« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

銀杏狩り

061130_1.jpg 061130_2.jpg

国立の帽子教室へ、銀杏がそれは見事に色づいています(右・国立の大学通り)。帽子教室へ行く時はサンプル・生地などの諸材料・パターンや資料などなど荷物が多いので車を使うことが多いのですが、帰りに走った東八道路の銀杏や野川公園の紅葉もそれはそれはきれいでした。(わき見運転注意!)左は地元練馬の白山神社。こちらもすっかり秋模様…明日から12月ですから当然ですね。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:48 | コメント (0)

2006年11月29日

タックの入ったすっぽりかぶる帽子

061129_blog.jpg

出歩いてはマンガ描いてばっかりだと思われては心外だ〜、家事も帽子もやってます。明日の国立・帽子教室のサンプルでもありますが、こんな冬の帽子を作ってみました。やわらかいウールですっぽりかぶる帽子はトップの丸みを強調しているので可愛らしい雰囲気、いろんな年代の方に被っていただけるでしょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:19 | コメント (0)

2006年11月28日

いけいけ!クマ太郎「練馬の酉の市の巻」

061128.jpg

朝からの雨で心配でしたが午後には上がって、夕方はぶらぶらと酉の市に出掛けました。私が小中学校の頃に比べ屋台の出る範囲は少々狭くなったものの、あの風景に出くわすと「お祭りだ〜」とワクワクしますな。縁起熊手は一番小さい物を買い求めました…商売繁盛してひとつづつ大きくしていくよう、帽子屋、励みます!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:11 | コメント (0)

2006年11月27日

いけいけ!クマ太郎「巨匠・クマ太郎の巻」

061127.jpg

昼下がりの散歩、こんなことして遊んでました。で、何処の公園?と思いきや…ここもとしまえんなのだ。平日がら空きの遊園地でのひとこま。

投稿者 あずさ*cheera* : 20:59 | コメント (0)

2006年11月26日

USHIOちゃんのカレンダー

061126_1_blog.jpg

昨日、ルートカルチャーフェスティバルの会場でお店を出していたイラストレーターのUSHIOちゃん。来年のオリジナルカレンダーが出来たというので…
私「ひとつ下さいな」
USHIO「サービスで大切な記念日にイラストを入れちゃうよー!」
旦那「たっくさん記念日があるんだけどなー、家族3人の誕生日に、入籍した日に、式の日に…」
USHIO「一日だけっ」

061126_2_blog.jpg

ということで、クマ太郎の誕生日に家族3人のイラストが入りました。心がホンワカするイラストが毎月ワクワクするカレンダー、楽しい予定がたくさん書き込めるといいなぁ、1年間大切に使います。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:26 | コメント (0)

