしを…」「国民が求める…」という言い回しにちょいと違和感のようなものを感じているのは私だけでしょうか。公僕の方々が「国民」と口にした瞬間なんだか他人事のような、その言葉の裏に選民意識がじわじわと滲んでいるような気がするのは単なるひがみ?

投稿者 あずさ*cheera* : 08:35 | コメント (0)

2008年09月21日

Nゲージ@としまえん

080921_1_blog.jpg

080921_2_blog.jpg 080921_3_blog.jpg

夕べから義妹と姪っ子ふたりが遊びに来ているのにあいにくの雨。小止みになったところでとしまえんに出掛けました。動いている乗り物は限られますが、クマ太郎の目当ては鉄道フェア!(鉄道なのに何故か西武バスも展示してありましたが。)雨降り後の夕方でガラ空きだったこともありしばらくとうちゃんとNゲージの電車をコントローラーで動かすのに夢中でした。一方、精巧に作られたジオラマに見入ったかあちゃん、以前からマン盆栽のような箱庭的風景を面白がっていたのですが…いや〜よく出来てる、Nゲージ。作り始めたらこれは夢中になるだろうなぁ!

投稿者 あずさ*cheera* : 22:35 | コメント (0)

2008年09月20日

パペットカンパニー社の指人形

080920_blog.jpg

ライオンの顔やヒヨコの身体が立体的に作られているのに驚くばかりの丁寧に作られた指人形、徳島帽子講義の企画者で一番お世話になったW教授が「お子さんにどうぞ」とお土産に下さったもの。W教授、デザインを教えていらっしゃってクラフトやおもちゃにも詳しく、これは香川県丸亀にあるウーフというおもちゃ屋さんで買ったものだそう。イギリスのパペットカンパニー社製の指人形、早速サイトを覗いてみると指人形もこれだけあると壮観!というくらいに並んでいます。タコや蛇や星といった想像もつかない動物まで(星は動物じゃないけど)指人形になっているのでカタログを見るだけでも楽しくじわじわと収集したくなってくるキケンなページではありますが、眺めながらこれって被り物にもなるよなぁなんて考えてしまうのは職業病か。W教授のクマ太郎への心遣いに感謝しつつ、これも私の人徳かとしみじみ…思うところが煩悩。

投稿者 あずさ*cheera* : 08:34 | コメント (0)

2008年09月19日

蝉の抜け殻、その後

080918_1_blog.jpg 080918_2_blog.jpg

080918_3_blog.jpg

ベンジャミンにびっしりだった蝉の抜け殻、枝をちょっと振って落としてみたりしてだいぶ少なくなりました…旦那にムッとされましたが。残る抜け殻で息子と遊ぼうとした旦那ですが肝心の当人は見慣れぬ形態に怖がり初めは大泣き、そのうちペーパーナイフで切り刻んでとうとうママゴトになってしまいました。これにはおとうさんも大慌て。

投稿者 あずさ*cheera* : 06:15 | コメント (0)

2008年09月18日

文化袋

080919_blog.jpg

木曜日だけ外苑前のトキ・アートスペースのギャラリースタッフに変身します。オーナーのトキさんはさばさばした…そしてちょっぴりうっかりさんだったりするのですが…とても気遣いされる優しい方で、今日はお土産をいただきました。包みを開けると出てきたのはこのバッグ、ウィーン工芸美術館のミュージアムショップで買い求めたものだそうです。おぉ、エコバッグ!いくつか持ってはいますがこの編み編みタイプは初めて、持ち手が革なのがステキ。よく見るとその持ち手部分に「Kulturbeutel」の印字、何処のブランドかと調べたら!ドイツ語直訳で「文化袋」のこと、一般的にこの言葉は洗面用具ポーチのことを指すようですが…本当かなぁ。「文化袋」日本だと「巾着」「ずだ袋」の類か?実際使ってみると見かけ以上によく入りますが、ただ中身が丸見えなので便利なようでもしかする意外と使いづらいかもしれません。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:39 | コメント (0)

2008年09月17日

繊維表示偽装 !?

