« 練馬観光案内・我が家からの夜景 | メイン | この帽子、いくらですかー? »

2005年10月02日

地元の映画館で観たものは…

051002_1_blog.jpg

昨日は「映画の日」でもあったので
kumacoさんと仕事場から徒歩3分のユナイテッドシネマとしまえんへ。
仕事の区切りのついた夜12時45分からのレイトショウ、
私のチョイスで観た映画がチャーリーとチョコレート工場でした。
ティム・バートンは大好きな監督の一人ですが、これも文句なしに楽しめる映画。
しかも「大事なことは何?」ということが一貫して語られています、お勧め。
ちょっと話は逸れますが、
フランスを代表する振付家・演出家のフィリップ・ドゥクフレ氏。
1990年アルヴェールビル冬季オリンピックの開会式の振付と演出も手掛けていますが
その奇想天外でファンタスティックな開会式は過去最高!(←個人的意見)
彼の言葉で大好きなのが「くだらないことを一生懸命にやることが大切なんだ」
ティム・バートンのこの映画を観て、真っ先にこの言葉を思い出しました。
自分がとことん楽しんでこそ、人を楽しませることが出来る、
モノを作るときの大事な心得ですね。

051002_2_blog.jpg

昨日今日と帽子の展示会でもありました、
アトリエの階段も帽子でおめかししています。
それにしても電線の美しくないことといったら!

投稿者 あずさ*cheera* : 2005年10月02日 01:24

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)