2006年11月25日

いけいけ!クマ太郎「鎌倉へ…の巻」

061125.jpg

家族で秋の鎌倉、風流じゃありませんか!鎌倉駅近くの本覚寺と妙本寺を中心にルートカルチャーフェスティバルが行われるというので出掛けてみました。これは鎌倉の文化と地域と人のために、鎌倉の地に根を張り新しい「文化的交流の場」をつくることを目指した活動…だそうですが、すっかりお寺の縁日のように楽しむクマ太郎親子。旦那は数名のスタッフと非営利の音楽配信サイトを立ち上げて運営していますが、実はNPOルートカルチャーの理事長S氏がその仲間のひとり。今日のインフォメーションは旦那経由で知ったのです。
そして鎌倉でこういうイベントがあると必ずいるのがカジュ・アート・スペースまっこさん(カジュの主宰者・たなか牧子さん)、もちろん今日もカジュのブースを出し(草木染めの糸や布雑貨を売っていた)店番しながら糸紡ぎに精を出していました。夜はシンポジウムがあったのですが(これは行けなかった)旦那の知り合いの理事長S氏と私の知り合いのまっこさんがパネラーとして参加、この二人はフェスティバルが縁で顔を合わせたわけでこれまた不思議な繋がりが。
もうひとり知り合いを見つけたぞ!昨年ドイツのトラーベ・アート・フェスティバルに一緒に参加したイラストレーターのUSHIOちゃんもポストカードやTシャツ、新作カレンダーを並べていました。4月のカジュ祭で会って以来、その翌々日にクマ太郎が産まれたので「初めまして〜」のご挨拶…のはずが、クマ太郎は寝てしまっていたのだ。
カジュの隣にブースを出していた世界の先住民族のアートを扱う長谷のMiddles、まっこさんの紹介で店主の柴田さんと話をする機会が持てましたが、本当に短い時間だったので、いつか魅力的なグッズがいっぱいという長谷のお店へ行ってみよう!
暗くなったフェスティバル会場を後にして向かったのは鎌倉ドゥローイング・ギャラリー、ブラジル人のエコロジーアーティスト・Walderedo De Oliveiraさんの小品展。アマゾンの先住民やネイティブアメリカンの文化や豊かな自然にインスパイアされた力強く神秘的ものから、物質的でドライな都市文化を風刺するものまでテーマは様々。ですが、一貫して「自然と共存するライフスタイルへの回帰」というメッセージが作品に込められています。夕方から会場でボディーペインティングがあり、そのモデルを務めるのが旦那と一緒に音楽配信サイトを立ち上げたJ嬢。アコギの音色がゆったりと流れるギャラリーで、静かにしかし力強いパフォーマンスは皆が見守る中、見事に完成。「着物に描く」と聞いた時は東洋趣味を面白がってのことか?とうっかり思ってしまいましたが、着物の持つ平面性とその中の立体的な身体のコントラストがそれぞれの特徴を引立て合い、彼の作風と相俟ってスピリチュアルなそのパフォーマンスに心を奪われました。
さて、終了後はお二人のお家で夕食をご馳走に。8月にクマ太郎が使ったベビーバスを送った彼女は最後のコマでも触れていますが…そう、来月18日予定日に女の子を出産!子育てに備え、最近長谷のすてきなお家に引っ越してきたお二人は先ほどのMiddlesも既にチェック済み、やっぱりね〜。J嬢のパートナー・Yパパは男の子育て&出産をそれはそれは楽しみにしている様子(当たり前か)、クマ太郎相手に「パパの練習!」とばかりに遊んでくれました。
そんなこんなで盛りだくさんの一日はおしまいです。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:37 | コメント (2)

2006年11月24日

ベージュのキャスケットの完成!

061124_blog.jpg

独り身の頃は3時間で出来た仕事が3日かかっても出来ません、が、ようやく妹の帽子も出来ました。新しいパターンによる新作です。ふんわりした適度なボリュームのトップが可愛い!と今のところ自画自賛。妹にかぶってもらって鹿児島で宣伝してもらいましょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:48 | コメント (0)

2006年11月23日

いけいけ!クマ太郎「としまえんで考えるの巻」

061123.jpg

休日だからというわけではなかったのですが、買い物ついでに隣のとしまえんへ。クマ太郎、小さすぎて遊べる乗り物は限られていますが、それでも一緒にあれこれ乗った…にもかかわらず、ご本人は終始冷静な面持ちでした。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:30 | コメント (1)

2006年11月22日

ユニセフの布絵本

061122_1_blog.jpg

東京国立近代美術館工芸館のガイドの日、といっても私はガイドツアーの補佐係だったので気楽なもんです。ペアを組んだガイドスタッフのSさん、短い時間内に展示の全てを網羅するガイド、よくあれだけの内容をまとめたものだ!と感心することしきり、勉強になりました。さて帰り際に「クマ太郎ちゃんへ」といってプレゼントを…ええ〜いいんですか!?しかし遠慮は禁物、有り難くいただくことに致しました。その場で「我慢出来ない!見てもいいですか?」と開けた袋から出てきたのはユニセフのカラフルな布絵本。嬉しい!早速、秋の北の丸公園で記念撮影。

061122_2_blog.jpg

クマ太郎も興味津々。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:43 | コメント (0)

2006年11月21日

いけいけ!クマ太郎「とうちゃんのギターの巻」

061121.jpg

クマ太郎就寝前のひととき、おとうさんとギターの時間。最近は手を出してまぐれで弦を弾くことも…本人はどう思ってやっているのかわかりませんが、ギターに合わせて?「キャーキャー」シャウトしたり…寝る前なのにそんなに興奮させていいのか?