080917_blog.jpg

染物職人に出掛けた私に開口一番「先週の染めた布、ダメだったのよ」と身も心も凍るような台詞の師匠。何を失敗したか!?と呆然としたところに「染まんなかったのよ」それがこの布、写真ではわかりづらいかもしれませんが白っぽいのがつまりは失敗、本来なら煉瓦色にこっくり染まったはずだった…店で「シルク100%」だというので購入したのに。良く見ると赤く染まった縦糸に白っぽい横糸、つまり縦糸はシルク(なのでしっかり染まっている)なのに横糸はシルク以外の何かだったので染まらなかった=全体では白っぽくなってしまったというワケ。繊維製品の品質表示は定められているものの切り売りの生地の場合それが外されていることもままあり、その場合は今回のように店員の言葉を信じるしかないのですが、しかしこんなことになろうとは…確かに生地を買ってきて即し立てる場合は細かい繊維混用率はあまり関係ないかもしれません。このように染色に使う方が珍しいことはわかってはいるのですが。でもなぁ〜、と割り切れない思いがモヤモヤ。一方の師匠。師匠のスゴイところは失敗したらくよくよグチグチしないでスッパリ気持ちを切り替えて次の仕事に取りかかること。今日も早速次の布を染め始めたものの…気になるのはボツになったこの布。どうするのか訪ねると「どうしようもできないわね」師匠のところでは手染めの生地を仕立ててセミオーダーの服を作っています。染めの風合いを気に入って下さっているお客さまばかりなので、明らかに失敗と思われる染めは当然お店には出せない、となるとこの布は処分!もったいない!そして帽子に仕立ててみたいとお願いしもらってしまいました。手染めの布の帽子、どんな帽子になるんでしょうか。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:39 | コメント (0)

2008年09月16日

小さい冬の帽子(そしてお茶会)@徳島

080916_1_blog.jpg

080916_2_blog.jpg

徳島帽子講義の最終課題はベレー風の帽子。今までさんざん夏物を作ってきたので、最後くらいは…と冬物にチェンジしました。前に犬用に小さな帽子を作ったNさん、今日も果敢に小さい帽子に挑戦!人間用の帽子に比べてその小ささがおわかりになるでしょうか。Nさんのすごいところは全くのフリーハンドで布を切って作り上げてしまうところ、それでも立派な小さい帽子が出来上がる不思議。帽子を教えている私にも真似出来ません。

080916_3_blog.jpg 080916_4_blog.jpg

講義後は美味しいケーキをいただきながらのお茶会、そしてみなさんから旬の鳴門金時のお土産までいただき無事全ての講義を終えることが出来ました。毎週笑いの絶えなかった講義は受講生の皆さんが良い雰囲気を作ってくれたから、「楽しかったです!」とお礼を言われるたびに感謝と反省とが入り交じった複雑な気持ちに。自分の帽子をちょっと上手に作れるようになればと師匠のところで勉強を始めたのがいつのまにか人様に教えるようになり、まだまだ試行錯誤続けながらの制作指導ではあるもののこうやって経験を積んで成長していかなければならないんだなぁと改めて思う次第。徳島のみなさん、3ヶ月半どうもありがとうございました。またお会いしましょうね。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:35 | コメント (0)

2008年09月15日

クマ太郎の草履(ミサトっ子)

080915_1_blog.jpg

080915_2_blog.jpg

鹿児島の妹が「これいいよ〜」とクマ太郎にプレゼントしてくれたのはミサトっ子という草履。確かに遊びに来た甥っ子二人も履いていた。最近まで履こうとしなかったクマ太郎、どういう心境の変化かはわかりませんが今ではこの通り…小さい指がぎゅっと鼻緒をつかんで可愛いのだ。草履は足の形成にとっても良いらしい。どんどん履いていい足になれよ、息子。

Page_58.jpg

草履を舐める生後10ヶ月のクマ太郎。


投稿者 あずさ*cheera* : 19:50 | コメント (0)

