« トラーベ川の村へ | メイン | トラーベ川でカヌー遊び »

2005年07月23日

村の教会でのコンサート

050723_1_blog.jpg

夕べは暗くてよくわからなかった私たちの集会所。
昔の小学校が廃校になってしばらく空家だったところを
たまたま通りがかったUte夫婦が気に入って
「こんないい家なのにどうして誰も使わないの?」と
購入して手を加え「芸術の家」に作ったとのこと。
実際にUte夫婦も住んでいて、入り口すぐの広間(夕べのパーティー会場はここ)
ご主人の仕事場やUteのアトリエ、書斎、
ベッドルームはもちろん、開かずの間もいくつか、とにかく広い!
そのご主人ののおかげで、我々ゲストも
ここでのネット作業が快適に出来ることになりました。
(ただし今のところプライベートの時間がほとんどないので
 このブログのアップも遅れがちですが…)
ホール、キッチン、トイレ、書斎、アトリエは解放してくれていて
皆、自由に出入りしています。
もちろん掃除や食器洗いなどは自主的に。

050723_2_blog.jpg

午前中はオリエンテーション…自己紹介や諸注意。
午後は7月7日に送った荷物に対面。
通りがかる皆が興味深げに覗き込む中の開梱作業、
鍋やザル(和菓子制作用)、織物や帽子やTシャツ、CDが脈絡なく出てくるので
かなり面白かったんではないでしょうか。
ところがガラスの作品ひとつが割れていて
私の帽子の箱が2つ激しく破損。
帽子が少々歪んでいたのはあとから直すことにしましょう。

050723_3_blog.jpg

裏庭?では造園家のAlexanderさんのインスタレーションが始まりました。
葦のような竹のようなものを会期中針金で自由に組んでいきます。
自由参加、なかなか面白いんだ、これが。

050723_4_blog.jpg

毎日スポンサーから届く暖かい夕食、旨い!
しかも量もたっぷりで食べきれないほど。
女性は本の装丁をするAnjaさんとご主人。

050723_5_blog.jpg

本日のメインイベントは村の教会でのTAFオープニング・コンサート。
会場は私たちはもちろん、村の人々で満員御礼。
本物のロウソクの炎が揺れる簡素で小さい教会の中、
室坂京子さんのピアノと遠藤芳晴さんの二胡や歌、そしてお話の
とても楽しいあっという間の2時間でした。
アンコールでは村の人に「シューベルトの子守唄」を歌うよう促し、
ピアノと二胡の伴奏に合わせて
その静かな歌声が教会の中に響き渡ったときの感動といったら!
(思わず涙が…)
その後ワインが振る舞われましたが
今日もさすがに眠く(しかも寒く)早々に退散、
本日から同じ宿舎の、フェルト作家のAnkeさんと
ペインティングなどの造形をするMatthiasさんとちょっと歓談して就寝。
ところで京子さんと芳晴さんは藤野在住、
先日の牧郷ラボももちろん知っていて(ご近所)、
陶人形作家の高橋安子さんもこれまた同じ村だとか、なんという偶然。

投稿者 あずさ*cheera* : 2005年07月23日 23:08

コメント

あぁ、いいなぁ、いいなぁ。。。
風景がとても素敵です。
写真からイイ空気が流れ込んできます。
帽子屋さんは、写真屋さんにもなれるのでは?
楽しいドイツ生活を堪能してきて下さい。
(もちろん、ドイツビールも。。。笑)

投稿者 koiawa : 2005年07月26日 10:23

koiawaさん
毎日寒いせいか、
ジョッキで生ビールにソーセージ!という
絵に描いたようなドイツをまだ堪能していません。
リューベックは赤ワインの荷揚げ港だそうで
ワイン率の方が高くなる可能性も?

投稿者 cheera : 2005年07月27日 19:22

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)