投稿者 あずさ*cheera* : 23:02 | コメント (0)

2006年11月20日

ベージュのキャスケット、途中経過

061120_blog.jpg

「いつでもいいからね」という優しい言葉に甘んじて、未だこんな状態の妹の帽子。可愛いのを作るから待っててね!リクエストのベージュのキャスケットは、合成スウェードと手織りの生地のコンビにしてみました。
ところでちょっと買い物に出掛けた昼過ぎの練馬で「あっちゃーん」と声をかけられ振り向くと、昨日の主役・M嬢とご主人が。今日は仕事をお疲れ休みにしてこれから庭の湯に行くとのこと、まだまだ恋人ムードいっぱいですね。それにしても地元恐るべし、うっかりスッピンで牛乳も買いに行けません。

投稿者 あずさ*cheera* : 22:12 | コメント (0)

2006年11月19日

桃の結婚式

061119_1_blog.jpg

この日記にもたまーに登場する小学校からの地元友人のM嬢が今年結婚し、今日は目出たい披露宴。思えばクマ太郎が産まれて病院から「産まれた〜」と携帯メールを送ったら、「私も結婚が決まりました」との返事にたまげてあっという間に半年。テーブルは同窓会もしくはいつもの飲み会の様相で、皆がM嬢の結婚を祝うと同時にお互いのお目出た話にも盛り上がりました。身近なところだけで、中学の友人のY嬢・昨年9月結婚で今年1月出産、私・昨年11月入籍で今年4月出産、幼稚園と中学の友人のK氏・今年4月結婚で来年1月に出産、少子化なんのその!デザートのマンゴープリンに桃の饅頭、桃は不老長寿・子孫繁栄・家庭円満の象徴だそうです。

061119_2_blog.jpg

お幸せに!

投稿者 あずさ*cheera* : 23:09 | コメント (2)

2006年11月18日

民芸館展の収穫

061118_blog.jpg

今日は帽子の研究日だった…が、いつもクマ太郎を預ける母親の外出のためお休み。残念。そんな母親が出掛けたのは駒場の日本民芸館。毎年この時期に公募展があり「民芸館展」として入選作を展示します。学生時代に学芸員実習でお世話になったのが縁で、館展の審査や会期中のお手伝いをしたことが何回かあるのですが、そりゃもう全国から熱心なファンが初日早朝から詰めかけ、入選作は午前中でほとんど予約済みの赤丸が!母親が見つけてきたのは準入選作品の竹の籠。準入選作品は即売されその場で持って帰ることが出来るので、母親、籠を持っていそいそ会計の列に並んだら、会計係が私が実習でお世話になった学芸員のS氏。母親も私と一緒に民芸館に行く間に顔馴染みになっているので「ノムラさん!」「あっ、Sさん、お久しぶりです!」「あずささん、ご結婚とご出産されたそうで…」「信じられない姿で子育てしてますよ…」そんな会話を小声で交わしたそうで。
さてこの竹の籠、今はまだ何を入れようかといろいろ想像しながら楽しみに置いてあります。ちなみに私のあけびの籠は数年前の入選作品、これは高かった〜。宝物です。

投稿者 あずさ*cheera* : 16:33 | コメント (0)

2006年11月17日

絵本の時間

061117_blog.jpg

さっそく借りてきた「それいけ!さかなくん」の絵本の時間。プレゼントのさかなのおもちゃを絵本の主人公に見立て、声色を駆使して読むおっかさん。さかなくんの友達を紹介するページで「(友達魚の身体に数字が書いてある→)いっちゃん、にいちゃん、さんちゃん(絵本はここまで)、ヨンさま、野口五郎、永六輔!」そばで聞いていた旦那「本当かよ〜」

投稿者 あずさ*cheera* : 16:21 | コメント (3)

2006年11月16日

ブックスタート!