2008年09月14日

自家製ロールパン

080914_1_blog.jpg 080914_2_blog.jpg

080914_3_blog.jpg

工芸館の勉強会に出掛けて昼過ぎに帰ってきた私が見つけたものはボウルの中で順調に発酵しているパン種。旦那が仕込んだものです。今日は何のパンかな?と楽しみにしていたら棒で伸ばしてクルクル巻いてロールパンでした!最終発酵でぐ〜んと膨らんで、焼いてますます膨らんで。街で売っているロールパンのおそらく3個分はあろう大きさに5個分の質量、ひとつ食べればお腹いっぱいになるロールパンは珍しく、しかもこれがなかなか美味しい!大絶賛の私に旦那も満足、だったかな?また焼いてね〜としっかりお願いするのも忘れずに…最近はパンを外で買うとけっこう値が張るんですもの。

投稿者 あずさ*cheera* : 19:47 | コメント (0)

2008年09月13日

公園の一日

080913_1_blog.jpg

080913_2_blog.jpg 080913_3_blog.jpg

先週は大忙しだったので今日は光が丘公園に出掛けたクマ太郎一家。だいぶ秋の色になってきた緑ですが夏のような日差しにクマ太郎は裸で水遊び。滑り台もだいぶ上手に滑れるようになりました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:55 | コメント (0)

2008年09月12日

秋刀魚で誕生日

080912_blog.jpg

今日は私の誕生日。おめでとう!仕事から帰ってこしらえた誕生日のご馳走は秋刀魚だ!脂ののった今年の初秋刀魚、旨い旨いとあっという間に骨になった…そして焼き網の下に張った脂たっぷりの水をこぼしてしまい大掃除になったというオマケ付き。秋刀魚の脂のニオイはなかなか強烈。秋刀魚一匹盛る用の皿は私の母の作品です。旦那の名誉のために付け加えると「今日は外で食事しようか?」と提案してくれたのですが、クマ太郎もいるし家のほうがいいなぁと秋刀魚にしたのは私でした。ありがとう。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:42 | コメント (0)

2008年09月11日

北欧テキスタイルのつば広の帽子

080911_blog.jpg

先日の帽子の飾りをちょこっといじってみたら…うーん、シンプルなままでもいかなぁ。つば広の帽子はつばの裏の面積も大事なデザイン、こんな大柄のプリントも楽しめます。

投稿者 あずさ*cheera* : 16:39 | コメント (0)

2008年09月10日

9月の工芸館@北の丸公園

080910_1_blog.jpg 080910_2_blog.jpg

080910_3_blog.jpg 080910_4_blog.jpg

東京国立近代美術館工芸館のガイドの日。平日昼間の北の丸公園は都心とは思えないこの風景、工芸館も夏の喧噪が幻だったかのような静けさでようやく日常が戻ってきたか…しかしあまりにも来館者が少なくガイドツアーが出来るのか心配になりましたが、それでも4名が参加して下さいました。感謝。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:07 | コメント (0)

2008年09月09日

NUNOの工芸館バッグ

080909_blog.jpg

徳島日帰りは朝一番の飛行機なので家を出るのが5時半。出掛けるときは…簡単おにぎりだけだとしても…お弁当作る派ではありますが、さすがにこの日ばかりは勘弁。羽田でサンドイッチを調達して搭乗することにしています。しかーし、2つ3つの買い物で入れてくれるその袋。パン屋さんから飛行機までの僅かな距離を運ぶだけで要らなくなってしまう、デカデカとロゴの入ったその袋は私には必要ない。とはいっても荷物でパンパンのバッグに入れたら、フワフワのパン潰れるのは必須。というところで、少しの買い物にちょうどいい大きさのこのバッグは東京国立近代美術館工芸館NUNOのコラボレーションバッグ。NUNOはテキスタイルデザイナー須藤玲子さん主宰の布のお店。「ある程度量産できる工業製品をデザインするのが面白い」という須藤さんの布はそれ自体が作品として完成されているので(私には)使うイメージが湧きにくいものもあるのですが、それでも染織を勉強していた頃はAXISのショップを覗いてはそのアイデアとテクニックと値段にため息をついていたものでした。NUNOの工芸館バッグはみているだけでも美しい、そして…華奢なので過酷な日常の買い物に動員されるエコバッグというわけにはいきませんが…さりげなく使っちゃうところが気持ちいい。ところでこのNUNOショップ、東京のお店しか知らなかったのですが以外と全国各地にあって、しかも本日仕事に向かう徳島にもあったのでした。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:25 | コメント (0)

