« ドイツの田舎町を自転車で | メイン | 牛小屋のアトリエ »

2005年07月28日

粘土の壁

050728_1_blog.jpg

Thomasのインスタレーションは
彼は粘土に藁を練り込んで壁を作るというもの。
興味のある人はThomasのテントに出掛けていき
好きなように粘土を塗って帰ってきます。

050728_2_blog.jpg

cheera手拭いを首に巻き、やる気満々の帽子屋。
麦わら帽子を4つに切って全部で12ピースを
壁に塗り込んできました。
写真を撮ってくれたのはフロリダから来たRobert、
写真家だけど教会の牧師さんでもあります。
ガラス作家Joyの友達で土曜日まで滞在。

050728_3_blog.jpg 050728_4_blog.jpg

車で10分ほど、木彫作家のSilkeの仕事場へ。
左・寝転ぶパパThomas
中・チェーンソーでがんがん削っていたSilke
右・パパThomasの奥さんのFranziska(美人!)
制作途中の木の肌があまりに奇麗なので一枚パチリ。

050728_5_blog.jpg 050728_6_blog.jpg

左・車の中で私にカメラを向けるFranziska、
  彼女は今回の広報や、そのグラフィックデザインもしています。
  私の子供用の帽子を気に入ってくれて
  会期が終わったら譲ってね、とのリクエスト、もちろんですとも!
右・車中のRobert、帽子屋、
  パパThomasじゃないThomasの奥様のUteさん、
  今回の取りまとめの絵描きのUteは別、あーややこしい。

投稿者 あずさ*cheera* : 2005年07月28日 23:40

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)