061116_blog.jpg

クマ太郎の誕生記念に練馬区から絵本が2冊プレゼントされるので、練馬図書館へ行きました。名付けてブックスタート、0歳児に絵本を手渡すNPOの運動とは知らなかった。今日は早く行けば同じ年頃の赤ちゃんと絵本の読み聞かせなどの時間を過ごせたらしいのですが「絵本をもらってハイおしまい」かと思っていたので、引き換え時間終了ギリギリに行ってしまい、あら残念。けれど子供への読み聞かせの時間は毎週あるので、今度来てみようと思います。
さて、久しぶりに図書館に入ったクマ太郎家族。せっかくだからクマ太郎にもう2〜3冊絵本を借りて行こうと子供コーナーに行ったが最後、楽しくなってきて、結局家族3人で貸し出しカードを作り本をごっそり借りてきました。せっかくの図書館、これからせっせと活用したいと思います。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:09 | コメント (0)

2006年11月15日

いけいけ!クマ太郎「サンタにお願いの巻」

061115_1.jpg

先日、リンダさんの帽子展の帰りに立ち寄ったクレヨンハウス。旦那に「絵本のお店があるんだよ」と軽いインフォメーション程度のつもりだったのですがことのほか興味を示し、1階の絵本・2階のおもちゃと探索してまいりました。いくつか頂いてきたパンフレットで気になったのが「字のない絵本」。ドイツの絵本作家アリ・ミットグッチが60年代から発表しているシリーズで、パンフレットに載っていたのは61×40センチの世界一大きい絵本!

061115_2_blog.jpg

「字のない絵本・街」の1ページ、ブリューゲルを思い出させる楽しさ。クマ太郎がもうちょっと大きくなったら、この絵本を見ながらこれは何だ?何してるの?とお話したいおっかさんです。

投稿者 あずさ*cheera* : 21:33 | コメント (1)

2006年11月14日

庭の湯デート

061114_blog.jpg

隣に住んでいながら眺めるだけの庭の湯、独身時代はBF(旦那のことだ!)や女友達とときどき行ったりしたのですが子供連れでは入場出来ないのですよ。
ところが今日は旦那の「久しぶりに身体をほぐしに行くか!」の誘い、クマ太郎を実家に預け夜のナイトスパで2時間程のんびりしてきました。行ってから知ったのですが、先週今週の平日は秋の特別プランで18時から夜料金で入れたのだ(通常21時から)。あらら、知ってたらもっと早くに来たのに…でもクマ太郎を夕食どきに預けて遊びに行くのもちょっと気が引けるような。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:09 | コメント (3)

2006年11月13日

えんじ色の冬の帽子

061113_blog.jpg

オーダーのもうひとつの帽子が出来上がりました。おとなしめの風合いのウールですが、合成スウェードと組み合わせてメリハリが出たのではないでしょうか?フリンジの花飾りを付けて出来上がり、さっそくお送りしたところ。喜んでもらえるかどうか…お返事がくるまではちょいと不安。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:29 | コメント (3)

2006年11月12日

いけいけ!クマ太郎「ライフスタイルフォーラムの巻」

061112.jpg

またも新宿御苑、今日はライフスタイルフォーラムを覗きに出かけました。風はちょっと冷たいもののすっかり秋色に衣替えした園内でのイベント、昨年はビルのワンフロアで行われていたことと比べると、気持ちがいいことこの上ないシチュエーションでのフォーラム、よろしいですねぇ。
4mのバルーンで出来た化石資源恐竜を見ながら様々な展示出店ブースを覗きましたが、私が一番熱心に話を聞いたのは花嫁わたのブース…旦那の布団がぺちゃんこになっているのを前からどうにかしなくちゃと思っていたので布団打ち直しのことを伺った妻でした。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:57 | コメント (0)

2006年11月11日

キッチンの帽子

061111_blog.jpg

オリジナルは相当昔、その当時こんなアップリケが面白くてさんざんこしらえた帽子のひとつを私の叔母がかぶってくれています。それを叔母の友人が見て「可愛いわ!」と思って下さったのかどうか、とにかく有り難いことにご注文下さったので久しぶりに細かいアップリケに挑戦。モチーフはポットやカップ、お鍋にエプロンといったキッチンでお馴染みの品々、それを両面接着芯で貼り、ご丁寧にフチを細かい目のミシンで押さえています。ステッチ用の太いミシン糸で取手などのステッチを入れ、ビーズをあしらったら出来上がり。オーダーはふたつ、もうひとつはまさに今からかぶる冬の帽子、急げっ!