2008年09月08日

北欧テキスタイルのつば広の帽子

080908_blog.jpg

気に入って買った北欧のプリント生地もさっさと使わないと、秋も深まってきたら来シーズンまでしまい込んでそれっきりになる恐れが。残暑がぶり返してきたのをいいことに、思いっきり夏っぽい帽子をひとつ。頭まわりのベルトのような腹巻きのようなもの、このままにするかちょっといじってみるか検討中。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:44 | コメント (0)

2008年09月07日

プールじまい@としまえん

080907_blog.jpg

今年はプール開きからばっちり2ヶ月遊びました、としまえんのプール。プールじまいの今日は義妹&従姉妹ふたりもやってきて、幸いにも夏日となった9月の日曜日を水遊びで堪能。クマ太郎、遊んだ後はちゃんとシャワーを浴びておしまいにしました。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:27 | コメント (0)

2008年09月06日

梨を買いに@東久留米

080906_1_blog.jpg

080906_2_blog.jpg 080906_3_blog.jpg

東久留米に美味しい梨を作っている果樹園があるという情報を仕入れた母親、父と可愛い孫と一緒に…そして運転手に私が加わり…梨を買いに出掛けたのは東久留米の大島農園。果樹園の脇は住宅地が迫っているもののここがなかなか立派な家で、敷地内には見上げるほどの大ケヤキ、そして風格のある蔵。応対して下さった農園の元気な奥さん曰く「落ち葉が落ちれば近所に気を使うし蔵はボロボロで、いやぁ〜!恥ずかしい〜!」写真は味見に置いてあったいくつかの種類の梨を食べまくる父母に、農園到着直前に眠りに落ちたクマ太郎(帰宅直前に目を覚ました)。肝心の梨は甘さ&水気たっぷり、美味しかったなぁ。あぁ、しかし買い物したこちらは楽しい美味しいで済みますが、農園の奥さんの話「農家は大変、取るものは取られるし、果物だけじゃやってられないですよ〜。ウチも子供の代になったらどうなることやら。」…練馬も私が小さい頃はまだまだ畑がたくさんあったのに、今では同じような家がキレイに建った区画もあちこちに。そこは以前は畑だったに違いない。なんでも昭和43年の「新都市計画法」で練馬区全ての農地が市街化区域に組み込まれ宅地化農地として位置付けられたとか。平成3年9月改正(実施平成4年)の生産緑地法で、宅地不足を理由に宅地化農地に課せられる固定資産税は生産緑地の300倍以上(生産緑地10a当たり3080円に対し宅地化農地平均100万円程度)となり、平成9年度から宅地化農地には地価税も課せられた結果、宅地化農地を中心に急速に減少するという結果になったらしい。交通が便利になって住民が増え財源も増えただろう区は喜んでいるのかと思いきや、「緑が減ってきたので緑地を増やそうといろいろ計画中」などと言っている。何だかな。自分がマンションに住んでいるからひがんでいるように聞こえるかもしれませんが、効率よく住宅供給するんだったら小さい一戸建てをぎっしり建てるよりも高層化して、その分、緑地面積を増やすってのはどうなんでしょうね。少なくとも23区内は。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:14 | コメント (0)

2008年09月05日

ミシンの隣に…

080905_blog.jpg

ミシンの隣には野生化したベンジャミン、ふと気が付けば蝉の抜け殻がびっしり幹に!!!虫があまり好きでない私は抜け殻ですら少々気味が悪い、もちろんこんなことするのは旦那しかいないので早速詰問すると「今頃気が付いたの?」と涼しい顔。「要らなかったら外していいよ」と言うものの、外すのもイヤなのに。どうしよう。

投稿者 あずさ*cheera* : 12:08 | コメント (0)

2008年09月04日

papabubble(パパブブレ)の可愛いキャンディ

080904_1_blog.jpg

ある日、地元の同級生の友達(息子同士も同級生!)が「買い過ぎちゃったからプレゼント」となんとも可愛いキャンディをくれました。聞くと中野にあるとかで、今日は帽子の材料を買い出しに行ったついでに(どっちがついでかわからないが)立ち寄ったのがpapabble(パパブブレ)(←しかしここのサイトはわかりづらい、お店のことはこちらが詳しい)。ディスプレイもお洒落なんだなぁ。

