« 遊園地を見下ろしながら仕事中 | メイン | トラーベ川の村へ »

2005年07月21日

高橋安子さんの陶人形

050721_blog.jpg

陶人形作家・高橋安子さんの陶人形2点…高橋さんは先日遊びにいった藤野在住の作家で、ご主人は造形作家の高橋政行さん←中央自動車道からも見える「緑のラブレター」という山肌にある巨大なラブレターのオブジェの制作者。手前は「星の王子さま」と勝手に名付けた身長7センチの小さな陶人形(しかし実はサン=テグジュペリの「星の王子さま」はちゃんと読んだことがない…この命名はあくまで人形のイメージ)。ずいぶん前にクラフトギャラリーで迷いに迷って購入したもの、べらぼうに高価というワケでもなかったのですが作品を買うという行為は少々の勇気がいるものです。でもその経験は自分の制作にとって大事なものですね、人さまに作品を買っていただくときに何が大事なのかが良くわかります。後ろのキノコに座って酒を飲んでいるバッカスは昨日我が家にやってきました…お世話になっている方から頂いたもの。高橋さんの陶人形はとにかく表情が良い!ちょっとトボケたアルカイックスマイルというのが私が持つ印象、神秘的でもあります。ここに酒の神様が来るのも何かのご縁。明日からドイツ、ビールを楽しめ〜!ですか。

投稿者 あずさ*cheera* : 2005年07月21日 03:22

コメント

いよいよ、明日からですか。
お土産話楽しみです。
ドイツに着く前に、機内での呑み過ぎに注意です。
私も、去年イタリアに行った時に、
ワインをそこそこ頂きました。
空の上で呑むのも、こりゃまた美味いです。

それにしても、かわいらしいお人形さん達ですね。
陶器のざっくりとした感じと、
お人形の細やかな表情が、なんとも言えずグーですね。

投稿者 koiawa : 2005年07月22日 10:37

koiawaさん
遅ればせながらのこんにちは。
ようやくたどり着きましたが数日は予定がいっぱいで
東京にいるときとほとんど変わらない睡眠の短さ。
ドイツのビールもまだコップ1杯分しか味わってません。

ところで作家は「人の作品を買う」ということも経験すべきかもしれません。
自分が作品を買うときの経験が、
逆に人様に作品を買って頂くときの役に立つのでは?
お財布を開かせることは、それほど簡単ではありませんからね。

投稿者 cheera : 2005年07月25日 22:28

人の作品、私もずいぶん持っています。
なかなか飾るところがね、、、。
どうしても玄関あたりに集中しがちです。
Cheeraさんはどんな飾り方してますか?

投稿者 gen : 2005年07月26日 02:12

genさん、どうもどうも。
人の作品買う前に、
飾る家を購入するというのは如何でしょうか?
いろいろ飾ってみてはいるものの全部は並べられませんから、
どうしても最後にはお気に入りが残るというようになりますね。
仕事場、あまり飾る場所がないので苦労しています。
どうぞ私が広い家を買えるように
私の作品もたくさんお買い上げ下さい。

投稿者 cheera : 2005年07月27日 19:29

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)