投稿者 あずさ*cheera* : 17:07 | コメント (0)

2006年11月10日

お菓子の手帖・続 シリアルクッキー

061110_1_blog.jpg

一日制作に励む、そんな時の気分転換におやつ作り。
定番のひとつ・シリアルのクッキーが今日も登場!
バター100g
砂糖(きび糖を使っています)80〜100g
卵1個
小麦粉100g
シリアルや削ったチョコレート100g←あるものを適当に入れている
180度のオーブンで15分かもうちょっと…焦げ具合はお好みで。

061110_2_blog.jpg

あっという間にカリカリクッキーの出来上がり!

投稿者 あずさ*cheera* : 18:56 | コメント (0)

2006年11月09日

リンダの帽子展@表参道

061109_2_blog.jpg

表参道・クレヨンハウス近くのギャラリー、Galeria Mに帽子の展覧会を見にお出掛け。クマ太郎を抱っこした私とにこやかに話す作家がリンダ・カオリ・タナカさん、帽子研究会の友人でサンパウロ生まれの日系3世。もともと洋服を作っていてその延長で帽子制作を始めたのですが、彼女の帽子はとにかく素材の選び方や組み合わせ、扱い方のセンスがいい!今回はブラジルで仕入れてきたレースを染めて仕立てたキャスケットがたくさん出ていましたが、手仕事の味わいがとても素敵な帽子でした。「ああ、私も頑張らなくちゃ〜、帽子作らなくちゃ〜」と刺激されまくり。右手奥はブラジル系放送局の撮影クルー…実はリンダさん、ショウや雑誌などで活躍する立派なデザイナー!会場に見える服も、もちろん彼女の作品です。

061109_1_blog.jpg

レースのキャスケットをかぶらせてもらって、作家との1枚。クマ太郎、寝ています。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:48 | コメント (0)

2006年11月08日

いけいけ!クマ太郎「ボクらお楽しみ隊!の巻」

061108.jpg

家で一日仕事をして気がつくと夕食の支度をせねば!ところで今日は何があったんだ?と新聞を読んでもニュースを見ても、事故だ事件だお金だいじめだ…と暗い話題ばかり。全くやんなっちゃう大人が多くて困りますね、クマ太郎や。

投稿者 あずさ*cheera* : 18:40 | コメント (0)

2006年11月07日

織布のバッグ

061107_blog.jpg

織物作家からバッグの仕立ての依頼。ふたつともシルクの糸で織ったもの、下は横糸は細い糸を一度に3本通しての斜文織(たぶん)、厚みのわりに柔らかい生地。上は着物の生地、おそらく反物を織る際の織見本として織ったものでしょう、バッグに仕立ててもなかなか洒落た感じになります。さすが、反物を織る人の仕事は緻密で正確でなんて綺麗なこと。

投稿者 あずさ*cheera* : 16:44 | コメント (0)

2006年11月06日

クマ太郎の花水木

061106_1_blog.jpg

クマ太郎の出生記念で練馬区から苗木がプレゼント、いろいろある中から花水木の苗を選んできました。(配布当日、都合がつかなかった私達の代わりにノムラじぃじばぁばが取りに行ってくれた) しかし我が家には庭がない。ので、旦那の実家の庭に植えてもらうことにして、その植樹祭!
高尾のじぃじ「こんなもんでどうだい?」

061106_2_blog.jpg

クマ太郎と背比べの小さい苗、これからどっちが先に大きくなるか? 楽しみです。

投稿者 あずさ*cheera* : 15:08 | コメント (0)

2006年11月05日

夕焼け小焼けとチョコレートケーキ

061105_1_blog.jpg

昨日は三宿経由で旦那の実家の高尾へきました。
実家近くの陣馬街道を陣馬山方面に車で約20分のところに夕焼け小焼けの里があるので、義両親も一緒にちょいと出掛けた休日のお昼。
「ゆーやけこやけで日が暮れてー」の童謡「夕焼小焼」の作詞者・中村雨紅が、現在の八王子市上恩方町で生まれたことに由来しての「夕焼け小焼けの里」。
家族で遊びにくるのにちょうどいいので小さい子供がわんさか遊び回っていましたが、私達が真っ先に飛びついたのは採れたての野菜の直売所。