080904_2_blog.jpg

冷蔵庫に入れてあったのでちょっとくもってしまったけれど、これがそのキャンディ。可愛い金太郎飴といった風情ですが、びっくりすることにどれもフルーツの味がしっかりしてとっても美味しい。右2つは正規品、お洒落なラベルはイギリスのデパートHarvey Nicholsのオリジナルフーズのパッケージを思い出させます。左2つはアウトレット、自宅用はこれで充分!なのですが一人2つまでしか購入出来ません。瓶入りもあってちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう、いいお店を知りました。友人曰く「超有名店だよ!」って…頻繁に中野に出掛ける私は知らなかったぞ。

投稿者 あずさ*cheera* : 14:07 | コメント (0)

2008年09月03日

染料のこと

080903_blog.jpg

染物職人の本日、まだ風邪が完治していないので少々ペースダウンの仕事となりました(師匠、ごめんなさい)。撥水加工をしたシルクの生地にシルクスクリーンでのプリント作業、私が染めた布がジャケットとベストの揃いに仕立てられます。使っている染料は合成染料のひとつ酸性染料(商品名イルガラン、絹・羊毛などの蛋白繊維を染めるのに使う)。このエコなご時世、草木染めじゃいけないのか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、草木染めのあえてデメリットを挙げると「品質が一定しない(いつも同じ色を出すのが難しい)」「濃色に染めにくい」「堅牢度が弱い(摩擦・洗濯・日光・熱などに弱い→退色や変色)」お客さまがよほどご理解いただける方でないと、商品として草木染めを使うのはなかなか難しい。確かに草木染めのスカーフやバッグなど流通しているものもたくさんありますが、セミオーダーのここの服はジャケットだと7〜10万円くらいになる品物。そんな大金を払った服がワンシーズン着ただけで色が焼けても「環境に優しい草木染めなんですよ」という理由で納得していただけるのでしょうか。家事を担うご婦人方に「色がけっこう落ちるので別に洗って下さい、だいぶ色は薄くなりますが草木染めなので」という理由でいつまでも色が落ちるブラウスに手洗いを強いるのは?話がちょっと逸れますが、人間国宝の小宮康孝氏は伝統技法である江戸小紋を染め続けていますが、使う染料はこの酸性染料。お客さまに色落ち色焼けするものはお渡し出来ないと試行錯誤続けての結果だそうですが、結局それは自分の染めたものを買い求めて長く使っていただくお客さまのためでもあると(小宮さん関係の記事はたくさんありますが、例えばこちら)。私自身、今はちょっとお休みしている染物仕事をしていたときも「これは草木染めじゃないのね?」と何度訊ねられたことか。天然嗜好がいけないと言っているのではありませんし、私は化学信仰者でもない。新しい技術や染料の開発で今の仕事が大幅に変わる可能性だって大いにあります。ただ価値長所・欠点短所を比べ考え試した末に選んだスタイルを「エコじゃない」だけでばっさり切り捨てるのは、あまりにも短絡的ではないかと…たまに思うことがあるのです。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:23 | コメント (0)

2008年09月02日

帽子講座@徳島

080902_blog.jpg

楽しい徳島の帽子講座、受講生の笑顔からその雰囲気をご察し下さい。本日の課題は北欧のプリントでの6枚はぎの帽子。生徒のみなさんにサンプルはお見せしますが、いざ作り始めるとプリント模様の扱い方は十人十色…同じ帽子とは思えないほどのバラエティに富んだたくさんの帽子の出来上がり。それぞれの帽子をお互い見るのもまた勉強、私にとってもとても良い刺激になります。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:12 | コメント (0)

2008年09月01日

田んぼ@秋の陽公園

080901_blog.jpg

従姉妹は昨晩帰り、クマ太郎は保育園。昨日に引き続き風邪でダウンでしたがゆっくり寝ることが出来て、おかげで夜にはずいぶん楽に。クマ太郎の保育園近くの秋の陽公園の稲穂は夏の半月で(前回記録は8月11日)こんなに実りました!(→次の田んぼの風景は9月26日

banner.gif ←よろしくカチッ!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:20 | コメント (0)