061105_2_blog.jpg 061105_3_blog.jpg 食後の公園散策。

061105_4_blog.jpg

今日は旦那の誕生日、そして私達の入籍1周年(結婚記念日ってことだ!)だったのだ!
久しぶりに焼いたので少々形がいびつになりましたが、旦那リクエストのビターなチョコレートケーキでお祝いをしました。

投稿者 あずさ*cheera* : 01:55 | コメント (0)

2006年11月04日

三宿のギャラリーへ

061104_1_blog.jpg

旦那の友人のアーティスト・伊藤清泉氏の個展を見に三宿の Star Poets Gallery へ家族でお出掛け。
あいにく伊藤氏とは会えなかったのですが、まあ、あちこちで顔を合わせるので…。
彼のプロフィールには「西洋と東洋の世界を融合させた独自の世界観を描く」とありますが「精神と宇宙」というほうがしっくりくるような絵の数々。
キャンバスを軽く撫でるような筆致、厚塗りではないけれど深みのある画面です。
新作の中で、私が気に入った一枚とクマ太郎。

061104_2_blog.jpg

会場風景。
古いビルの2階のギャラリーはけっして広くはありませんが、作品と静かに向かいあうにはとてもいい空間でしょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:53 | コメント (0)

2006年11月03日

文化の日の日本画

061103_1_blog.jpg

大学で働いていた時の同僚、日本画家の棚町宜弘さんの個展が銀座3丁目のギャラリー青羅であったので、クマ太郎初めましても兼ねてお出掛け…お出掛けばっかだな。
ああ!いつもながら緻密なデッサンと丹念に描き込まれたタブロー!これは幅5.4m×高さ1.8mもの大作ですが、大きいのに圧迫感や息苦しさがない。隅々まで力一杯描き込んでいた以前のような気迫が、いい感じに抜けてきたように思います。それにしても彼のデッサンの細かさはすごいのだ…ここに写真がないのが残念なくらい…本人はひょうひょうとしているのに、一体どんな顔して描いているんだろう?会うのは2年ぶり、楽しく話をして帰ってきました。

061103_2_blog.jpg

会場風景…いつの間にか日展作家になっていたタナでしたとさ。

投稿者 あずさ*cheera* : 00:39 | コメント (0)

2006年11月02日

しなのゴールドと夜の映画

061102_blog.jpg

蓼科からリンゴが届きました、その名も「しなのゴールド」
あまり東京では見ないリンゴですが「美味しいわよ」とのこと、喜んでいただきます。思えば1年前、クマ太郎がお腹にいた妊婦の私はリンゴを食後に・おやつに・夜食に・外出時の非常食に食べ続けていたものでした。今度は擦り下ろしてクマ太郎の離乳食だ!

061102_2_blog.jpg

秋の夜長の映画鑑賞は「フリーダ」6月に「ガンジー」と迷った末、そのときはおあずけになったのでようやくここで観ることにしました。どうしてこの映画が気になっていたかというと、以前「フリーダ・カーロ 引き裂かれた自画像」(中公文庫・堀尾真紀子著)を非常に面白く読んだから…これは読み応えのある本だった!ですから、彼女の人生を2時間で描くのはどうだろうと思いつつの鑑賞。実際、映画だけでは時代背景やディエゴとの関係がわかりづらかったり、フリーダがダンスやピクニックに興ずるのはどうかしらん?と思う部分もなきにしもあらずでしたが、コスチュームやカラフルな家の色彩などは私はとても楽しめたし、一人の女性の生き方の物語として面白く観るのも良いでしょう。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:48 | コメント (0)

2006年11月01日

チェックだらけ

061101_blog.jpg

染物職人の日、チェックのスカーフやストールをシルクの生地に刷りました。縞やチェックはすこし版がずれただけでもぱっと見てわかってしまうので非常に気を使いますが、きっちり染めた時は爽快そのもの。今日の仕事はなかなか良く出来て、しかもこういうカラフルな色を染めるのはそれだけで楽しいものですから、旦那へのカエルコールも自ずから「終わったよーん!」とうきうき声も弾み…。いつもこうでありたいものです。

投稿者 あずさ*cheera* : 23:42 | コメント (1)